茂平沢の溜め池

日曜日の早朝、例の如く行き先を決めずに適当に車を流した。
適当にと言っても、大体は石狩~高岡~当別方面なのだが。
いつも道道81号線に入ってから、その日の行き先が決まるような気がする。

「材木川側から高富ダムへ出てみよう」なんて思いながら車を流していたのだが、
高富方面へ左折する交差点で停車した時に、

「茂平沢の貯水池も見たいなぁ・・・」

なんて思いが脳裏を過ぎり、曲がらずにそのまま直進、弁華別方面へ。

弁華別郵便局裏の当別川に架かる橋を渡って、すぐ左手の残土処分場?の溜め池?に白鳥が羽を休めていた。
数えてみると120羽くらい。
北生振や高岡、この辺りの貯水池にはホントに白鳥が多いね。
この春、白鳥の写真を結構撮ったけど、羽を休めてたり、摂餌してる白鳥ってなんかツマラナイ。
私は飛んでいる姿が一番美しいと思う。
当blogのバナーに使っている写真、コレはかなり気に入っている。(撮影地:北生振の農業用貯水池)

茂平沢貯水池へ向かう。
右折すれば貯水池方向のT字路で停車したときに、
「このまま真っ直ぐ行ったら当別川の築堤に出れそうだな」なんて思いが・・・

曲がらずに直進し、当別川左岸側を進んでみた。

まず最初に農業用取水堰、雪代の濁流。(この川は通年濁っているが)

柳の花芽

取水堰を後にし、上流へ進むと山側には荒れ地と牧草地。
牧草地の向こうに貯水池らしきものが見えたので、車を止めて行ってみた。

急斜面を攀じ登り、攀じ登った途端、
バサバサバサァー! とスゴイ羽音と共に水鳥達が飛び去った。(ビビッタw)
マガモが20羽位だったかな。

小さな貯水池、というか溜め池だな。外周を歩きはしなかったが、特に生き物は見られなかった。

車へ戻り、さらに上流を目指す。
がしかし、日当たりが良くないのか残雪が多く直進不能。
(ビッグホーンならガシガシと入って行くのだが、まだ入れ替えたばかりの綺麗な状態なので・・)
仕方なく車を止めて歩く。

200メートルくらい歩くと、また山側に貯水池らしきものが。
水鳥を驚かせない様に静かに歩を進めた。

貯水池の水面が見える辺りまで来たら、やはり水鳥には気付かれた。
飛び立つ前にパチリといきたかったのだが・・・。
ココにいたのはマガモではなく、オシドリ! 番いだったような・・・。(あぁ~、撮りたかったort)

こちらはさっきの溜め池より若干大きいかな?特に生き物は見当たらない。
植物もフキが顔を出している程度。

もう少し歩こうかとも考えたが、時刻は7時を回ってしまったので、ここでタイムアップ。
8時迄に帰らないとマズイので、後ろ髪を引かれる思いを断ち切り、急いで帰路に着いた。

 

 



残雪の無くった頃にまた来ようっと♪

 

 

にほんブログ村 写真ブログへ

スポンサーサイト
  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments 0

Leave a reply