絶妙なバランス

札幌大橋から不意に見掛けた・・・・ 巨大な流木

絶妙なバランス

直径5センチ足らずの単管パイプの先端上に
長さ2メートル超、直径約30センチはあろうかという巨大な流木

とても人為的に載せたといえる代物ではない(載せる意味がない)
結氷期に偶然、単管パイプに乗り上げたのか

雪代増水時に引っ掛かって乗り上げたのかは不明だが
重さ数十キロはあろうこの大木が、僅か5センチ足らずの先端にバランスを取って佇んでいる。

こんな偶然があるものなのか

スポンサーサイト
  • Comment:1
  • Trackback:0

Comments 1

ちょげ  

>rockyさんrockyさんは毎日見ているんだろうと思ってました。遊び心にしても場所が場所ですからね。ボートから人手で乗っけるのは無理そう。かといって重機を使ったと思えないし、謎ですね。>wakaさん爪楊枝に刺さっている様にも見えますね。でも刺さっている様には見えないんですよ。単管に乗っかっているだけだと思うんです。こういうのを見付けるのは楽しいですよね。女体っぽい樹だとか人面樹だとか。この写真を撮った直後、法面でコケたんですw

2010/04/20 (Tue) 13:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply