カワセミ 【KINGFISHER】

 
【KINGFISHER】 生振にて

【カワセミ=渓流・清流】のイメージが浮かぶと思います。

私は内地の人間だったので、本当にそう思ってました。

が、北海道に移り住んだその年に、豊平川の一条大橋で見たときは、感動と驚きで変な気分でした。

札幌のド真ん中を流れる豊平川、お世辞にも清流と呼ぶには・・・・・。

 

【警戒心の極めて高そうな鳥】というイメージも持っていました。

道北のとある川でイトウ釣りをしていた際、私が手に持ったロッドにカワセミが止まったことがありました。

逃げる気配も見せず、しばらく止まりっぱなし。

「これはスクープが撮れる!」と、カメラをポケットから取り出した瞬間に逃げていまいましたが。

 

【カワセミ=KINGFISHER】 “キングフィッシャー” 釣り好きの人間にとって、なんと響きのイイ言葉か!

私のボートの船名 『KINGFISHER-Ⅰ』 といいます。携帯のメアドにも『kingfisher』が含まれています。

仕事で使っている投網も 『キングフィッシャー投網』 だったりする。

 

↑の写真は生振で撮影しました。

レンズは18-200mm(VR無し)、手持ちで流し撮りです。ピントなんて合うはずもない。

トリミング前の元画像は↓

どこにカワセミがいるか分からないと思います。撮った私も分かりませんでしたから。

飛翔速度の速いこと速いこと。連射モードで追いかけて撮った数十枚の中に、たまたまこの一枚が写ってました。

 

これからもカワセミを撮り続けて行こうと考えているのですが、200mmだとちょっと厳しいですね。

400mm以上のレンズが欲しいところなんですが、とても買えそうにないなぁ・・・・。

 

 

 にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
左斜め上
クリックお願いします

 

スポンサーサイト
  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments 0

Leave a reply