行者ニンニクの保存完了

た~くさん採ってきた行者ニンニクの後処理です。
正直、食べ飽きてきたので全てを保存する方向で。

行者ニンニクの保存法といったら、

醤油漬けが一般的ですよね。
あとは軽く湯掻いて冷凍保存、餃子を作って冷凍してもイイな。
私はこの他に行者パウダーなるものを拵えます。

一昨年、行者ニンニクの保存法を検索していて、
偶然とあるサイトに辿り着きました。
様々な山菜レシピや保存法がびっしりと記載されていて、とても参考になります。
その様々な保存法の中に”ドライパウダー”なるものがありまして、
コレを作ってみたところ、実に使えるものであったワケです。

 

作り方は超簡単!

行者ニンニクの葉を”チン”するだけ。


ヤベェ、ちょっと焦げた

葉を電子レンジで数分”チン”した後、パリパリになった葉を粉々に砕くだけ。

砕いた葉を瓶等に移して完成です。

コレは本当に使える!
パスタ、焼きそば、お好み焼き、フライドポテト、チャーハン、納豆や麺類の薬味等々。
万能、且つ長期保存が利く!
一年以上経っても、殆ど香りを損なうことが無いのでオススメです!

 

作り方は超簡単ですが・・・
家中が行者ニンニク臭で大変なことになるので御注意を!
換気扇は下より、家中の窓を全開して”チン”しないとワヤです。

 

 

昨晩は残った行者ニンニク全てを消費するべく、”餃子ニンニク”を作りましたが・・・
あまりに大量投入した所為で、子供達には大不評でしたw
臭いは兎も角、かなり辛かった様です。

美味いと思うんだけどなぁ。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply