Welcome to my blog

ちょげ

ちょげ



『自転車の練習をしたい! お姉ちゃんと同じように(補助輪無しの)自転車に乗りたい!』

5歳になったばかりの息子がこう言った。

日曜日の午後、近所の幼稚園駐車場で教習開始。教官は私と娘。

でも、どうやって教えれば良いんだろう?
娘の時は私ではなく妻が教官だった。
自分が初めて乗った時は・・・・・全然覚えてない。

どうすっかな?

とりあえず片輪だけ外して補助のない感覚に慣れさせれば良いのかな?
片側だけ外して走らせてみると、残った補助輪に頼った走りになってしまい
上手くバランスが取れない様だった。

ならば倒れないようにと私が腕で自転車を支えながら走らせてみたが
今度は私の支えに頼ってしまい、いつまでもバランスを取ることが出来ない。

どうすっかなぁ?

思い切って補助輪を全て外してみた。
ペダルを漕がずに足で地面を蹴って進んでみろ と。

緩やかな傾斜になっていたので、ペダルを漕がなくても自転車はゆっくりと進む。
練習開始から一時間、徐々にバランスを取れるようになってきた。

 ”乗る” という感覚がだいぶ掴めて来たみたいだ。

『ようしっ、ペダルを漕いでみろ!』


練習開始から1時間半くらいかな? 意外とあっさり乗れちゃうもんだ(笑)


スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 1

There are no comments yet.
ちょげ  

>なかじさんこの幼稚園職員用駐車場はホントありがたいです。週末はもちろん、平日も午後は子供達の安全な遊び場になります。遊具もありますし!自宅リビングから丸見えなので子供が何して遊んでいるか一目で分かるので安心です。>ゆうパパさん私、こう見えて結構スパルタです(笑)乗れないと泣き言を言う息子に対して『ダメって言うな!』『出来ないって言ったらブッ飛ばすぞ!』『乗れるまで休憩なし!』 とかね。雪が融けたらモエレにでも連れて行きます。

2011/04/08 (Fri) 13:15 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply