Welcome to my blog

ちょげ

ちょげ

遊び小屋コニファー、2日目です。

朝は5時半起床。(私だけですよ)
さぁて、どこいく・・・って感じでキャンプ場内をぐるっと一周散歩。

場外へと歩み出し誰も居ない野道を適当に散歩。
コレといって珍しいものは無かったが、セミの抜け殻の多さだけは異常であった。

8時、前日に予約しておいたダッチオーブンによるパン焼き体験。
私は散歩に夢中になり過ぎて、最初の工程に立ち会えなかったが
娘は起きて間に合ったようだ。

私は焼き上がったパンを一枚パチリと。

美味そ~う!ダッチオーブンってホントに何でも出来るんだな・・・。
ダッチオーブン・・・嗚呼、また物欲が沸沸と・・・。

朝食は焼きたてのパンと昨夜のBBQ残り物野菜炒め、茹できびにサラダ。
ささぁっと済ませて、さぁ、遊ぶぞ!

10時過ぎ、オーナーさんからコニファー恒例のスナヤツメ採りのお誘いを受けた。

場内を流れる清流の砂溜まりをスコップで掘り起こしてくれる。

子供達は砂の中に隠れたスナヤツメの幼生を手探りで探し当てる。
にょろにょろと這い出て来るスナヤツメ、掴もうとしてもなかなか掴めない。

バケツの中はあっという間に十数匹に。
スナヤツメの口や目、鰓を観察した後は速やかに元の場所へリリース。

次はエゾサンショウウオ採り。

キャンプ場裏手にある小さな小さな水溜りに
エゾサンショウウオや沢山のオタマジャクシが泳いでいる。

それらを玉網で掬い上げ、観察。
オタマジャクシとエゾサンショウウオ幼生の違いをお勉強。
心行くまで観察した後は速やかに元の場所へリリース。

次は場内林間にて昆虫採集。

クワガタは見付けられなかったけどカミキリムシや蛾、

セミの抜け殻や

朽木に群生するキノコを観察。

12時前までオーナーさんは付きっきりで子供達を楽しませてくれた。
子供達は大大大満足。

昼食は冷麦。

キャンプ場で冷麦が楽しめるのはツーバーナーがあってこそ! かな?
茹で上がった冷麦の鍋を大急ぎで炊事場まで運び、
地下12メートルから汲み上げているという井戸水で一気に洗う。

キンキンに冷えた冷麦、最高!

食後のデザートは、場内を流れる清流に一晩浸けて冷やしておいたスイカ。

こちらもキンキンに冷えて、美味ぇ!

昼食後に一息ついた後、

子供達はブランコに揺られたり、

ハンモックに揺られたり・・・。

大人は後片付け開始。
気温は30℃を越えていただろう。非常に蒸し暑い。
汗をしこたまかきながらテントを折り畳み、熱の籠った車内への搬入を繰り返す。
1時間半位で撤収作業完了、時計を見るともう3時。
本来のチェックアウトの時刻はとっくに過ぎているのだが、
今回はオーナーさんの計らいでチェックアウト時刻指定は無し、
好きなだけゆっくりとして行っても構わないとの事。

カラスの行水ならぬ、『豚の行水』
冷た~い清流に飛び込んで汗を流した。
それにしてもこの川水の冷たい事冷たい事!
10秒と水に浸かって居られない、冷た過ぎて足が痺れるほどなのよ!ホントに。

 

撤収準備完了、汗も引いた。
子供達はまだまだ遊び足りないようだが
オーナーさんに御挨拶して、16時前にキャンプ場を後にしました。

終わり

スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply