ヘッダー画像

プロフィール

ちょげ

Author:ちょげ

FC2カウンター

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

 
    
            

マオイオートランドへ行って来た!

2010/10/26
category - キャンプ
コメント - 5
                         

10/23~24、長沼町のマオイオートランドへ行って来ました。
当初はエルム高原オートキャンプ場を予定していたんですが、
前々日にキャンプ場から 『カメムシが大発生しています』 との連絡を受け、
我が家は大のカメムシ嫌いなので当然のキャンセル。
急遽、代替地を探すことになり、
設備が整い(電源有)、且つ近場に温泉のある場所限定ということで
色々と候補を挙げた中で当地に決めました。

23日昼前に家を出て約1時間でキャンプ場へ到着。
受付を済ませ、テントとタープを張り終えたのは15時頃。
一息つきたい所だったが、17時前には陽が落ちてしまうので
すぐに夕食の準備に取り掛かる。

とその前に、前日拾ってきた薪を車から降ろして焚火台に薪をくべていたところに
キキィッとチャリンコに乗ったおっさん、いや管理人さんが登場、そして一言

『当キャンプ場は焚火禁止となっております』

・・・・・・・ なにィ!焚火が禁止だとォ!!!(日向小次郎風に)

などと口にはしませんでしたが、心の中ではそう叫んでました。

た、焚火禁止って・・・秋の夜長、どうすればいいんだ?何とかならんのか?
と考えていて閃いた!
焚火は禁止でも炭火はOKだよな、炭火は問題ないんだ、そうかそうか。
とりあえず問題は解決、飯の準備が先だ。

ツーバーナーで飯盒で御飯を炊き、炭火にホイルに包んだサケを放り込んでホイル焼き。
適当に野菜を千切ってベーコンと共に鍋に投入し、
コンソメと塩コショウで味を調えて簡単なスープを作った。
そして本日のメインメニュー、丸鶏の半身揚げならぬ 丸揚げ!
鶏は前夜に下ごしらえ済み。
フォークでプスプスと全体に穴をあけ、
岩塩とガーリックパウダーを身に摺り込んだだけ。



コレを油を張ったダッチオーブンに投入し、即蓋をする。
蓋の上に炭を載せ、火加減は上下共に中火から弱火、時々蓋をあけて身を裏返す。
そして待つこと約40分で、

丸鶏の丸揚げ完成!

皮はパリパリ、中はジューシーwww
子供達は『おいしい、おいしい』と沢山食べてくれました。
『おいしい』というこの一言が聞きたくて、頑張った甲斐があったなぁ、嬉しかったなぁ。


食卓が雑然としているなぁ。次回はテーブルクロスでも敷こうかな。

夕食を済ませ、一息つく間もなく後片付けに取り掛かる。
妻と娘は食器洗い、私はベッド?メイキング、息子は闇夜でサッカーw
寒さ対策としてこの日の為に2kで落札したホットカーペットを敷き、
その上にカバー代わりに毛布を敷き詰め、寝袋を並べた。
今回、AC電源有のサイトを選んだのはこの為。
キャンプで電化製品なんて・・・などとワイルドな男を気取ってたwが、
使ってみたら、あら快適!ぽっかぽかで寒さ知らず!でした。

20時に隣の長沼温泉へ行き、21時過ぎに帰宅。
女子供はすぐに就寝、

さぁて、これからは大人の時間
焚火の時間だ!
といっても焚火は禁止のキャンプ場。
焚火の時間ではなく、炭火の時間となりました。
温泉に行く前にツルヤで6kgの木炭を購入、
6kgの木炭を惜しげもなく焚火台に放り込み、ガンガン燃やす!



真っ赤に燃える木炭、でもやはりそれは炭火。
手を翳せば暖かいが、焚火の様に辺りを包み込むような暖はとれない。 

寒さしのぎに酒を呷り、チカの燻製を頬張り、
ダウンを着込んで朝食用のパン生地を捏ねた。
10時半、ちょいと早いが、もうやることも無いので寝袋に入った。

 

翌朝5時半に起床。
30分位散歩した後、炭を熾して朝食の準備に取り掛かる。

パンを焼き、残り野菜をソテーし、ベーコンエッグを焼いた。

パンは・・・蓋の上の炭が多過ぎたかなw ちょいと焦げた。

8時半までに朝食を済ませて、後片付け。
9時、ちょいと一息・・・といきたい所だったがチェックアウトは11時、
のんびりしている暇はない。
すぐに撤収開始。

寝具をたたんで、調理器具を仕舞って、テント・タープと順にたたんで車に詰め込んだら
あっという間に11時前になっていた。 

キャンプ場レポート的なものを書きたかったんだけど、見に行く暇がなかったので割愛。
トイレは清潔そのもの、炊事場はお湯が出ました。シャワーは無料。
レンタルも充実しているようでしたが、遊具はちょっとお粗末かな?
ゴミは3種分別のゴミ袋が配布され、廃棄してくれます。

帰宅した後、管理所で配られた施設案内の冊子を見ていたら、
禁止事項に【直火・発電機・カラオケ等の使用】とあった。
う~ん?これって直火でなければ焚火OKってことじゃないの?
で、HPを覗いてみたら【焚火禁止】となっている。どっちよ?
まぁ管理人がNGと言うんだから禁止なんだろうけどさ、
この曖昧さは何とかして欲しいものだ。

 

やはり一泊二日のキャンプじゃ物足りないな。ましてや陽も短い。
写真やビデオを撮る暇が持てないくらい忙しかった。(家族の記念写真撮り忘れた)
今年のキャンのプはコレでお終いだろうけど、
来年は二泊でゆっくりできるキャンプがしたいもんだ。

お終い

スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント

>ゆうパパさん今は焚火禁止みたいです。でも奥の方でパチパチと聞こえていたんで隠れて焚火していた人も居たようです。ダッチ料理は思いのほか上手くいきました。今回、料理してみて思ったのは「もう一台くらいあってもいいかも」ですwUNIの12インチが欲しいなぁw>気弱なゴルゴさん家族に無理言って何とかキャンプに扱ぎつけたんですよw(皆嫌々でしたw)だから達人でも何でもありませんw鶏の丸揚げは上手くいきました。今年のクリスマスにもう一度作ってみようと考えてます。

テレビで見ましたが札幌、初雪みたいですね。先月自分も那須の某キャンプ場にいきましたが焚火はOKだったものの夜10時に管理人がやって来て「10時以降は火を消してください。会話もテント内のみでしてください」と言われました。子供が寝てこれから大人の時間だと思っていたのにガーンという感じでした。ただし朝は何時からと言ってなかったので4時半頃起きて焚火をしました。

>USUさんこんばんは雪、降りましたねぇもう融けちゃいましたけど。10時以降の会話は控えるとしても黙って焚き火にあたる位は許されても良いと思いますよね。私は今回使えずに残った薪を持って、焚火をしに何処かへ行こうかと考えてます。

えーッ! マオイ、焚き火禁止?昨年8月にキャンプしたとき、焚き火台でがんがん焚き火したんですよ。寒い日だったので、夕方から23時ぐらいまで火柱高く燃やしてました。夜勤の管理人によって禁止項目が異なるって困りますよね。ホットカーペット。便利なんですね。寐てるとき暖かかったら幸せな気分になれますから。

やはりそうですよね。このキャンプ場を選ぶ際、色々なサイトを見ましたが、焚き火をしている様子の写真が沢山あったんですよ。だから当然焚き火OKだと思ってました。何時から禁止になってしまったんでしょう?