某湖へ行って来た!



3/6(日)、ゴルゴさんが新規開拓された某湖へ行って来ました。
(写真を見れば一目瞭然ですが、あえて某湖とさせて頂きます)

最初に言っておきます。今回、釣果は惨敗です! 



では続きをどうぞ。

 
某湖へと続くゲート前に並び、7時の開門。
5分ほど走ってこの湖のワカサギ釣り場とされる駐車場に到着。
スノーシューを履いて降り口の様子を見てみると、それはもう・・・絶壁(笑)
他の釣り人達が続々と氷上目指し降りて行く中、私は後戻りし別の場所へ向かう。
 
先日、ゴルゴさんが単独調査されたインレットに程近い場所へ移動。
誰も来ないであろうこの場所、
しかし地形的に見てコレ以上の良場所はないのではないか?
と考えていたので、最初からココで釣ろうと決めてました。
 
がしかし、アプローチが出来そうにない。
遠目に見れば比較的緩やかな傾斜面に見えるのだが、いざ斜面へと降りてみると積雪の量が半端ない。



また、湖面をみると所々にぽっかりと穴が開いている。解氷が進んでいる証しだ。
橋上からじっくりと状況判断し、この場所は諦めた。

車で元の場所へ逆戻りし、氷上へ降りる準備を整える。
氷上までは、急斜面というよりは絶壁に近い所を下りて行かねばならない。
背負子にテントや道具類を積んで行くのがベストだが、生憎、背負子は持ち合わせていない。
とにかく沢山の場所で釣って確かめたかったので、最初からテントでの釣りは考えてなかった。
日中は気温が上がるとの予報だったが、朝方は十分に寒かったし時折強い風も吹いていた。
露天では厳しいと判断した。
カタツムリなら頻繁な移動も楽にできるから最適なのだが、問題は氷上へ降りる急斜面だ。



上の写真を見れば、その斜度と高さが十分にお分かり頂けるだろう。
下方に見えるテントがまるで豆粒の様に(笑)

行きは良い良い、帰りは・・・コワい どころの騒ぎではない。
間違いなく地獄を見るに決まっている。
でも・・・・

えぇ~い!行っちゃえ~!!

行っちゃいました(笑)
後先考えず ではなく、後先考えた挙句にやってしまいました。


氷上には4~5張のテント。
降り口の右手側に2張、左手側に3張。
その中間辺りに前日使用されていたと思われる古穴があったので、薄く張った氷を砕き魚探を放り込んだ。
深い。20メートルもある。
道内で20メートル級のワカサギ釣り場はココ位しかないだろう。
魚の反応は・・・無い。しばらく様子を見てみたが全く反応がない。

場所を移動する。
下流側へ100メートル程移動し、湖に突き出た斜面の岸際に古穴を発見し魚探を放り込む。
水深は8.5メートルで水底に大きな魚群の反応が見られた。
ココで釣ってみよう!
氷上の雪を除け、カタツムリの幌を閉じる。カタツムリは楽だわぁ~♪



で、いとも簡単に一匹目!
タナはベタ底で、入れ食いとまではいかないがコンスタントに釣れる。
開始から1時間で40匹とまあまあのペースなのだが、如何せん型が小さい。
最大で8センチ程度、あとは桂沢湖サイズばかり。
この場所で釣り続ければ、そこそこの釣果は上げられることは間違いないのだが
やはり良型を釣りあげたいので場所を移動する。

もっと浅い場所を探るべく、インレットのすぐ傍まで移動。
相当な浅場だろうと魚探を下ろすが、以外にも水深は3.5メートルもあった。
ココでもベタ底に反応が見られたので釣り座を構えた。
仕掛けを下ろすとすぐさまアタリ!



で、デカイ!!    Q様でした。
5連続でQ様の猛攻を受けた後、ようやく一匹目のワカサギ。
ひとつ前の穴と比べると明らかに型が良い。
この型がコンスタントに釣れるのであればとも思ったが、
Q様が辺りをうろついているようじゃ期待を持てやしない。早々にあきらめ移動する。



次はインレットから沖へ50メートル程行った所で、水深は14.8メートル。
穴を開けて数分は魚探に反応が見られたが、以降皆無で移動。


沖目の氷上に張られた4~5張のテントの丁度中間辺りで釣ってみる。
水深は22メートル、魚探には殆ど反応はないがベタ底で時々アタリがある。
しかしそのアタリを捉える事が出来ない。
また移動する。
納竿予定時刻は正午だったが、この時すでに13時。 でもこのままじゃ終われない。



下流に100メートル程歩き、釣り座を構える。水深は18メートル。
・・・・・釣れない。 ので移動。

更に100mほど下流の岸際へ移動する。
そこは朱鞠内湖の富成岬に似た地形をしていた。
穴を開け魚探を放り込むと、ベタ底に反応あり。
水深は5メートルと浅いが・・・



やっと釣れた!しかもデカイわ!
この日最大の12センチ!こんなのが居るんだぁ。
そして立て続けにもう一匹同サイズをGet!
がしかし、デカイのは最初の二匹のみで、その後マッチ棒サイズばかり。

14時、納竿です。釣果は僅か51匹。約6時間で51匹・・・ort



釣果的には惨敗でも次に繋がる成果は十分に得たと思います。
最後に良型を釣り上げることが出来たのが唯一の救いかな。






しかし コレで終わりだと思ったら大間違い!
本当の地獄がココから始まります!



この急斜面を見上げて、 はぁ・・・ とタメ息をひとつ・・・ふたつ・・・みっつ・・・よっ・・・

こんな所でカタツムリを降ろすなんて・・・俺ってやっぱり馬鹿なんだなぁ と。
必殺!牽引ロープ作戦 でなんとか登り切りましたが、もう腰が限界です ort






さて、

今回、この湖での最大目的は大漁ではなく、釣り場の調査です(負け惜しみで言ってるワケじゃありませんよ)
今後の釣行に繋げるための現地調査が最大の目的でした。
この湖内で良質のワカサギがコンスタントに釣れる様であれば、
来季以降、朱鞠内湖や金山湖への遠征はもとより、茨戸近郊への釣行さえも回避するかもしれません。

この湖にはそれだけの価値があると私は思っています。






さぁて、さてさて、

調査、調査と言ってはおりますが、内心はハラワタが煮えくり返っています!
周りが釣れているのに自分だけが釣れていない・・・

大魔神、怒ってます!
やはりこのままじゃ終われません。
近日中に

リベンジします!!!


 
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ ワカサギ釣りへ
スポンサーサイト

Comments 13

ぼん  

かなり気付い場所なのでしょうね、私みたいな大きいボディーでは無理かもですね(?_?)私は朱鞠内湖に行ってきました、初日は大した事なく終わり、二日目には約500匹とあえなく終わりました。後残り少ない時期を何処に行くか模索中です。

2011/03/07 (Mon) 16:10 | EDIT | REPLY |   

sin  

こんにちはwちょげさんもいって来たんですね!流石はちょげさん、釣果は別として今回の調査!ワカサギにかける情熱には頭が下がります!お礼に篠津湖の情報でも…あっ!まったくいりませんね(爆)お疲れ様でした!!

2011/03/07 (Mon) 16:29 | EDIT | REPLY |   

マッツ  

過激な釣行&調査お疲れ様でした(^o^)ワカサギ情報やワカサギ画像を見ると、行きたくてウズウズしちゃいますf^_^)まだまだ行くのでしょうか?羨ましいです(^O^)札幌広域公魚連合会のロゴの件ですが、自宅に戻りしだいメールさせていただきます!ヨロシクお願いしますm(_ _)m

2011/03/07 (Mon) 16:40 | EDIT | REPLY |   

翔  

現地調査お疲れさまでした。しかし、ハンパじゃないアプローチですね。私なら・・・行き倒れになります。水深もあるし、本州的なワカサギ釣りが堪能できるスポットですね。ここで手繰ったら・・・完璧に腕を痛めますね。www

2011/03/07 (Mon) 18:16 | EDIT | REPLY |   

気弱なゴルゴ  

ちょげさん、ご苦労様でした。私の単独調査ポイント、凄い雪だったんですね、私が行った時は雪が締ってわりと楽でした。氷上に見える穴ですが、私の行った時もありました、バカな私は傍まで行ってみたのですが、穴ではなく細いクラックから出た水が溜まっているだけでした。人が落ちるような穴ではありませんでした。今度は〇〇内川のインレット近くと、旧道側にも心当たりの場所があるのでポイント開拓に行ってみます。その時はまたメールします。

2011/03/07 (Mon) 19:10 | EDIT | REPLY |   

ゆうパパです  

新規開拓調査お疲れ様です。アプローチの画像だけで心が折れそうです。大魔神に目を付けられたら〇〇湖も災難ですな~~!次回は大変な事に・・・Ψ( ̄∀ ̄)Ψケケケ

2011/03/07 (Mon) 19:14 | EDIT | REPLY |   

マッツ  

メール送りました。

2011/03/07 (Mon) 20:29 | EDIT | REPLY |   

こいたろう  

お疲れ様です。新規開拓ご苦労さまでした。毎年、聖地だけでは確かにあきますよね。それに、人が多いので出来れば回避したくなりますよね。それにしても、皆さんの開拓精神には頭が下がる思いです。まさしく蝦夷地開拓民ですな。残り少ない回数になるとは思いますがレポート楽しみにしております。(という私は、結局3月も全て塞がっており今期は行けませんでした。(悲))

2011/03/07 (Mon) 20:36 | EDIT | REPLY |   

a.su.ca.  

ちょげさん、お疲れさまでした。。。すばらしいロケーションですね、、、地図で見るといくつかの沢が入り込み、こちらの糠平湖を連想してしまいました。。。沢付近がポイントですかね~札幌入りした時の楽しみが一つ増えました!!PS:メール送りました。参考程度に...

2011/03/07 (Mon) 21:04 | EDIT | REPLY |   

mitsu  

昨日現地調査に行ってたんですねwあのロケーションでの釣行はすばらしいでしょうね?今回は深場では、リールだったんですか?水も綺麗そうだし、来期一度は行って見たいです。

2011/03/07 (Mon) 21:53 | EDIT | REPLY |   

むごちょ  

近日中のリベンジ楽しみにしておりますよ~!!

2011/03/07 (Mon) 22:38 | EDIT | REPLY |   

なかじ  

お疲れ様でした。ちょげさんの機動力は凄いですね!地獄のスロープ・・・・・一人で制覇したんですね。やはり、軽量化でしょうか?私も背負子が無いので参考になります。

2011/03/08 (Tue) 00:32 | EDIT | REPLY |   

ちょげ  

>wakaさんアプローチが厳しくなるのは今時期だけでじゃないですかね。シーズン初期なら大丈夫なんじゃないかな?>rockyさん例え心臓破りの絶壁だとしても比較的容易にアプローチできるのはあの場所位しかなさそうですよね。あの場所の対岸にもインレットがあるのでそちらも調べてみたいと思ってます。>ぼんさんぼんさんがどれ程のボデーの持ち主なのか分かりませんが、私も185cm-100kg超級のボデーです(笑)朱鞠内湖遠征されたんですね。2日目に約500匹 って凄いですよ!全然”あえなく”ではないですって。>sinさんこの湖の可能性は計り知れないですよ。未開拓の場所が無数にありますからね。篠津湖攻略はsinさんにお任せします(笑)>マッツさん三月末日迄はワカサギシーズンだと割り切ってます。残り三週間足らずですが、可能な限り釣行を重ねたいと思います。>翔さんもうカタツムリを降ろすことはないでしょう(笑)完全に本州的なワカサギ釣り場です。手繰り一本槍で釣ってきた私のウデでは水深20メートルの釣りに太刀打ち出来ませんでした。>気弱なゴルゴさん”ゴルゴさんはどのルートを辿って氷上にアプローチしたのだろう?”橋の上からその道筋を見極めたかったんですが積雪で完全に消されてました。数年前の真冬に○○内川インレット付近とその下流数百メートルの範囲を見たことがあるのですが、冬季は減水によりインレットが滝の沢大橋付近になっていた記憶が・・・。開拓情報楽しみにしてます!>ゆうパパさんシーズン後半のアプローチはまさに地獄ですね。シーズン初期なら楽でしょう。山上の湖なので平地よりもシーズン開幕が早いのではないかと読んでます。所謂、年内釣行も可能性も!!>こいたろうさん私が求めていたものサイズ、味、ロケーション・・・全てがこの湖にはあります。唯一の難点は距離ですね札幌の北の外れから南の外れまでの大移動ですから、ガソリン代が・・・ort>a.su.caさん地図で見ると沢山の沢が入っているのは確かです。しかし減水によりその殆どは切立った崖となり、実際にアプローチが可能な沢は3本位しか無いんです。対岸まで歩く覚悟があれば別ですが(笑)メールありがとうございます!!>mitsuさんロケーション抜群です!(ちょっと車の通行音が気になりますが)今回はsinさんのS-stickフル稼働でした。電動の必要性をまざまざと感じさせられました。水はキレイですよ!札幌市の水がめですからね、そのまま飲んでも大丈夫かも(笑)>むごちょさんソリ無し、カタツムリ無しで準備を整えています。今週中に行きたいところです。>なかじさんこの日に備えてカタツムリの軽量化、極力手荷物は減らしたのですが、あの斜度ではどうにもなりませんでした。次回は・・・やはり背負子かな?

2011/03/08 (Tue) 10:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply