白鳥がワヤ!

3/22(日)、いつもの早朝ドライブへ。

~さぁて、どこ行くべかぁ~ ってヤツです。

行く当てのないドライブ、何故か向かった先は真勲別 w
ワカサギ釣りは完全に終了し、もう未練はないはずなのだが・・・。

まだ、やってる人が居るわ・・・氷上にテント一張り。危ないよ、そろそろ。

右岸側の氷上にオジロワシが3羽、羽を休めている。
オジロの写真でも撮るかな。
300mmでもちょっと遠い。
ダメだこりゃ・・・

 と、私の頭上をかすめて飛んで行く影!

 白鳥だ!
とっさにカメラを構えるが、間に合わず。
すると、飛び去った方向から、微かに白鳥の鳴き声が聞こえてきた。
微かにしか聞こえないが、かなりの数の声。
コレは石狩川の対岸に居るな・・・

大凡の位置に目星を付け、車を走らせた。
河口大橋を渡り、右岸築堤に入る。
目星を付けた場所に近付くと、車の窓を開け聞き耳を立てる。
程なく、聞こえてきた、聞こえてきた、コレは凄いんでないの?

河口大橋から約3キロの所にある樋門から築堤下へ降りる。
しかし、白鳥の姿は見えない。が、声は聞こえる。

「この林の向こうだな・・・」

築堤上に雪は無かったが、河畔林内は未だ雪が深く積もっている。
スノーシューを履き、カメラを一脚に据え、声の聞えてくる方向へと歩を進める。

しばらく歩くと河畔林が開け、そして・・・


すんげェ~!なんまら居る~!大群棲地~!

ざっと数えて、10束(1000羽w)は居るんでないべか?
札幌近郊でコレだけの数が集まるところは、そう無いんでないべか。
白鳥だけでなく、鴨も居る。それも半端無ぇ数が!

遠巻きながらカメラを連射する。
・・・出来ることなら、もう少し近づきたい。
でも、出て行ったら、やはり逃げるだろうな・・・。でも・・・

なるべく姿勢を低くし、足音をたてないように近付くことに。
そ~っと、ゆ~っくりと

最も岸近くに居た白鳥が、私の存在に気付いた。
ジィ~っとこちらを睨んでいる。
危険を察知したのか、川の奥へと泳いで逃げて行く。

・・・やはり、ダメか・・・
ええぃ、ままよ‼ 逃げるなら逃げろ!と
体を起こし、ズカズカと距離を詰めた。(飛び立つ瞬間だけでも撮れればいいや)

が、逃げない。飛び立たない。
ある程度距離(70~80m位)を取ったら、私なんかout of 眼中だ(死語かな)

あ、そう、逃げないの。
ふ~ん・・・ じゃあ、撮るよ。

ってことで、思う存分撮らせて頂きました。

白鳥が私の目の前まで飛んできて、頭上をかすめて飛び去ったり、

鴨が一斉に飛び立ったり。



夢中でシャッターを切り捲っていたら・・・ カメラのバッテリーが切れた・・・ort
こうゆうね、連射でバシバシ撮ることなんて想定外だったから、
中途半端な残量のバッテリーを入れていた。
最初から白鳥を撮るつもりだったなら、そりゃあバッテリーグリップ装着で来てたわな。

まだ、撮りたい、撮りたいよ~。
空になったバッテリーを取り出し、
ハァハァと熱い吐息を吹きかけ、すりすり、にぎにぎし、体の中で一番熱い部位で温めてあげた。

お願い!復活してぇ!!

バッテリーは私の気持ちに、一切答えてくれませんでした。

 

 

見に行きたい!という方の為に、以下のmapを載せときます。
スノーシューorカンジキが無いと厳しいかもしれません。


大きな地図で見る

スポンサーサイト
  • Comment:4
  • Trackback:0

Comments 4

rocky  

ちょげさんも白鳥に遭遇してたのですね。やはり水に浮かぶ白鳥は美しく絵になりますね!ワカサギ最終、素晴らしい釣行になりましたね。臨場感たっぷりのレポートで自分も釣っている気分になりました。来年はぜひ行ってみたい釣り場です。それにしても日曜もマクンベツで釣っていた人がいたとは驚きです。土曜もやばいなあと思っていたのに・・

2009/03/23 (Mon) 23:34 | EDIT | REPLY |   

ちょげ  

>sinさん私が見ていた場所から、次々と八幡の水田地帯へ向かって飛び立っていきました。朝夕をこの水場で羽休めをし、日中は水田地帯で食事をしているのかもしれません。>temokoroさん全て300mmです。3枚目の”白鳥だ!”の写真、この写真はフォトショでガッツリと弄っています。スミマセン m(__)m(今後、弄った写真には正直に”加工済み”と付けときます)他の写真はちょっとだけ補正掛けてます。D200ってカメラは”撮ったままの画像”だと自分の思っていた色とかけ離れていることが多々あります。靄が掛かったような、暖色系の色が付いたような写真になってしまうので、無処理だとプリント出来たもんじゃないんです。PCに取り込んでから、少なからず処理を施しています。>rockyさんrockyさんも遭遇されていたんですね。日曜日は3~4組居ました。テント2張り、露天1人、そしてカタツムリ1匹!今シーズン、翔さん含めカタツムリは4匹まで確認していましたが、日曜日に見たカタツムリは黄色の新種でしたw

2009/03/24 (Tue) 09:26 | EDIT | REPLY |   

マロニエ  

あいかわらず 素晴らしい画像をものにしてらっしゃる おみごとです このあたりはライトプレーンの草原の滑走路の近所ですね 川の流れに漂っている水鳥は 放って置いても下流に流されます それを戻ろうとして しばらく行くと もといた上流へ移動するかもしれません 白鳥はこんなところに結集するんですね 田んぼでエサをとっているところもなかなかです

2009/03/24 (Tue) 10:28 | EDIT | REPLY |   

ちょげ  

こんにちはそうです、ライトプレーンの滑走路の下流になります。底から八幡・高岡の田んぼへ飛んで行って餌を食べているんでしょうね。

2009/03/25 (Wed) 15:32 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply