100均で作るアンカーペグ

茨戸周辺のワカサギ釣り場、氷の状況が何処も思わしくないですね。
氷厚自体は問題無いんですが、度重なる積雪による雪の重みで氷上に水が上がり、
歩くこともままならないくらい、ベチャベチャな状態ですよね。
ガチガチに固まっているように見えても、ズボッと踏み抜いてエライ目にあったりします。
こういう状況はスノーシューやカンジキを履くことにより、ある程度は解消できます。
しかし問題はまだ別にあります。

テント設営するにあたり、
テントのスカート部に雪を載せる・・・コレについては大量の積雪とベチャ雪で何とでもなるのですが、
ペグを打ち込み張り綱をとる・・・コレが大問題になります。
ペグは氷に打ち込まなければ効きません。
まず積った雪を退かし、ベチャベチャなシャーベット状の雪を掬い揚げて氷面をのぞかせます。
しかし現況では水が浮いているので、氷面の上に水面があるワケですよ。
長いペグでも打ち込んで行くうちにペグの頭が水面より低い位置になり、
バチャンバチャンと水面を叩くことになると思います。
中途半端に打ち込んだのでは、ペグは簡単に抜けてしまいます。
最後まで打ち込むとなると、跳ねた水で衣服はびしょ濡れになり兼ねないです。
服が濡れた状態で、その後釣りをするのは例えテントの中でも嫌なものです。

こんな状態を解消すべく、私は2種類のアンカーペグを用意しています。
一つは氷に穴を開け、氷面下にアルミ角パイプを這わせて張りを取るもの。

コレは氷が割れない限り、張り綱が切れない限り、どんな強風時にも完ぺきな張りが取れます。
作り方はアルミ角パイプを30センチ程度に切り、
ドリルで張り綱を通す穴と引き上げ用の紐を通す穴を開けるだけです。
作るのに多少手間が掛かりますが、暴風雪時でも絶対的な安心感が持てますので
作っておいて損は無いでしょう。

そしてもう一つ、製作に全く手間が掛からないアンカーペグをご紹介。
こちらは氷面下ではなく、雪に埋めて効かせるものです。
ある程度湿った雪やベチャベチャなシャーベット状の雪がある時は有効です。
作り方は超簡単! しかも100均商品だけで作れます。

用意するものは、


 ステンレス製落とし蓋 直径20センチ


 カラビナ 小さなもので可


 ロープ  以上。

作り方は落とし蓋にカラビナを付け、ロープを結びつけるだけです。

埋める時にベチャ雪や氷に穴を開けた際の削りカス等を載せて、スコップ等で叩いて固めます。

あとは放っておけば自然に凍りついてガッチリと固定されますよ。

お試しあれ!


 

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ ワカサギ釣りへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comments 3

気弱なゴルゴ  

おはようございます。なるほど、早速2つほど作って試してみます。

2011/01/21 (Fri) 08:38 | EDIT | REPLY |   

翔  

ちょげさん。いただきました。積雪が多い今時期はベストですね。

2011/01/21 (Fri) 12:58 | EDIT | REPLY |   

ちょげ  

>なかじさん簡単なんで作ってみて下さい>ゆうパパさん砂地でもイケるんじゃないですかね。茨戸向きのペグだと思いますよ!>気弱なゴルゴさん試してみて下さい。ところで今週末はどちらへ行かれますか?>翔さんそろそろこういうペグが使えない状態になって欲しいものですね。

2011/01/21 (Fri) 16:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply