ココにきて雨が降りやがった

久しぶりにアメリカ屋へ行って来ました。

錘を1.0g、2.0g、3.0gの3種、自動ハリス止めに手繰り糸、
渋り対策の0.5号針仕掛け2つ、そしてPC無垢トップを2本。
昨季までは針から巻いて仕掛けも作っていたんですが、
今季は止めます。
寝る時間を割いてまでして仕掛けを作るぐらいなら、
その時間を睡眠に充てた方が遙かにイイですからね。
(仕掛け作り直後に不眠で釣行することも多々あったので)

ゴルゴロッドアワビロッドには手繰り糸をそれぞれ9~10ヒロずつ巻き、
仁丹目印を手繰り糸の0.5m付近と3.0m付近に10個ずつ仕込みました。
あとはロッドに魂を入れるだけです。

年内釣行は今日の天気で相当厳しくなったんじゃないでしょうかね。
日中は雨も降った位だし、今(23時半)の気温もプラスの1℃だし。
変熊さんが釣行された雁里沼、
年内釣行を期待できるとすればココくらいですかねぇ・・・。

スポンサーサイト

Comments 1

ちょげ  

>気弱なゴルゴさん仁丹のセットですが上下のタナに赤黄の二色を交互に5個位ずつ付けると良いかと思います。(表層に10個、底層に10個)私の場合ですが、0.5m付近(表層)と2~3m付近(底層)にそれぞれ付けております。コレはそれぞれのタナにつけておくことによって仁丹を棚に合わせて移動させる時間を省くことと、移動によって仁丹の穴が広がることを防ぐ目的もあります。2mも3mも繰り返し移動してるとたとえ天然ゴム製の仁丹であっても穴は広がるでしょう。また、手繰り糸にも余計なテンションをかけることになるので糸の劣化にも繋がると考えたからです。一本のロッドに20個の仁丹は贅沢な様な気もしますが、惜しみなく取り付けてみて下さい。>ゆうパパさん今季の開幕は何時になるでしょうね。私もそろそろ痺れを切らしてきているのでもしかしたら雁里沼へ強行するかもしれません。年内に氷上でお会いするのは難しそうですが年が明けましたら是非御一緒したいものです。ゆうパパさんも良いお年をお向かい下さいませ。

2009/12/29 (Tue) 22:50 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply