氷が溶けたあとに残されたもの

 毎週、暇さえあれば氷上ワカサギ釣りで賑わった、

茨戸周辺の釣り場を見に行っている。

昨日、まず真勲別川に行ってみた。

 

 もうすっかり氷は無かった。

 

次に生振大橋に行ってみると

水門付近は開いているけど、まだまだ氷がある。

さすがに乗ることは出来ないけどね。

 

この2箇所を見て思うこと。毎年思うんだけど、

生振大橋付近はゴミが多過ぎ。

明らかに釣り人が捨てたゴミ。

弁当、ペットボトル、缶、

練炭、炭の燃えカス、

仕掛けの包装など。

何に使ったのか大きな段ボール箱が

氷上に放置されている始末。

自分の出したゴミぐらいはさ、持って返れよな。

最低限のマナーだろ。

 

 

 

 

 

さぁて、 

氷も無くなったことだし、

そろそろボートでワカサギ釣りをやってみるかな。

 

 にほんブログ村 釣りブログへ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑
クリックお願いします

スポンサーサイト
  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments 0

Leave a reply