某湖へ行って来た!

3/17(日) 某湖へ行って来ました。
シーズン終盤のこの時期になって、
やっと札幌広域公魚連合会の集会に参加することが出来ました(笑)
ぼんちゃん、ひとみさん、mitsuさん、むごちょさん、
なかじさんと息子さん、naoさん、sinさんとお嬢さん、そして私です。

今回の釣り場も第一展望台の緩坂ポイントの橋脚回りです。
橋脚のフーチングとトンネル側崖下カケアガリに挟まれた狭い範囲に
必ずやワカサギが密集しているハズ!・・・なんです。

その狭い範囲内に三つほど穴を開けて魚探を放り込みます。
水深は何れも3メートル以浅。
その中でも一番反応が良かった橋脚際付近に決め、釣り座を構えました。

ゆっくりと、しっかりと準備して、スタートは9時前頃になっちゃいました。

タナははベタ底付近と底から1メートル浮いた辺りでポツポツと釣れます。
開始から約2時間でようやく80匹くらい、低調です。

餌替えで仕掛けを巻き上げたまま竿を放置していたところ・・・アレ?アタリがあるぞ?
竿を上げてみると釣れている、しかもダブル(笑)
ひょっとして表層、氷の真下に居るんじゃねぇの?
と、少しラインを引き出して表層を探って見ると・・・わっ、入れ喰いだ!

ヨシッ!表層を攻めて数を延ばすぞ!



竿をC-styleから手羽ゴルゴロッドに変更、久しぶりの手繰釣りです。

入れ喰いは入れ喰いなんですが、なかなか継続しません。
群れがなかなか留まってくれないんです。
30匹くらいパッパッパっと釣れたと思ったら、しばらくの沈黙。
そしてまたパッパッパっと釣れる、沈黙・・・その繰り返し。

それでもお昼迄に160匹まで釣果を延ばせました。

そ・し・て・・・待望のぼんちゃん特製 爆釣うどんです!



もう、コレが食べたくて食べたくて食べたくて食べたくて・・・(笑)
餅入り、熱々の爆釣うどん、本当に美味かったぁ~♪ 
本当に美味しかったです!御馳走様でした!!

さぁて、爆釣うどんを食べたからには爆釣しなければなりませんね。
午後からも手羽竿で釣果を延ばしに掛かります。

が・・・良かったのは13時頃迄で、その後はサッパリ釣れなくなりました。
表層が全く釣れなくなり、手羽からC-Styleに戻してベタ底から拾って釣ります。

14時、ウンともスンともいわなくなりました。もうダメだな。



14時半、213匹で納竿しました。(自宅検量では250匹ありました)

さぁて、後片付けです。



テントを出て連合会の面々のテントを写真に収めようと数歩後ろに後退りした時、

!!!



一瞬の出来事でした!

胸まで水に浸かりました。
水深は約3メートルです、当然足は届きません。
直径70センチくらいで陥没し、落水しました。
これから出現する、まだ出来かけのホールだったものと思われます。

写真を見て頂ければ分かると思いますが、
陥没した場所の氷と積雪の厚さは10センチ程度ありました。
早朝のシバレた時間帯なら人が十分歩ける厚さがです。
実際、テント設営時には歩いた場所ですから・・・。
日中の気温の上昇とともに氷が緩んだものと思われます。

幸い、今回は防寒着をたくさん着込んでいたお陰で浮力があったこと、
周りに仲間が沢山居て引き上げて頂けたこと(皆さん本当にありがとうございました)もあり、
パニックに陥る様な事はもなく比較的冷静(?)に対処出来ましたが、
コレが単独釣行で、しかも荷物を背負った状態だったらと思うと ゾッとします。



決して大袈裟ではありません!

経験者が言うんだから間違いありません(笑)
こういう釣り場に通い慣れた人間でさえも、全く気付かずにこういうことが起きるのです。

下の写真は昨日午後のモノです。



一目瞭然だと思いますが、ホールが無数にあります。
見えているモノだけでコレだけあるんです。
表面が凍って雪が積もっただけで見えない場所もあれば、
全く姿を現していない、これからホールになるべく控えている
今回の様なホール予備軍も無数にある
と考えて間違いないと思います。

これからは春に向かって気温の高くなる日も続きます。
危険性は更に高まるものと思われますので、釣行の際は十分注意なさって下さい。

今季の緩坂ポイントへの釣行はコレで最後とします。





スポンサーサイト

Comments 22

マコ  

ゾッとしました。この時期は単独では不能ですね。無事で何よりです!!

2013/03/18 (Mon) 13:06 | EDIT | REPLY |   

nao  

昨日は大切なC-styleの試し釣りをさせて頂き、ありがとうございました。おかげで、ワカサギにも引き味があるのを、初めて知った気分です(笑)きっと本体と穂先のバランスが絶妙なんでしょうね。外部電源だったら、もっとすごいのかな?穴の件は、よくぞ記事にしてくれました!やはりちょげさんの記事は説得力があります!

2013/03/18 (Mon) 13:08 | EDIT | REPLY |   

sin  

お疲れ様でしたちょげさんの「沈」の瞬間を全て見ていた私の方がパニック寸前でした(汗)一瞬何が起きたかわからず、気がつくとちょげさんの腕を…大事に至らなくて、本当に良かったです!でも、久々にお会いできて、楽しい時間を過ごせましたw

2013/03/18 (Mon) 15:01 | EDIT | REPLY |   

カナタ  

危険ですね!ブログ読んで寒気がしました 単独釣行は気を付けなければなりませんね、かなやま湖でも中毒で二人お亡くなりになりました 

2013/03/18 (Mon) 16:54 | EDIT | REPLY |   

towa  

無事に帰られなによりですワカサギ釣りは危険が伴うんだなと実感しました恐ろしいです・・・><釣りの内容は楽しそうな感じですねーw

2013/03/18 (Mon) 17:19 | EDIT | REPLY |   

mitsu  

昨日はお疲れ様でした!最後のアレは驚きました(@_@)マジか~~!との声に振り向くとスローモーションのように嵌って行く姿!!私は固まってしまいましたがsinさん、naoさんの速攻での救出活動は流石でしたあの場所は私も朝は歩いたと思いますちょげさんが記事にしたのは正解ですね?このポイントは終了って事が確実に伝わったと思います(^^;)

2013/03/18 (Mon) 18:28 | EDIT | REPLY |   

鯉ワカ  

お疲れ様でした♪そして・・・ご無事で本当に良かったです。やはりこの時期の氷上は一歩間違えると・・・僕も十分に気をつけて・・・懲りずにあと何度か釣行したいと思います(^-^)

2013/03/18 (Mon) 18:46 | EDIT | REPLY |   

a.su.ca.  

お疲れ様でした。記事読みましてビックリです。無事で何よりです!!前日、私もソコいたかと思うと・・・自然は何を起こしてくれるか本当に解りませんね!!気を付けていても災難との隣り合わせですね。かなやま湖でも七輪での事故が有りましたし、、、お互い気を付けて楽しく今季は終わりたいものですね

2013/03/18 (Mon) 19:24 | EDIT | REPLY |   

waka  

ちょげさんもとうとう・・・(悲)本当に単独釣行でなくて良かったです。単独釣行魔神でもあるちょげさんが仲間がまわりに沢山いた時に落ちたのはラッキーだったと言っていいでしょう。明日は我が身と思って皆も充分気をつけて欲しいです。

2013/03/18 (Mon) 20:43 | EDIT | REPLY |   

ぼんちゃん  

昨日はお疲れ様です!あそ湖の最後に、皆さん集まれたのは本当に良かったです!渋い釣りでしたが、楽しい釣りに成りました。最後のハプニングは意外でしたが、怪我が無くて幸いですでした!仲間は有難いですね。ひとみちゃんも災難は合ったんですがね(笑)今年もお世話になりました(^_^)今度はキャンプでお会いする様な気がします(笑)

2013/03/18 (Mon) 21:31 | EDIT | REPLY |   

とんぎょ  

お久しぶりです~!湖からの嬉しくないサプライズには見てるこっちも肝が冷えますね~。(汗)無事で何よりです。今年はとうとうワカサギに行けなかったんですよ~(泣)残念です~。

2013/03/18 (Mon) 21:54 | EDIT | REPLY |   

気弱なゴルゴ  

こんばんは。周りに仲間がいて本当に良かった。ここはもう行かない方がいいですね、と言うより、行っちゃダメですね。

2013/03/18 (Mon) 22:13 | EDIT | REPLY |   

rocky  

何はともあれ、無事で何よりです。自分も数年前、教育大裏でちょげさんと全く同じ状況で穴に嵌りました、というより落下しました。写真を撮っていて、もう少し引いて撮ろうと思い数歩後ろに下がった直後の出来事でした。防寒着の浮力ですぐに自力で脱出出来ましたが結構ビビりました。土曜に自分も行きましたが穴が怖くて急峻ポイントにしました。安全第一!ですね。

2013/03/18 (Mon) 23:11 | EDIT | REPLY |   

ほぉすけ  

取り敢えず大事がなかった様で何よりでした(汗)が、やはりホールが出来た時点で、周辺は諦めたほうが良さそうですね。また来季ですね(^-^)

2013/03/18 (Mon) 23:17 | EDIT | REPLY |   

miya  

ちょげさん!びっくりしましたよ。本当にご無事で何よりです。私なんぞ、さっぽろ湖を知り尽くしているどころか、まだ2回です。ちょげさんとお会いした時がその2回目です。あの時の私のテントからもホールが見えていましたし、私の釣り穴からも気泡がボコボコ湧いていましたよ。こういった場所での経験や知識が浅い私がもし同じシチュエーションになったら、間違いなくパニックです。これからも色々勉強させてもらいます。よろしくおねがいします。

2013/03/18 (Mon) 23:53 | EDIT | REPLY |   

ゆうパパです.  

怖(((+_+)))単独だったら・・・無事で何よりです!連合会の皆様の勇気に脱帽ですΣ(゚ロ゚」)」おぉ無理はなさらずに・・・〆は朱ですか?

2013/03/19 (Tue) 00:22 | EDIT | REPLY |   

なかじ  

お疲れ様でした。私が帰った後に、エライことになっていたんですね!御無事でなによりです。来季はホールが出来たら行かない方が無難ですね!

2013/03/19 (Tue) 02:17 | EDIT | REPLY |   

翔  

ちょげさん、無事でよかった。単独で荷物背負っていたら・・・・私のような「ガリガリ君」なら浮かんでこないです。ここはホールが出現しだしたら駄目な場所ですね。風邪ひかないように。

2013/03/19 (Tue) 08:20 | EDIT | REPLY |   

ちょげ  

>むごちょさんお疲れ様でした決定的瞬間に立ち会えなくて残念でしたね(笑)自分でも不思議に思うのですが落水した時は意外と冷静でした。『どうやって這い上がろうかな?』と考える余裕があったり(笑)>こいたろうさんどうもです。無事です、大丈夫です、風邪もひいてません。一番危険な時期というより、危険な場所に足を踏み入れているにもかかわらず油断してしまったことが最大の原因だ!と少し反省しています。今回はたまたま連合の仲間が居てくれたので事なきを得ましたが、もし単独で荷物を背負った状態だったとしたら絶望的な状況だったのかもしれません。>マコさんウェーディングスタッフや杖等で氷上を突っ突いた程度の判断ではダメだということが分かりました。この時期の単独釣行は避けた方が無難かもしれません。といっても、休みが合う人が居ないとどうしても単独になっちゃうんだよなぁ・・・友達少ないし(笑)>naoさんC-styleの穂先のバランスは絶妙だと私も思います。(結構値が張るのでそうでなくては困るんですが)カナタさんに触らせて頂いた外部電源仕様は更に軽いですよ、電動から手羽に持ち替えたのかと思うくらいでしたから。穴の件、”経験者は語る”じゃないですが『もうこの時期の釣行は止めよう』と思ってくれる人が少しでもいればいいかな。〆の朱鞠内湖、頑張って来て下さい!>sinさん引き上げて頂き本当にありがとうございました。命の恩人です!借りが一つ出来ちゃいましたね(笑)今回は”事件”で済みましたが、春に向かって暖かい日が続くと”事故”になり兼ねない状況にあることは間違いありません。私のブログの記事を見て、踏み止まってくれれば幸いかと思います。>カナタさん管理されていない釣り場では何が起こっても自己責任と言いますが、自己だけの責任で済むことは全くないですよね。残された家族やその他大勢の人々に迷惑が及ぶことは明白です。自然が相手ですからね、人間なんてちっぽけな存在です。舐めてかかったらイケません。>mitsuさんお疲れ様でした注意喚起を促している側の人間がまさか落水しようとは(笑)笑い事ではないですね。この記事をより多くの釣り人に見て頂ける事を願いますが、それでも明日は祝日です。危険を知りながらも足を運ぶ人、危険を知らずに足を運ぶ人がいるんだろうな・・・。事故が起きないことを願うばかりです。朱鞠内釣行頑張って来て下さい!>鯉ワカさん今回はたまたま仲間が傍に居たことで難を逃れることが出来ました。単独釣行は控えるべきだとは思いますが休みが合わない等、なかあなかそう上手くはいきませんよね。単独が悪いのではなく、悪い時期に危ない場所に行くのがダメなんです。今後は十分に気をつけて釣行に臨むつもりです。>a.su.caさんa.su.caさんも遠征お疲れ様でした!危険な状態、危険な場所だと頭の中では分かっていてもこういう事が起きてしまうんです。決して自然を舐めているわけではないのですが、今後は細心の注意を払ってアウトドアライフを楽しんで行こうと思います。かなやま湖の事故、痛ましいですね。『ワカサギ釣り=危険』などと思われぬ様、注意喚起するなど努めて行きたいですね。

2013/03/19 (Tue) 17:06 | EDIT | REPLY |   

ちょげ  

>wakaさん言っても聞かない連中がいる以上、もう実演するしかない!ということで落ちてみました(大ウソ)単独釣行魔神って・・・一匹狼って呼んで下さいよ(笑)友達は少ないですが、ブログ仲間には恵まれているなぁと実感しています。>ぼんちゃんお疲れ様でした!そして熱々の爆釣うどん、御馳走様でした!最後にあってはならないハプニングを起こしてしまいましたが、皆さんのおかげで難を逃れることが出来ました。仲間ってイイですね、大切にして行きたいと思います。〆の朱鞠内湖遠征、頑張って来て下さい!!>とんぎょさんあってはいけないサプライズ(笑)でしたがこのブログを見て釣行を止めようと思ってくれる人が少しでも居れば、体を張った甲斐があります(笑)札幌の除雪のために貴重なシーズンを犠牲にされたのですから、今年はきっと良いことが沢山あると思いますよ。沢山良いことがあるよう祈ってます(笑)>気弱なゴルゴさん仲間の存在の大切さが身に染みて分かりました。単独では決して回避できない危険も仲間がいれば逃れることが出来るということ。今回の釣行でこのポイントは最後にします。ワカサギシーズンが終われば、今度は山菜シーズンですね。来季は単独入山をなるべく控えようと思いますので、是非御一緒させて下さい。宜しくお願いします!>rockyさん無事です、連合の皆さんのおかげです。防寒着の浮力も捨てたもんではありませんね。落水直後は両腕を広げてTの字の形で氷に掴まっていましたが、服の浮力で体が浮いているのが分かりました。今回の様に落水しても防寒服などの浮力である程度は浮いていられる事が判明したので万が一、同様に落水したとしても決して焦らず、氷に掴まって周りに助けを求めるなど冷静に判断できればと思います。>ほぉすけさんホールが顔を出しているということは顔を出していないホール予備軍も無数に存在するということこれが分かっただけでも今回の事件は価値があるモノになったと思います。危険だと思ったら踏み止まるべきなんです!今季のこのポイントは終了ですね。次回は絶壁に行きます。>miyaさん2回目でしたか、スミマセン経験や知識があるつもりの人間であってもこういう事件が起きるんです。慢心はいけませんね。自然を相手に人間が出来る事の小ささといったら・・・ですね。>ゆうパパさん単独で荷物を背負った状態であったなら・・・と今になってゆっくり考えてみてもどうすれば良いかが全く分かりません。荷物を捨てるにしても、背負ったザックの胸と腰の位置にあるバックルを外すためには、氷から手を離さなければならない事、這い上がるべき氷もまた割れる恐れがある事、氷上には掴めるモノが一切無い事など・・・仲間の大切さを思い知らされました。〆は札幌湖の絶壁と考えていますが真勲別になる可能性も・・・〆切が3月末日の仕事が残っているので遠征はちょっと厳しいです。>なかじさんエライことを起こしてしまいました。『ホールが出来たら危険!』ということが浸透してくれればイイですね。事件はイイ(?)ですが事故は絶対にダメです!>翔さん私の場合は防寒服プラス『ブヨブヨの贅肉君』があるので沈まないのかもしれませんね(笑)『ホール出現=危険、入釣禁止』が浸透する事を願うばかりです。

2013/03/19 (Tue) 18:05 | EDIT | REPLY |   

よるくま  

はじめまして。今年からワカサギを始めたばかりです。記事を読んでゾッとしました。そして、ご無事でなによりでした。怖いものですね、写真を見て伝わりました。私も来年は注意して行こうと思います。

2013/03/20 (Wed) 12:40 | EDIT | REPLY |   

ちょげ  

よるくまさん はじめましてワカサギ釣りを始めて6~7年になりますがこういう落水は初めてでした。単独だったら相当ヤバかった状況です。今回はホントに運が良かった。

2013/03/22 (Fri) 18:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply