サケのふるさと館へ行って来た!

文化の日に千歳のサケのふるさと館へ行ってきた。
インディアン水車ででバシバシと鮭を採っている風景を来札していた母に見せたかったのだが、
もうピークは過ぎていたみたいで滞在中に鮭の水揚げは見られなかった。

サケのふるさと館と言えば千歳川を真横から見られる水中観察窓!
私はココが大好き。一日中居ても多分飽きないだろうな。
子供達としばらく観察してみたけれど、ヤマメとエゾウグイ、ハナカジカしか確認できなかった。
サケの姿は全く見られず、子供達はすぐに飽きて別のブースへ行ってしまった。
独り粘って観察を続けていると下流からヌゥーっと上がって来る魚影が。

デカイ!サケか?

いや、サクラだ!ぶっとい♀のサクラだ!
いおい、まだ産卵してなかったのかい?

背中にはピンクのタグが付いていた。
標識放流された個体が遥々ふるさとの川へ戻って来たんだな。

お疲れさん、さあ、もうひと頑張りだ
ゴールはもう すぐそこだ!

スポンサーサイト
  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments 0

Leave a reply