我が家の行者ニンニク畑

GWは帰省せず、札幌で過ごしました。
ですので、
今年はあの行者ニンニクの楽園へは行ってません。

しかし先月27日に採ってきた分もまだ少し残っていますし、

何より我が家の家庭山菜園には良質茎太行者ニンニクがなんまらオガっておりますので
ワザワザ山に入る必要がありません。

我が家の行者ニンニク畑、年を追う毎にその量は増え続けております。
極太の大株はもちろんのこと、ひょろひょろっとした不定芽、新芽も至る所から顔を出しています。

畑の中は元より、こんな鳴き砂利の隙間からも(笑)

 

ちゃんと種から発芽してますね。

このまま放置では可哀想なので、
砂利を退かし丁寧に一本一本根を切らないように引っこ抜いて畑やプランター等へ移植。
特に手を掛けているワケではないんですが、自然に成長し、自然に増えてます。

既に我が家で消費出来うる量を十二分に賄っております。
現時点で菜園の面積の約半分までを占めてますが、
このままでは何れ全面積を覆い尽くしてしまうことでしょう。

プランター栽培で増やしてゆくか、菜園を増築するか・・・嬉しい悩みであります。嬉しい顔

スポンサーサイト

Comments 1

ちょげ  

>なかじさんおはようございます日当たりの悪い場所でもスクスク育つので増やすのは楽ですよね。自給自足は十分に可能ですが、やはり山に入っての”探す楽しみ”が止められません(笑)>mkさんお久しぶりです札幌近郊の山菜採りは ” 早い者勝ち ” ですから競争率が高くて大変ですよね。近郊で良質を求めるならば、山の奥へ奥へと分け入らなければ見つけられない気がします。ですが、私の知る楽園(道北ですが)は道路のすぐそばに有ったりします。羆の心配も無用です(笑)

2011/05/09 (Mon) 09:21 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply