コクワ・・・あれっ、無いぞ

キャンプのことばかり考えていて、すっかり忘れていた。
もう、山ブドウやコクワが実っている時季なんだ。

日曜日の朝、厚田方面へ行ってきた。
約30分で去年沢山採れた場所へ到着。
脚立と高枝切り鋏を携え、実っているであろう場所へ向かう。

おっ、あったぞ コクワの蔓だ
どんな感じかな?沢山実っているかな? もう熟れているかな?

脚立をしっかりと据えて、さあ採るぞ!となったのだが
あれれ、あまり無い。ホントに無い。

去年は一本の樹(蔓)で山菜籠の三分目くらいは余裕で採れたのだが、
一分目も行かない、20~30個程度しか採れない。
仕方がなく次の樹へ移動するも・・・無い。
七、八分目位までは難なく採れた場所なのに、どうして?
何本かを見て歩いたが状況は同じ、あったとしても20~30個程度。
少々固めのものが多かったが、果実酒用にと採ってきた。

今日はもうダメかな・・・

と見切りをつけて車へ戻ろうとした時、
私の車の近くに一台のバンが停車し、中年の御夫婦が降りてきた。
トランクから高枝切りバサミを2本取り出し、意気揚々と林へ向かって歩いて行った。

ココにコクワがあると知っているのは、私だけかと思ってたが・・・
道理で無いワケだ、SW後の週末だから尚更か・・・。

また別の場所を開拓せねば。


今朝の道新に醸造用のブドウが不作との記事が掲載されていたが、
山ブドウも例外ではなさそう。
道中、沢山の山ブドウの蔓も見てきたけれど、どれもあまり芳しくなかった。
夏の天候不順による長雨、日照不足の影響か?
山の実りが乏しいと、山の親父が人里へ下りてくる確率も高くなるだろう。

気を付けねば。

スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply