ヘッダー画像

プロフィール

ちょげ

Author:ちょげ

FC2カウンター

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

 
    
            

ヒグマを撮ったど~~!! その2

2012/05/07
category - 野生動物
コメント - 1
                         
ヒグマ遭遇時の詳細を記載します。



時刻は午前7時27分、場所は古丹別の山奥。

前述したとおり、『ヒグマでも撮れないかなぁ・・・』なんて思いながら山道を走行し
行止まりの某ダムゲートにてUターン、
今さっき通って来たばかりの道を500メートル程戻った時のことでした。


茶色い塊が山の急斜面を駆け上がって行くのが目に入った。



一目見てヒグマだと分かった。



車を止めてドアを開き、身を乗り出してカメラを構えた。

クマとの距離は十分あったので怖さは感じなかったが、
クマに遭遇出来たことに興奮し、手は震えっ放しだった。(レンズは300mmです)



斜度は60°くらい、いやそれ以上ありそう。



行者ニンニク採りをされたことがある方なら分かるかと思いますが、
『コレは無理だわぁ・・・』と諦めるしかない程の絶壁です。
仮にアイゼンを付けていたとしても厳しいだろうな・・・というレベルの崖です。



時間にして1分間位だろうか、



切立った断崖絶壁をいとも簡単にヒョイヒョイッと登り切ってしまった。



強靭な4本脚と鋭利な爪を持つヒグマだからこそ登れるのだろう。



途中、何度もこちらを振り返りながら掛け上がり、



やがて藪の中に姿を消した。



あっと言う間の出来事だった。

ヒグマの姿は見えなくなったが、暫くはその場を離れられなかった。
ヒグマに遭遇出来たことへの喜びと興奮そして感動、しばらくその余韻に浸っていた。



続く
スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント

>mitsuさん野生のヒグマを見ることが夢でしたので夢が叶って大喜びです(笑)距離があったから安心ですがばったり遭遇だったら只事じゃないですね。トムラウシで丸腰は激ヤバですよ~(笑)>wakaさん普通の人間なら登れない様な斜面です。ヒョイヒョイと登って行く光景は圧巻でした。クマにばったりと遭ったら『逃げる』の選択肢は無いと考えた方が良いかもしれません。