ウドの伏せ込み


行者の花の蕾も膨らみました

 

5/5のこどもの日の裏庭の畑です。

ウドの芽がひょっこりと出ていました。
以前、とある沢にて拾ってきたウドの株を植えているのだが、
芽こそは数本出てくるのだが、茎がイマイチ太くならず
収穫するまでに至らない、ただの鑑賞用となってしまっている。

よくスーパーなどに並んでいる栽培物の白ウド、
コレは山で採ってくる山ウドと全く同じモノであり、
その独特な栽培方法である ”伏せ込み”により軟白化されたものらしい。

その栽培方法を簡単にいうと、
遮光したハウス内の床下に電熱線を張り巡らせ、常時温度を15~20度位に保つ。
そして芽出ししたウドに土ないし落ち葉を被せ、光を当てずに生長させるらしい。
ホワイトアスパラガスなども、この栽培法で作られているらしい。(たぶん)

でだ、私もやってみた。
とはいっても、ハウスを建てて電熱線を引いてってワケにはいかないので、
芽出ししたモノを遮光し、落ち葉を被せるだけの方法で試してみることにした。

何か使えそうなものはないかなぁ

と車庫内を物色していたら、イイのがあった!

ワカサギ釣り用に大量購入したホワイトガソリンの一斗缶!
今季オフ時に丁度良くすっからかんになっていたのだ。

一斗缶の上下をサンダーで切り落とし、それを芽出ししたウドに被せた。
そしてその上に落ち葉を被せて 完成!

伏せ込み開始から丁度一週間目の昨日、
もう一斗缶上部までウドが伸びていた。

思ったより生長が早い?のかな。
ブリキで出来た一斗缶だから、日が落ちても気温が下がっても
保温効果が持続しているのかもしれない。

ウドの幹がもう少し長く、太くなるまで様子を見てみようか。 


昨年、YUKIさんから頂いた山わさびです。美味しく頂いております。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

スポンサーサイト

Comments 1

ちょげ  

>よっずさん雨とは御生憎様でしたね。ウドはホントに今週末が採り頃になりそうですね。砂と土を混ぜ合わせるのか…。なるほど>wakaさん菜園の山菜の芽吹き具合を見てから山野へ出掛けられるようになりましたwコゴミやワラビも移植しちゃおうかなw

2009/05/14 (Thu) 16:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply