ヘッダー画像

プロフィール

ちょげ

Author:ちょげ

FC2カウンター

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

 
    
            

公魚 第23戦 朱鞠内湖遠征 1日目

2018/04/01
category - 2018 ワカサギ
コメント - 6
                         
前回の釣行から中10日、膝をじっくりと休めることができ、状態は万全。
満を持して、朱鞠内湖へ遠征して来ました。

【朱鞠内湖遠征 1日目 3/29(木)】

出発前夜にreiさんと連絡を取り、今季の朱鞠内湖の釣況、
ポイント等の情報を教えて頂きました。
reiさんは今季すでに回数券3枚分も釣行されてる朱鞠内湖マスターなので、
何を聞いても丁寧に教えてくれました。
当日はreiさんも釣行予定とのことなので、当日現地でお会いする約束をしました。

午前1時過ぎに出発、R275をひたすらに北上し、現着は5時頃。
程なくしてreiさんと相方さんが到着し、漁協の管理棟でしばし談笑。
今季の朱鞠内湖の釣況等の詳細を教えて頂きながら、この日のポイントを考える。

reiさんは基本マス狙いなので中之島北に入るとのこと。
私は考えに考えて富成岬に決定。

6時前に受付が始まり、車を駐車場の最奥へ停めて荷物を下ろしていた時、
『ちょげさんですか?』と声を掛けられました。
お久しぶりのほっかいさんでお互いにビックリ。
娘さんたちを連れてファミリーフィッシング、微笑ましいです。
一方の私は春休み中で暇を持て余している息子を、
釣りの邪魔になるからと置いてきぼりにしているダメな父親です(笑)

目指すは富成岬。

朱鞠内1日目-(12)
一番乗りで到着し、古穴をサーチ。
水深は14メートルと深く、あまりパッとしない感じ。
どこでやるか考えているうちに後続者も続々と到着。
reiさんから教えて頂いた看板付近の古穴に決め、横に魚探用の穴もあけた。
延長アダプターを付けたマイドリルで凶悪氷は貫通出来ましたよ。

朱鞠内1日目-(6)
スタートはこの時間、ちょっと時間が掛かり過ぎた。

朱鞠内1日目-(7)
1時間目で44匹と微妙。
いまいちタナが掴めない、魚探では10メートル以深に反応があるのだが・・・

テント内は30℃超えの真夏日(笑)
朱鞠内1日目-(8)
2時間目で120匹、タナがまだ掴めない。
表層でも中層でも底でも釣れるが喰いは良くない。

朱鞠内1日目-(9)
3時間目で184匹、氷直下の魚の喰いが良いみたいだ。
すぐ近くのコールマンさんはこの時点で4束を超えていたらしい。

少し休憩。
reiさんとLINEで情報交換。
帰ってきた返事には酷え画像が添付されていた。
『上から下まで真っ赤ですよ!』

マジか・・・

時刻はまだ11時前、移動するか?

富成岬から中之島北までは、一体どれくらいあるんだ?
丁度、漁協スタッフさんがモービルで巡回してきたので聞いてみると、
「T(rei)君の所へ行くの?」
「手前が弁天島でその向こうが中之島、モービルの跡を辿れば行けますよ」とのこと。


ヨシッ、移動するぞ!

朱鞠内1日目-(10)
16匹追加してキリ良く2束とし、

朱鞠内1日目-(11)
移動のため道具を片付ける。

朱鞠内1日目-(13)
さらば、富成岬。

朱鞠内1日目-(14)
モービルの跡を辿り中之島北を目指すが、遠いなぁ・・・

汗だくになりながら歩き続け、中之島北には12時頃到着、ハァ~疲れた。

reiさんがマス用の古穴に魚探を放り込むとホントに真っ赤っか(笑)
reiさんのテントのすぐ隣で釣ると決め、準備する。

汗だくだし、天気も良いし、風もない、それに残り時間も少ないので

朱鞠内1日目-(5)
テントを張らずに露天で勝負!

朱鞠内1日目-(15)
リスタートはこの時間。

朱鞠内1日目-(17)
ハハハ、凄ぇわ(笑)

朱鞠内1日目-(16)
1時間で172匹!

朱鞠内1日目-(1)
2時間で300匹、まだまだ時間はあるがコレで止める。

朱鞠内1日目-(2)
富成岬で2束、中之島北で3束、計5束で終了。

残り時間はこのマス用の凸凹の古穴を、ワカサギ用に整地することにした。
時間のある限り、丁寧に均して整地し、魚探用に新たな穴を1つ開けておいた。

『明日はこの穴で魔界を狙ってやる!』

朱鞠内1日目-(3)
そう決意し、モービルの迎えを待つreiさんに御挨拶して
私は重いソリを曳き、先に中之島北を後にした。


朱鞠内1日目-(4)
2日目に続く。



にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ ワカサギ釣りへ





                                 
                                      
            

武井さんが帰って来た。

2018/03/21
category - ワカサギ釣り道具
コメント - 5
                         
入院していた武井さんが帰って来た。
次週予定の最終戦には間に合った。
まあ、来週は気温高めの予報だから使うかどうか分からないが。

20180321junbi (1)
溶接修理とパッキン等全体点検で¥2,000は良心的だわ。



凶悪氷対策にPROXのアイスドリル延長アダプターを購入。
シーズンオフに近いこの時期、ネット通販ではどこも品切れ。
札幌市内の釣具店も同様で、数軒電話して5軒目でようやく1本見つけることが出来た。

20180321junbi (3)
ドリルアダプター + 延長アダプター + ロングフィンアイスドリル = 175cm

20180321junbi (2)
凶悪氷をコイツで貫通出来るか、否か!



にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ ワカサギ釣りへ




                                 
                                      
            

公魚 第22戦 真勲別 割りとガチで臨んだんだけど。

2018/03/19
category - 2018 ワカサギ
コメント - 8
                         
3/18(日)
当初はJダムへと考えていたのだが、
この日までの10日間で4.5戦もこなしてきたものだから
膝への疲労の蓄積が顕著となり、このところ膝痛が止まない。

あまり無理をし続けると〆の釣行を断念せざるを得ない事態になり兼ねないので、
この週末は近場で且つアプローチの楽な真勲別で釣ることにした。

今季というか、近年の真勲別釣行は、
”ちょっと時間があったから行ってみた” だとか、
”2時間だけ遊んでみた” 的なお気軽モードになっていた。

20180318-(1).jpg
これじゃあイカン!とばかりに、
今回はガチで釣ってやるぞ! と割りとマジで意気込んでいた。

6時に家を出て現着は6時15分。
真勲別のいつもの沖目のポイントへ入り、テントを設営した。


20180318-(2).jpg
スタートは7時09分

20180318-(3).jpg
狐2号に自作カーボン穂先、インパクトで二刀流。










いやいやいや、なんだ、ウグイばっかりじゃないか。


開始早々に尺ウグイを掛けて二刀の仕掛けがグチャグチャロスト。
仕掛けを組み直しても、さらにウグイの猛攻!
1時間と経たずに仕掛けを4つもロスト。


この時点でもうどうでも良くなっちゃった(笑)

20180318-(4).jpg
1束に達するまでに3時間も要してしまった。
”真勲別で魔界に行ってやる!” と割りとマジで考えてたのだが、流石にムリだ(笑)

20180318-(5).jpg
この日は朝からポカポカ陽気。

もちろんストーブなどは焚いてないし、テントの扉、窓は常に全開。

20180318-(6).jpg
時々キツネが餌をねだりに来る。(もちろん何もあげませんよ)

20180318-(7).jpg
完全に釣る気が失せてたので、キリの良い数字まで持って行き、終了。

20180318-(8).jpg
マジメにやればそれなりの釣果は得られるだろうが、
如何せん、ウグイのヒット率が高過ぎる。

そろそろ真勲別も氷が緩み始める時期なので、次の週末はもう厳しいんじゃないかな。




数多の釣りブログはサクラやホッケ、ロックフィッシュにカレイなど、
対象魚種の移行の時期になりましたが、
ワカサギ基地外の私らは、まだまだ足掻き続けますよ。

今週は膝をじっくりと休ませます。
春分の日も、次の週末も、家で大人しくしてるつもりです。

で、来週は〆の遠征に出向こうと考えております。


にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ ワカサギ釣りへ

                                 
                                      
            

公魚 第21戦 道央某湖 リベンジ

2018/03/14
category - 2018 ワカサギ
コメント - 10
                         
遠景
3/14(水)、日曜の午前に訪れた道央某湖へ再び行って来ました。

前回は周りでは釣れている状況にありながら、
自分だけ貧果に終わり、悔しい思いをしていた。

『来季に必ずリベンジしてやるぞ!』と決意していたのだが、

・・・いや、やるなら今だろ、

” 爆!” な時にやらないとダメだ。

ということでリベンジです。


現着は9時前。
ガチ氷の上に水が乗ってツルツルになり、なまら歩きづらい。

特にサーチはぜず、前回 ” 爆ってた ” 辺りにテントを設営した。
水深は1.7mと浅い。

釣り座み
今回はガチで行くので、インパクトにレッドデビルの二刀流。
仕掛けは全長1.0m、狐0.3号8本針、本錘2g、捨て錘5g。

10時
10時スタート!(遅っ)
朝早くから釣られている地元の釣り人さんの方に魚が寄っているようで、
なかなか私のテントの下には集まってくれない。

11時
1時間目で60匹、徐々に魚が集まって来た気はする。

12時
2時間目で172匹、時速100を超えた。

13時
3時間目で288匹、時速100以上をキープ。
昼飯のおにぎりを食べながら釣り続ける。

14時
4時間目で371匹。
直後、穴下角に針が引っ掛かったため、ワカサギアンテナで仕掛けの回収を試みた時、
うっかり手を滑らせ、アンテナを奉納!

ネオジム0
ネオジム磁石でアンテナ回収作戦を試みるも・・・回収できず (T△T)

15時
5時間目で510匹、地元の釣り人達がみな撤収し、氷上には私独り。
私のテントの下にワカサギが集まってきているようで、入れ喰いになる。

16時
6時間目で641匹、7束まで頑張る。

16時20分
16時20分、7束で終了。

釣果01
時間は掛ったけど、何とかリベンジは出来たかな。

釣果02
でも、朝、もっと早くから始めていたら、魔界に行けてたかも・・・。


撤収
う~ん、ちょっと勿体なかったなぁ。


今季は某沼に始まり、O沼、某川、今回の某湖と、場所を伏せてますが、
これらの釣り場は何れも駐車スペースが少ないことや、
地元の父さん方が細々と楽しまれている釣り場であったりするので、
余所者(私)がお邪魔して釣らせて頂いているという思いがあり、
私が釣行したことによって、昨今のJダムのような状況には絶対になって欲しくない
という気持ちが強いので、場所を伏せさせて頂いてます。
ですので、
『この釣り場はどこですか?』
といった質問には、基本、お応え致しません、あしからず。


にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ ワカサギ釣りへ




                                 
                                      
            

公魚 第19戦 真勲別 / 第20戦 道央某湖 / 第20.5戦 月形皆楽公園

2018/03/12
category - 2018 ワカサギ
コメント - 9
                         
週末のワカサギ釣行をダイジェストで。

【第19戦】
3/10(土)、午前の用事を済ませ、午後はヒマ。
ゴロゴロして過ごすのは何か勿体ない気がしたので、
道具をパパパっと車に積み込んで近場の真勲別へ行って来ました。

20180310makun (1)
真勲別はまだまだ氷はしっかりしてますね。

20180310makun (2)
スタートは14時42分。
仕掛けは一昨年作った余り物の狐2号。
ここのはデカサギばかりなので2号でも小さいくらいなんだけど、
古い仕掛けを使い切りたかったのでコレを使用。

20180310makun (3)
ほらね、やっぱりデカい。

20180310makun (4)
1時間で39匹。

20180310makun (5)
2時間で72匹、

20180310makun (7)
コレにて終了。

20180310makun (6)
道北某川に負けず劣らずの立派な魚体です。

20180310makun (8)
さあ、日が暮れる前に片付けちゃわないと。




3/11(日)は気になっていた近場のワカサギ釣り場を放浪。
各釣り場で1時間程度の試し釣りが出来ればと考えていたのですが・・・

【第20戦】
3/11(日)午前は前々からず~っと気になっていた道央某湖へ初めて行って来ました。

20180311mk (1)
現着は8時頃、既にテントが3~4張り。

正直、(たくさん)釣れる釣り場ではないと思ってたので、
かなり緩々な気持ちで臨んだのだが、地元の方が云うには
3月になってやっと”爆!”になったとの事。
前日には5~7束も釣った人が居たとか。

試し釣り程度と考えてたのだが、その話を聞いてやる気モードにスイッチが入った。

広い釣り場ではないので、サーチ箇所は3~4個程度。
水深は浅い、最大でも2m位かな。

どれも似たり寄ったりだったので、深く考えずにテントを設営。
この日は風がほとんど無かったので、テントの四隅にだけペグダウン。
しかも快晴、ストーブを焚く必要もなく、テントの中は上着を脱いでも暑いくらいだった。

20180311mk (2)
9時17分スタート、魚探はフラット。

う~ん、釣れない。
魚がまるで寄って来ない。

周りのテントからは 『もう1束超えた!』、『入れ喰いだ!』 等と聞こえたが、
私の方はサッパリだった。

マズイ、場所を外したっぽい・・・

先ずは魚を寄せなければ。
魚を寄せる手段として最近試しているのが、半切りブドウ虫の全針掛け。
兎に角、コレで魚を強引に引き寄せる。

一旦寄れば大丈夫。
エサをサシに戻して手返し良く釣れば、寄った魚はそう簡単には離れない。

20180311mk (3)
2時間でやっと1束。
私よりずっと後に入釣した地元の凄腕さん達は、この時点で既に2束を越えていたみたい。

20180311mk (5)
その後、あまり釣果を伸ばすことが出来ず、1.5束で終了。

20180311mk (4)
・・・リベンジしたい

が、この釣り場もそろそろクローズになるっぽい感じ。
リベンジは来季に持ち越しだな。

ササッと片付け、移動。



2箇所目は北村のヘラブナ公園。
ココでもワカサギ釣りが出来るという情報は得ていたが、

anaKIMG5747.jpg
現地に着いてみれば、氷上には誰も居ない。
木の刺さった古穴は数カ所あるが・・・ココは試さなくても良いかな。
ヘラブナ公園前のコンビニで昼飯を喰い、移動。

3箇所目は雁里沼。
ココは過去に何度も釣りに来てる場所だ。
車を停め、氷上を見やると・・・

20180311kairaku (1)
アレ?なんか見たことがあるテントが。

こんにちは、釣れてますかぁ?と声を掛けてみると
やっぱり!シャンクさんでした(笑)
奥様と一緒の釣行、羨ましいですね。
私はこの先もずっと、一生、妻と釣りに行くことなんてないんだろうな(笑)

まだまだ移動しますよ。


【第20.5戦】
4箇所目は月形皆楽公園。

20180311kairaku (2)
噂では聞いてましたが、今季は業者さんのビニルハウスがあるんですね。
時刻は既に15時を廻っていたのでお客さんはもう誰も居ませんね。
管理小屋に管理人さん?がお一人と、対岸付近にテントが一張りだけありました。

う~ん、どうする?今からやる?

しばらく悩んで、

まあ、折角来たんだから試してみるか。

ビニルハウス群までは道が整備されているので歩き易かったです。
でも、見える範囲に氷が融けて水面が顔を出している所が数カ所広く見えましたね。
この釣り場もそろそろ終わりなんだろうな。

20180311kairaku-(6).jpg
新たな穴は開けず、管理小屋横にずらりと並んだ外釣り用穴を拝借。
短時間なら大丈夫だろうと、今季初の露天で勝負。
魚探を入れたらそれなりに反応はある、これなら釣れるんじゃないの?




釣れません。

20180311kairaku (4)
いや、釣れることは釣れるんですよ、モツゴやタモロコは(笑)

そのうち対岸付近で釣ってらっしゃった地元の釣り人さん達が
撤収道中にお声を掛けてくれました。
2人で午後から始めて25匹だったそうで。
いつ頃が一番良い時期か聞いとくんだったな・・・。

そのうち日も傾きかけてきて、一気に寒くなってきた。
穴も凍り始め、PEラインもガイドも凍り始めたので強制終了。

20180311kairaku (5)
ツ抜け出来ず、約40分で5匹でした。
ワカサギはいることはいるが、
外道が多過ぎ!モツゴとタモロコを20数匹は釣っているハズ。

見たい場所はあと2箇所程あったんですが、日没で終了です。

見て来た釣り場は全て市内から1時間圏内にあります。
大河、石狩川の名残の三日月湖群には、
まだまだ知られていないワカサギ釣り場がきっとあるハズ。

穴場的なワカサギ釣り場をこれから先も探し続けていこうと思っています。


にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ ワカサギ釣りへ