ガトキン裏防風林前でワカサギ釣り 08/01/14


【ガトキン裏防風林前】

1/14、成人の日は妻が仕事なので、私が子守りです。

前日の1/13、札幌は大荒れの天候で、終日吹雪いていました。

13日の晩(子供達を寝かしつけた後)から、14日朝の妻が出勤時刻の8時迄は、私がワカサギ釣りに行っても許される(?)時間です。

14日午前0時、外はまだ吹雪いている、とてもテントを設営できる状態ではない。

風の強弱は、窓から見える近所の大きな公園に生えているシダレヤナギの枝を見て判断しています。

だらだらと深夜番組を見る。

午前1時、まだ吹雪いている。風が治まる気配はない。

また、だらだらと深夜番組を見る。

午前2時、幾分か風は弱まったようだ。行くか行かないか迷い始める。

だらだらと深夜番組を見ながら、迷っている優柔不断な私。

午前2時半、窓の外を見ると、雪が真下に向かって降っていた。風が止んだ。

 

『ヨシッ、行くべ!』

荷物はもう車に積んである。暖機もせずに車を走らせた。

住宅街を抜け、自宅から一番近い釣り場の生振大橋辺りに出ると・・・、猛吹雪OTL

『アレッ?、風止んでないじゃんw』

すんごい風、とてもじゃないがテントなんて建てられない。

それでもテントが一張り見える。この強風の中、釣っている人がいた。

『アイツ、ばぁかでないのw』 なんて思ったが、私もそのばぁかの一人だ・・・。

 

ココは無理だと判断し、とりあえず真勲別 へ向かう。

まぁ、生振がこの風なのだから、真勲別はもっと酷いと分かっていたが、一応行ってみた。

道中、吹き溜まりに何度もハンドルを取られながらも走り続けた。

真勲別へ到着。案の定の吹雪、というより地吹雪!

釣り場への入口が、吹き溜まりで完全に塞がれていた。(吹き溜まりの高さが約150センチ)

当然、ココも無理である。

 

で、困った時はアソコしかない。ガトキン裏防風林前だ!

以前にも書いたが、真勲別や生振大橋が西、又は北西の強風に吹かれている時でも、

この場所は背後の防風林(西側、右岸側)のおかげで、風が弱まるのでテントの設営が可能となる。

午前3時過ぎ、ガトキン裏防風林前到着。

築堤上に立つと風は強く感じるが、氷上まで降りると殆ど風はない。

『ヨシッ、やるべ』

午前3時半、当然、誰も居ない。

氷厚は約20センチ、水深は約3メートル。

まぁ、ポツポツとだがアタリはある、しかし入れ食いはない。

タナがイマイチ掴めないので、仕掛けを連結してみた。針はF1の1号。

やはり、表層に掛かるものが多いみたい、ランタンの光に釣られて表層へ集まっているようだった。

 

午前7時、外がガヤガヤとし、他の釣り人達が続々と氷上に降りてきた。

7時半までに家に帰らなければならないので、ココで終了とした。

 

釣果は3時間半で、86匹・・・OTL

真勲別ほどの釣果は望めないと分かっていたが、コレではなあ・・・。 (釣果の写真撮り忘れました、スミマセン)

 

今シーズンに入っての釣果は、412匹/4回・・・OTL

やはり、【朝マヅメの時間帯に釣りができない】ってのが、イタイ。

昨シーズンは妻が育児休暇中であったため、週末の午前中一杯は釣りに集中できた。

今シーズン、妻は仕事復帰し、週末の日中は子守りをしなくてはならないので、

朝マヅメのベストな時間帯(夜明け~10時頃)に釣りができず、夜釣り中心に。

コレは本当にイタイ。

 

昨シーズンの565匹/日を超えることは、もう無理なのだろうか・・・。

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ワカサギ釣りへ

00.5

スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply