Welcome to my blog

ちょげ

ちょげ

3/17(木)、代休取ってかなやま湖へ行って来ました。

午前3時に出発し、道中吹雪いていたせいもあり
到着したのは6時過ぎだった。

なんか風が強い・・・

ずっと強いのではなく、時折、突風が吹く感じ。
テントの設営が大変だな。
sinさんの釣行記を参考に3軒並んだ常設小屋沿いにテントを設営。
テント設営前にドリルで穴を開けて魚探を放り込んでみる。
水深は8.5m、魚影は一応映っているので大丈夫だろう。

風の吹き込む南西側に通常より多めにペグを打ち込む。
茨戸等の氷とは質が違う、ガッチガチの氷。
ソリッドステークを以ってしても打ち込みには相当苦労した。
また、突風は時折恐ろしいほど強く吹くので、
ソリッドステークだけでは物足りなさを感じ、アンカーペグを2本追加した。
スカートに雪を載せて設営完了。
テントに入り、穴を2個開けると・・・もう腕がパンパン、疲れでプルプル震えている。

そうそう、釣り座復活です。合切箱を省いただけで随分と軽量化できました。

全ての準備が整ったのは7時半、ようやくスタート。
魚探に映る魚影は8.5mのベタ底。
魚影は決して濃くないが、そのうち良化してくれるだろうと信じ、釣り始めた。

入れ食いではないがコンスタントに釣れる。
型が素晴らしく良い!
釣れるワカサギが皆、

”本当にワカサギ? チカじゃないの?”

と思っちゃうくらい、体高あり、尚且つ腹がパンパン。
体長は余裕で10センチup、釣り上がって来る魚が全てそのサイズ以上。
釣り上げる度に顔がニヤけちゃうw、そんなサイズ。
あと、sinさんの叔父さんの言う通り、ほとんどが錘の下の下針に掛かって来る。
釣れた魚の約9割は下針だ、ベッタベタのベタ底だ。

釣り始めてから4時間で約2束、
決して多い量ではないが型が良いので見た目以上に釣った気でいた。
目標は5束であったが、とても届きそうにはなかった。
カップ麺を啜りながらこの後どう釣るか考えていると、
帰り支度を始めた隣りのテントから話し声が聞こえた。

『6時頃から始めて、500位だわ』

な・ん・だ・と!?
私より1時間半早く始めただけで5束だと!?
場所が良くないのか?でもすぐ隣だしなぁ。
地の利か?どうも地元の父さんっぽいのだが・・・。

気を取り直して、午後の部スタート。
目標を100匹減らして4束とした。
相変わらずコンスタントには釣れるのだが、午前より若干渋い。
時々マッチ棒サイズが混じるようになった。
一応、数だけカウントして即リリース。

数がイマイチ伸びなくなり、目標到達が黄信号。
タナは変わらずベタ底。
タナが表層なら短時間で釣果を伸ばせるんだが、8.5mのベタ底ではなぁ・・・。

3時過ぎ、中層に魚探のモニターが真っ赤になるほどの魚群が時折入って来る。
その時に限っては凄い!強烈!猛烈!

タナを狙い撃ちで仕掛けを投入するとダブル、トリプル当たり前!
ただ魚群は直ぐに去ってしまう。居座ってくれない。
今更ながら、穴をもう一つ開けて二刀流にしておけば
群れを留まらせることが出来たのかも知れない・・・と。悔やまれる。

4時過ぎで約3束強。
携帯で日の入り時刻を確認すると17:43と出てる。
4束はキツイか・・・
周辺の釣人は次々と帰り支度を始めている。
当然ながら周りには街灯はない。
空は曇っている、雪も降っている。
日が沈めば辺りは暗黒に包まれるのは目に見えている。

一旦車に戻り、ランタンとヘッドライトを取って来た。
折角遠くまで来たのだから、なんとか目標に達したかった。

5時、氷上には私一人。
風が弱まる気配がない、むしろ突風の吹く間隔が狭まっている感じがした。
撤収の事を考えるとあまり長居はしない方が良いと感じた。

辺りが暗くなり始めた5時半過ぎ、ランタンに灯を燈す。
魚探に映る魚影はむしろ減っている。
一応ぽつぽつとは釣れるが、このまま続けても釣果が伸びる様な気がしない。
370匹で納竿としました。

辺りは完全に闇に包まれていた。
遙か遠くの道路沿いに街灯は見えるが、それを除けば正に闇黒、正直怖いw

長~~いスロープ状の斜面をソリを引っ張って車へ戻る。
なんんんんまら、疲れた。

370匹の内、リリースしたマッチ棒サイズが20匹くらいだったかな。
良型の350匹は流石に凄いね、量が多いというより 『重い』 という感じだ。
ただ・・・・10時間釣って370匹では・・・ねぇ・・・

21時半、帰宅。路面が乾いていたので楽だった。
途中で晩御飯は食べて来たのだが、
折角なので釣れたてのワカサギにササッと塩を振って、
オーブンで素焼きを作ってみた。

なんんんんんんんんんまら、美味~~~~い!
当然苦みなんか全然ない。
パンパンの腹には卵がぎっしりと詰まっている。
食べていて分かったけど、釣れたほとんどが♀だ。
サイズが小さめなのが♂で、大きいのは♀ばかりだった。

 

 

 

氷上シーズンも残りわずか。
朱鞠内湖遠征も良いが、かなやま湖遠征も視野に入れてみては如何でしょうか?


数なら『朱鞠内湖』、型なら断然『かなやま湖』です!

 

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ ワカサギ釣りへ

スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 6

There are no comments yet.
ちむにぃ  

遠征お疲れ様でした。良型が300匹超とは嬉しいですねwしかもなんまらウマそうです!3連休も来週末も仕事になってしまい、朱鞠内・金山どちらの遠征も行けそうにないです・・・ホームグラウンドでの最後の釣行と行きたかったですが、茨戸周辺はもうだめでしょうねぇ~(泣

2010/03/20 (Sat) 13:08 | EDIT | REPLY |   
ちょげ  

>sinさんこんにちは深場でのやり取りは楽しめましたがやはりもう少し上層に上がってくれると数が伸ばせるんですけどね。やはりこういう山上湖は電竿が有利みたいです。明日の御釣行、是非頑張ってきて下さい!>はっちゃんさん金山のは本当にでかいですよ。当たり前の様に良型ばかり釣れました。来季はシーズン初期に金山へ釣行してみたいと思います。>ちむにぃさん茨戸ですが、まだ大丈夫そうですよ。今朝、rockyさん方が真勲別で釣ってましたので御挨拶して来ましたが、氷厚は十分でシャーベットの層がガチガチに凍っているとのことです。長靴を履かずにスニーカーで氷上に下りましたが靴が濡れることもなく普通に氷上を歩くことが出来た位です。

2010/03/20 (Sat) 15:39 | EDIT | REPLY |   
気弱なゴルゴ  

こんばんは。金山湖遠征、ご苦労様でした。4束近く釣れば充分ですよ、流石です。来シーズンは必ず金山湖、朱鞠内湖行きます。それにしても美味しそ~~、来年は必ず全く苦味のないワカサギ食べるぞ~~~~~!!。

2010/03/20 (Sat) 18:55 | EDIT | REPLY |   
ゆうパパ  

こんばんは。金山湖お疲れ様でした。先程朱鞠内湖より帰って来ました。金山湖のワカサギ大きくて引きが楽しめそうですね。しかも3束強!羨ましいです。今日の朱鞠内湖は修行の場でした。朱鞠内湖ブログの350匹が信じられないほどの激渋だったはず・・(T_T)

2010/03/20 (Sat) 22:06 | EDIT | REPLY |   
rocky  

ちょげさん、お疲れさまでした。10時間の長丁場、ちょげさん的には数も欲しかった所でしょうがあの方であれば手応え、満足感はじゅうぶんだったのでは。次週、天候さえ良ければ・・・いこうかな。

2010/03/21 (Sun) 09:33 | EDIT | REPLY |   
ちょげ  

>気弱なゴルゴさん来シーズンと言わず、今シーズン中に是非!今の氷の状態を見る限り、4月に入っても問題なさそうでしたよ。>ゆうパパさん朱鞠内お疲れ様でした。朱鞠内まで行って激渋だと辛いものがありますね。次も朱鞠内ですか?金山湖、おススメですよ!>rockyさん真勲別釣行お疲れ様でした。かなやま湖、是非行ってみて下さい!型、引き、味どれをとっても満足されることと思いますので!

2010/03/21 (Sun) 17:50 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply