Welcome to my blog

ちょげ

ちょげ

一昨日の日曜日も某湖へ行って来ました。


前回同様、寝坊対策として夜明け前からゲート前に並び、
その場で仮眠をとって開門を待ちました。

駐車場へ着き、いち早く氷上へ降り立とうと少し急ぎ足で絶壁を下って行きましたが、
絶壁の最下部は氷の一枚板状態になってました。
スノーシューのツメを氷の表面にガッチリ喰い込ませるようにして、
一歩一歩踏ん張って歩みを進めて、何とか氷上に降り立つことが出来ました。

次はポイント選びです。
この場所一帯は急なカケアガリになっているため、場所選びは重要です。
今回は場所選びに完全に失敗しました(笑)


8時に実釣開始
水深は23メートルで魚探に魚影は殆ど映りませんでした。
それでも前回釣行時の教訓、ベッタベタのベタ底にワカサギは居る!


と信じて釣り続けましたが、全然ダメでした。
開始から2時間の午前
10時で20匹(爆)

この日は午後に用事があったので納竿予定は13時と決めていました。
このままこの場所に居続けても釣果が上向く気配が感じられなかったので、
場所移動を決意、一旦道具を片付ける。

ソリッドステーク30を一本、湖底に奉納(笑)

テントを畳まず、持ち上げてそのまま移動。
テントに入り、足場をスコップで均して準備して・・・・・

コンっと何かを蹴っ飛ばした音、そしてチャポン。
コールマンのケトルがゆっくりと沈んでゆくのが見えました。
直径14.5センチのケトルが、直径15センチの氷の穴に沈んで行くんですからね(笑)

もうその時点でどうでも良くなってしまいました。


場所移動して13時迄粘りに粘って 25匹で納竿、時速5匹は新記録かな(笑)


道具を片付け、地獄の絶壁に挑みます。
行きも大変でしたが、帰りは更に大変でした。
氷の一枚板を登るワケですからね、それなりの覚悟が必要です。
スノーシューのツメを氷面に喰い込ませ、
四つん這いになって、割れた氷の隙間に手を掛けよじ登る。
片手にはテントを乗せたソリの紐を持ってますから、もう片方の手だけでよじ登るワケです。
大袈裟だろう(笑) と笑うかもしれませんが、ホントなんですよ。
万が一、滑り落ちたら大変です。
氷の割れ目に足を取られようものなら、ポキッといってしまうかもしれませんし、
氷の角に当たろうものならグサリと・・・


 
冗談抜きで本格的な冬山登山に用いる様なアイゼンが必要だと感じました。


【地獄の絶壁】などと少し面白おかしく書いているように見えますが、
実際にこの急勾配の斜面は極めて危険であると断言できます。
それなりの装備、それなりの覚悟なしに、安易に入釣するのは如何なものかと思います。
大の大人がこの様な有様ですから、
小さな子供がこの場所を踏破することは、困難はもとより危険を伴います。
私にも子供がおりますし、子供を連れて釣りに出かけることも多々ありますが、
この某湖釣行には絶対に釣れ出したくはありません。リスクが高すぎます。
自分のことで一杯一杯で、子供に目を向けることは出来ても、手助けすることはほぼ不可能です。


ついでに書きますが、お子様を楽しませるワカサギ釣りをしたいのであれば、
この湖でそれをするのは極めて難しいです。
一度でも釣行された方なら分かるかと思いますが、完全に玄人向けの釣り場です。
先ず第一に、水深が有り過ぎます。
道内のワカサギ釣り場において、
水深が20メートルを越える様な場所は、この湖以外には考えられないでしょう。
水深が深いということは、アタリが取りづらいということです。
20メートルの遥か先の湖底近くにいるワカサギがエサを突っついているんです。
この僅かなアタリを的確に捉える技術が必要とされるのです。
私は自分で言うのもなんですが、ワカサギ釣りについてはそれなりの釣果を上げられ、
それなりの技術を身に付けたつもりでいました。
しかし、そんな私でも今回の釣行の様に、5時間で僅か25匹しか釣れないんです。
20メートル以上の深場の釣りは本当に難しいのです。



第二に氷上へのアプローチの問題です。
上記したので割愛しますが、子供が安心して歩けるような場所では一切ありません。
滑落すれば、その最下部は氷です。硬さはコンクリートと変わりません。
子供の手を取り、ゆっくりと降りて行くことすら出来ない状況にあります。登りも同じです。

その他にも、トイレの問題もありますね。
私らの様に基地外レベルになると大であろうが小であろうが、
どこでも用を足すことが出来ます(笑)が、女性や子供らはそうはいきません。
この湖の周囲にはトイレがありません。車で十数分は走らないとトイレは無いはずです。 

子供を楽しませるための釣りをするならば、迷わず茨戸方面のワカサギ釣り場へ足を運ぶべきです。
茨戸方面の釣り場について分からないことが有れば何でも聞いて下さい。可能な限りお答えします。


 

長々と書きましたが、某湖へ行かれる際は十分に気を付けて御釣行下さい。 




にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ ワカサギ釣りへ

スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 10

There are no comments yet.
翔  

某湖釣行お疲れさまでした。(まぁ、バレバレなんで気を使うこともないかなとwww)昨季よりはさらに過酷な状況になっているようですね。場所選びは別にして、ちょげさんでその釣果なら私なんて、「大撃沈王」となりますよ。でも、今季はかなりデンジャラスなアプローチなんで、私のように体力のないオヤジはクレパスに滑落しそうなので、おとなしくしていたほうが無難ですねwww

2012/02/07 (Tue) 19:11 | EDIT | REPLY |   
なかじ  

同じ深さで釣果が違うんですね。ちょげさんでもこの釣果だから、ここの場所選びは難しいですね。しかし、同じ四つん這いスタイルで氷壁アタックだったとは・・・・私はただの防寒長靴なのでかなり大変でした。条件が悪かったら長靴では登りきれないかもしれませんね。

2012/02/08 (Wed) 04:29 | EDIT | REPLY |   
mitsu  

ちょげさん達の情報を分析し暫く某湖遠征は様子見になりそうです昨日、翔さんと話したのですがゲートから駐車場までのWRCは札幌ドームのレフトスタンドが自由席だった頃の、北3ゲートの様ですね(笑)

2012/02/08 (Wed) 07:02 | EDIT | REPLY |   
気弱なゴルゴ  

ご苦労様でした。本当にここは難しいですね。毎回、水位など状況が変わるのでポイントが定まらずここの攻略は何年かかってもできそうもありませんね。ここを何度か経験した者として、初めての方や家族連れにはちょげさんのように詳細に注意喚起してあげるようにしたほうがいいですね。私も心がけます。  ちょげさんのブログを見ている皆さん、決してオーバーな内容ではありませんよ。

2012/02/08 (Wed) 08:53 | EDIT | REPLY |   
nao  

お疲れさまでした。ケトルをやらかしたのはこういう事情だったのですね。私は『転ばぬ先』ではなく転んだ後ですが、軽アイゼンを買いました。軽アイゼンがダメなら本格的な10本爪をと、本気で考えてます。何より安全第一ですからね。

2012/02/08 (Wed) 10:13 | EDIT | REPLY |   
ちょげ  

>wakaさん急斜面がヤバいというより氷の一枚板がヤバいといった感じです。古風な釣り師(笑)ミッドナイトな時間帯にBIGカップカレーなんか食べちゃったら太っちゃいますよ。コレ以上太りたくないので遠慮しときます(笑)でも顔出しくらいはするかもしれません。>ぼんちゃんさんお疲れ様でした。現地で御挨拶できなくてちょっと残念。私も登る途中に四人の親子連れ(同じ親子かな?)とすれ違いましたが、家族四人で絶壁をお尻を付けて滑り降りていました。途中までは雪の斜面ですが、下は巨大な一枚氷なのでかなりヒヤッとしましたよ。子連れには向かない釣り場だと分かって欲しいなぁ・・・。>翔さん場所選びの失敗なのか単に集中力が無かっただけなのか(笑)アプローチについては昨季が3月スタートだったので、たまたまこういう状況には遭遇しなかっただけかもしれません。次回釣行は何時になるか分かりませんが広い湖ですからね、新規開拓してみたいと考えております。>なかじさんホントだ、水深が同じですね。原因は・・・ちょっと不明です。お話を伺った常連さんは私と同じ釣況から、私とは逆に深場(27m)へ移動して釣果が上向いたと言ってました。ワカサギは回遊魚なので場所選びはホントに難しいですね。氷壁アタックはスノーシューでも限界を感じました。スノーシューのツメを当てにするのもおかしな話ですが(笑)アイゼンは決して大袈裟な話ではないですよね。>mitsuさん私も某湖遠征は・・・いや、しばらくワカサギ釣りは様子見になりそうです。2月は仕事が詰まり過ぎてます(涙)某湖は駐車スペースが狭い分、皆必至です。札幌ドームでもWRCだったんですか(笑)札幌ドーム・・・未だファイターズ観戦経験がないんです。今季こそは是非行ってみたいと思います!>気弱なゴルゴさん難しさの要因は色々ありそうですね。茨戸のワカサギは天敵知らずですが、ここのワカサギは桜、虹、雨、茶、鬼といった鱒達に追い掛けられているみたいですから。次回釣行時は新規開拓したいですね。でも、どこへ行ってもやはり絶壁なんだろうな。>naoさん毎年毎年色んな物を奉納(笑)してますが、今回は一番キツかったです。ケトルもそこそこの値段がしますし、ソリステも・・・アイゼンはヤフオクで物色してます。10本爪は中古でも10k位は行っちゃうんですよ。何とかgetしたいなぁ。

2012/02/08 (Wed) 19:20 | EDIT | REPLY |   
むごちょ  

話を聞いてるだけで行かない気持ちになってきました(笑)

2012/02/09 (Thu) 17:41 | EDIT | REPLY |   
ちょげ  

>むごちょさんアプローチに問題があるだけなんです。魚体と味は道内最高レベルなので行く価値は十分にありますよ!

2012/02/12 (Sun) 23:42 | EDIT | REPLY |   
とんぎょ  

こんばんわ~!去年の糠平湖の5の沢とどっこいどっこいな深度ですね~!似たような境遇の釣り場が他にもあったんですね~!しかし、そのクリフハンガーばりの急勾配は危険極まりないですね!

2012/02/13 (Mon) 19:47 | EDIT | REPLY |   
ちょげ  

糠平もそんなに深いんですか。ホントに危険なんです。子連れ釣行はホントに遠慮して欲しいです。大の大人でさえ恐怖を感じるのですから。糠平湖!行きたいですが、やはりちょっと遠いなぁ・・・。

2012/02/14 (Tue) 17:20 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply