ヘッダー画像

プロフィール

ちょげ

Author:ちょげ

FC2カウンター

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

 
    
            

朱鞠内湖に行って来た!! 2日目

2010/04/03
category - 2010 ワカサギ
コメント - 7
                         

朱鞠内湖遠征、2日目です。

前日の様な痛ぁ~い寝坊、コレだけは絶対に避けなければならない。
出来ることならば羽幌には戻らず、車中で御一泊と行きたいところだったが
子供の世話もアリ、義母に任せっきりというワケにも行かず一時帰宅を余儀なくされた。

前日同様に20時には風呂に入れ、21時に寝かし受けるために布団に入ったが
決して目を閉じることなく、寝静まるのを待った。

21時半、リビングに戻りちょっとだけ寛いだ。
23時、朱鞠内へ向け出発。
道路は乾いていたので約1時間で幌加内に到着。
チェーン脱着場のPで車中泊を決行。


外気温は・・・なんと-16℃!流石ですなぁ。

午前3時半、義母から借りてきた目覚時計のアラームで起床。
すぐさま朱鞠内湖湖畔へGO!

当然の一番乗り!
そしてアラームを午前5時にセットして、仮眠に入る。
最初から湖畔で寝てれば良かったのでは? と考えますよね。
でもね、朱鞠内湖って・・・なんか怖いじゃないですか(強制労働者の霊がどうだとか)


1時間位は寝たのかな?アラームが鳴る前に目が覚めた。
まだ誰も来ていない。
車から降り、防寒服に着替えた後、荷物のチェックをする。
一番乗りとはいえ、勝負は車を駐車場に止めた瞬間から始まるのだから。
5時前、続々と釣り客が到着し始めた。
「皆、富成岬を狙っているんだな」と勝手に思い込むw

5時15分頃、漁協スタッフが到着。
5時25分頃、開門。
同時に車を管理棟に横付けし、小走りで受付に向かう。
回数券を提示し、握り締めていた300円の小銭を払い終えるとまた小走りで車へ戻り
富成に一番近い駐車場に向かって突っ走った。
車を止め、ソリを下してGO~!!

そんなに慌てなくても一番乗りは間違いないんだけどね、
少しでも早く着いて魚探で最良の穴を確保したかったので、
ゼイゼイと息を切らしながらも夢中でソリを引っ張った。

余裕で一番乗り!
湖畔に目をやると、まだ誰も姿を見せない。
チャンスだ!!
前日の古穴に魚探を投入し魚影を確認する。

うん、まずまずだな

この穴は微妙だな

この穴は去年の穴に近いな、でもイマイチだな

こっちの方が良いかな

こっちかそっちのどちらかだな

でも・・・・どの穴もあまりパッとしないなぁ。

かなり悩んだのだが、”おおっ!コレは!!”って穴が全く無い。
どの穴もどっこいどっこい。前日の弁天裏並み、もしくはそれ以下。

でもココはあの富成岬だ!大丈夫なはずだ!
とし、最良と思われる場所を選択し、テントを設営した。



富成岬には続々と釣り客が到着し賑わい始める。

6時半過ぎ、スタート!

 

開始から1時間が経過・・・・ おい、ヤバいんじゃねぇか。
20匹位しか釣れてねぇぞ・・・。
ココは本当にあの富成岬なのか?

周りの様子を伺うも、余り釣れていない模様。
どうする、もう少し粘ってみるか?
群れが回って来るかもしれないし・・・でも、どうしよう・・・。
魚探に魚影が映らない。ポツ・・・ポツとは釣れるが、このペースじゃ一束すら危うい。

本当にどうしよう・・・と思っていた時、携帯にメールが入った。
おっ、ゆうパパさんだ。

『藤原北に入りましたチョキ
えっ、藤原北!藤原北に入れるの?

すぐさま返信、いや電話を掛けてみたところ
『まだ始めたばかりですけど、入れ食いですよ!』 と・・・。

「入れ食いっスか!マジッすか!! そっちへ行きます!」と告げ、すぐさま道具、テントを片付けた後、
漁協に電話しモービルを手配。

約10分後、藤原島方向からモービルが到着。
藤原北へお願いしますと告げるも渋い顔。
『藤原北って誰か入ってたかなぁ?あそこは鱒釣りくらいしか入らない場所なんだけどな』 と。
『ひょっとして16番かい?』 16番かい?って聞かれても困っちゃうんだけど。
再度ゆうパパさんに電話して確認してみると間違いなく藤原北に居るとのこと。
『とりあえず行ってみるかい』 ってことで富成岬を出発。

前日入った藤原南と弁天裏を通り過ぎると藤原北と思われる場所に到着。

『あぁ、ここか。ここは16番だわ』 だと。

どうも漁協スタッフの方々は”藤原北”と言ってもピンと来ないらしい。(旧名が”16番”だったらしい)

ゆうパパさんともう一人御年輩の方が釣られてました。
ゆうパパさんにご挨拶、穂先が常にぴくぴくと動く入れ食い状態。

よし、釣るぞ!と意気込むも・・・釣り穴がない。
前日使用されたと思われる古穴が辺りを見回しても見つからない。
どこかにないかと探していたら、有るにはあった。
が、雪を掻き分けると出て来るわ出て来るわゴミの山。カップ麺の麺、割り箸、その他諸々。
流石にこの穴では釣りたくないので、最初から穴開けすることに。
これが本当に大変だった。
まず前日までに降り積もった雪をひたすら掘る、掘る。
しばらく掘ると水の浸みたシャーベット層が出て来る。
そのシャーベット層をひたすら掘る、掘る。
ようやく堅い氷の層に行きあたる。
ココで朱鞠内湖常設のロングドリル登場。
ドリルの根元までしっかり回してギリギリで貫通。
貫通したらしたで今度は氷の削りカス、シャーベットを氷掬いで掻きだすのだが
深さは約1.5m、綺麗に取り除くのに相当な時間を要した。
穴開けだけで30分位は掛かった。
それまでは晴れていたが雪がちらつき、風も出てきたのでテントも設営した。

10時半にようやくリスタート。
入れ食いです、もう、ずっと。
今季経験したことのないようなペースで釣れ上がって来ます。

自然と顔がニヤけちゃいますね。
あっという間に1束クリア。


rockyさんスミマセン、私もやっちゃいましたw

正午のサイレンが聞こえても喰いが止まることはなかった。
この時点で2.5束程。残り時間は約3時間、この手応えなら5束に届く勢い。

途中、風が強く吹き始めたので一旦外に出てテントのスカートに雪を積み上げた。
ペグが全く効かないので、雪を積むしかない。痛いタイムロス。

15時、迎えのモービルが到着。無理を言って15時半にしてもらい釣り続けた。
しかし後片付けの時間を考え15時15分に納竿となりました。

 

釣果は455匹。5束には届かなかったが満足満足!

今回は本当にゆうパパさんに助けられました。
ゆうパパさんからのメールがあってココまで釣果を伸ばすことが出来ました。
本当にありがとうございました。

 

 

今季の氷上ワカサギ釣りはコレにて完全終了です。
釣行回数は減ったものの、内容的には満足の得られる釣行ばかりであったと思います。
ブログを通じて沢山の方々と出会い、様々な情報を得、シーズン終了まで楽しく過ごすことが出来ました。
皆様、本当にありがとうございました。

また来季も宜しくお願い致します。


 

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ

スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント

こんにちは。最後はちょげさんらしく〆ましたね、流石です。私も来シーズンは朱鞠内湖やかなやま湖の行かないとダメですね、皆さんの話に付いて行けなくなりそうです。今シーズンはいろいろとありがとうございました。来シーズンもまた宜しくお願いします。

朱鞠内湖への遠征お疲れでした。道南の蓴菜沼は今年川鵜に荒らされて、低空飛行でしたが、大沼が新たに開放されて好調でした。期間の終了間際に開放されたガンケと呼ばれる釣り場では8時~13時まで釣って1.5kgでした。氷の厚さは50cm位で普通にアイスドリルで貫通します。また、釣れるポイントが広くて朝一番でなくても釣れます。来年はぜひ遠征してきてください。

今晩は。16番の主、ゆうパパです(笑)流石!魔人ちょげさん!ヘッポコはハンデ戦でも勝てません(T_T) でも入れ食い状態は楽しいですよね(^◇^) 来季は一回位勝たせて下さいm(__)m 朱鞠内は広くてポイント選びが難しいですね。来季はロングドリルを自作して色々なポイントを攻めてみたいと思います。2010年お疲れ様でした。 来季も宜しくお願い致します。  

ノープロブレムです( ̄ー ̄)ニヤリ

>wakaさんwakaさんのsnowpeak to the skyの記事がなければ私はもちろん、ゆうパパさんも爆釣で〆ることは出来なかったことと思います。藤原北は良いポイントです。朱鞠内湖にしては水深が浅いのでタナを掴みやすく、徒歩でのアプローチがキツイ場所にあるので入釣者も少ないのでしょうね。来季は富成並みの人気が出るかもしれませんね。ワカサギシーズンは終わりましたが、一月ほどもすれば山菜シーズン開幕ですね。ウドの天麩羅・・・食べたい。>rockyさん藤原北、この場所はヤバイです!入れ食いが止まらないんです。タナは表層なので数を伸ばすには好都合!来季もココが良場であることを祈るばかりです。今季は色々とありがとうございました。来季もまた宜しくお願いします。※ 敬称の件、修正させて頂きました。>気弱なゴルゴさんお陰様で良い〆が出来ました。コレもまたゴルゴロッドがあっての好釣果でした。今季はゴルゴロッドを始め、色々とありがとうございました。来季も宜しくお願い致します。今度は山菜採りで御一緒出来たら良いですね。>北遊人さん開放直後の大沼の釣況は凄かったんでしょうね。行ってみたいなぁ~でも函館となると何故か遠く感じますね。今なら片道4時間位で行けるのかな?'07に根室・網走、'09に白老・朱鞠内、'10に金山・朱鞠内と来たから、'11はやはり大沼ですかねw>ゆうぱぱさん16番の神、ゆうパパさん!まずは おめでとうございます!!(何がおめでとうなのかは伏せておきます)たかが2回の釣行で16番の神に勝とうなどと、考えが甘過ぎました。ロングドリルは私も考えてました。16番でお借りしたロングドリルの構造を見てコレは自作出来るなと考えてました。今季はゆうパパさんのおかげで良い〆が出来ました。来季もまた宜しくお願いします。>snowpeak to the skyさん修正中にコメントが入りましたね、スミマセン。

お疲れ様でした。最終戦に相応しい遠征釣行記に興奮しました。昨年と違う場所での爆釣に、朱鞠内ワカサギ釣りの奥深さを改めて感じました。来シーズンこそ、遠征して爆釣してみたいです。ちょげさんをはじめ石狩真勲別ワカサギブロガーの皆さんの情報のおかげで出撃回数が少なかったのですが、大変楽しいワカサギシーズンでした。来シーズンも宜しくお願い致します。

>はっちゃんさん朱鞠内湖のブログを毎日欠かさず熟読して研究しても、その日その日で釣果が変わってしまう。広大な湖の攻略はホントに大変ですね。レイトロと通ずるものがあるかもしれません。今季は偶然にも釣り場でお会いすることが出来て良かったです。来季はもっともっと釣り場でお会い出来るとイイですね!来季も宜しくお願い致します。