FC2ブログ

Welcome to my blog

ちょげ

ちょげ

3/25~26で朱鞠内湖遠征してきました。

【1日目 3/25(月)】

午前1時に出発、R275を北上する。
道中、吹雪。

20190325 (1)
なんまら降ってるんですけど・・・

現着は4時頃。
朱鞠内の町の手前にあるPで仮眠を取る。

5時過ぎに起床し、朱鞠内湖へ向かう。
受付を済ませ、荷物を降ろし向かった先は二股奥。


20190325 (2)
・・・って、何にも見えねえよ(笑)
湿った雪が横殴り気味に降っている。

見えるのは湖面に突き刺さった赤旗の竹竿と、積雪の下に薄っすらとモービルの轍の跡のみ。
積雪は30センチ以上あったんじゃないかな?
スノーシューを履いていても歩くのが大変なほど。

薄っすらと見える轍の跡を頼りに二股奥を目指す。
なるべくなら最短ルートで行きたいのだが、
轍の跡を踏み外すと雪が深くてソリが曳けない状況、遠回りでもモービルの轍上を歩くしかなかった。

30分以上掛けて二股奥に到着。
竹竿の刺さる古穴一つ一つに振動子を投入してサーチする。

この作業ですらシンドイくらいの積雪量、もう勘弁してくれ。

3つ目に見た穴の反応が素晴らしく良かった。
二刀流 + 魚探用の穴がトライアングルに丁度良い配置で開いている、この穴を使わない手はない。

雪を除けて整地する。
するとサシのオガクズがわんさかわんさかと出てくる。
古穴の中もオガクズだらけ・・・

”オガクズだから自然に帰るだろう”とか思っちゃってるんだろうか?
朱鞠内湖のように古穴再利用がデフォの釣り場でコレをやっちゃあダメだろ?

次にこの古穴を使う人の身になってみろよ、ホント頭にくるわ!



20190325 (8)
さて、整地が終わってテントを設営。
風が強まる予報なので、ペグダウンをしっかりとし、テントのスカートにもどっしりと雪を載せた。

マナスルに火を点し、魚探を見ながら準備する。

20190325 (4)
コレはヤベー奴だ、魔界狙えるだろ?


テントの外は湿った雪の吹雪。
テントに吹き付けた雪は生地に留まり、融けて流れる。


電動二刀流で魔界を目指す。
事前情報として今季の朱鞠内湖のワカサギは当歳魚が多いと聞いていたので、
仕掛けは狐の0.5号でやってみる。


20190325 (3)
だいぶ時間が掛かってしまったが、9時前にスタート。

手返し優先の捨て錘仕掛けで行きたかったが、穴の真下にストラクチャーか?
仕掛けを落とす度に捨て錘が引っ掛かる。

コレではダメだと思い、本錘1.5号の宙釣りで行く。


20190325 (7)
順調にポンポンと釣れる。
今日はイケる!と思っていた。

















おかしい。



頭痛がする。



熱っぽい。


悪寒がする。


聴力がおかしい。
マナスルの轟音が気にならなくなり、キーンというかツーンというか
無音の状態の時に聞こえる耳鳴りがする。


風邪かなぁ・・・

風雪に体を濡らしながらテントを設営したし、前日も車庫に籠って遠征準備していたから
風邪を引いたんだろう。




でも、やっぱ変だ。

エサの交換が思うように出来ない。
サシと鈎は摘まめるが、サシに鈎を思うように刺せない。

明らかにおかしい。


一酸化炭素中毒ではないよな・・・。
ストーブを焚く際はどんなことがあろうとも、テントのベンチレーションとメッシュ窓は開けて
通気するようにしている。

換気は出来ているはずだ。

20190325 (5)
1時間目で127匹釣ったところで
mitsuさんから 『朱鞠内ですか?』 とLINEが入った。

良いポイントに入れたことと、自分の体調が良くないことを返信した。

『体調が優先ですよ』
『それ熱があるんじゃないですか?静養して下さい』
『無理しないで下さい』

と、たくさんのお気遣いを頂いた。

『無理をしないで下さい』 の言葉で納竿する決心がついた。

20190325 (6)
150匹で終了した。

片付け作業が思うように出来ない。
仕掛けを台紙に綺麗に戻そうとしたけど、手元がおぼつかず元の状態に戻せない。

テント内の荷物を片付けるだけでも大変だった。

テントの外に出る。

足元がおぼつかない、体がふらつく。

両膝をつかないとペグを抜くことすらできない。


何とか荷物をまとめたが、とても自力で歩いて帰れる状態ではない。

20190325 (9)
漁協に電話し、体調が悪くなった旨を伝えてスノーモービルを手配し、車へ戻った。



荷物を車に積み込み、車内でしばらく休んだ。少し楽になった。

風邪ひいたんだろうな。
風邪薬を買って、温泉で体を温めてたくさん眠れば大丈夫だろうと思っていた。

ドラッグストアで風邪薬と栄養ドリンクを買い、温泉に浸かって十分に体を温めた。
体調はだいぶ回復し、風邪薬が効いてるんだと思っていた。

一晩眠れば大丈夫だろう・・・そう思いながら、20時過ぎには眠りについていたと思う。








この時のテントの状況、体の異変など、
今となって思い返してみると、明らかに一酸化炭素中毒になっていたんだと思う。


この時のテントの状況が一酸化炭素中毒の原因だと思われるので、その時の状況を以下に記す。

① 湿った雪が横殴りにテントに吹き付ける状況だったこと。
② テントのベンチレーションは開放、メッシュ窓も半開になっていたこと。
③ テント内は十分に通気されていると思っていたこと。

湿った雪が横殴りにテントに吹き付けていた。
吹き付けられた雪はサラサラとした状態ではなく、湿った状態なのでテント生地に張り付く。
湿った雪がベンチレーションのメッシュ及びメッシュ窓に張り付き、テント内の温度が高いため融ける。
融けた水滴はテント生地なら流れ落ちるが、メッシュ生地では流れずにメッシュの網目を埋めて行く。
水で濡れたメッシュ部は通気性を遮断し、結果テント内は密閉状態になり一酸化炭素濃度が上昇していった。

こういう事だったのだと思う。

ベンチレーションやメッシュ窓が開いているからといって安心できない事を痛感しました。
一酸化炭素警報器は必要ですね、来季までに購入しておきます。

シーズン終盤の湿った雪の状況下でのストーブの使用は十分にお気を付け下さい。


また、mitsuさんからのLINEが入らなければどうなっていたか分かりません。

mitsuさん、本当にありがとうございました。




2日目、最終戦に続く


にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ ワカサギ釣りへ




スポンサーサイト



最終更新日2019-03-27
Posted by

Comments 22

There are no comments yet.
hairkids店長  

うへぇ~~・・・快釣記事だと思っていたら大変な事が・・・。

追加原因で背が高いから頭部がテント上部にくる・・・も追加じゃないですか?(爆

つづき楽しみです。

2019/03/27 (Wed) 12:08 | EDIT | REPLY |   
miya  
No title

LINEのやり取りで風邪では無いか?という事で一段落してたのですが、やはりそうだったのですね。
危ないところでしたね。

2019/03/27 (Wed) 12:35 | EDIT | REPLY |   
シャンク  
No title

無事でなによりです。
LINEもらった時は少し休んで体調が少し回復した時だったんですね。

一人釣り業の時は要注意ですね。

2019/03/27 (Wed) 13:46 | EDIT | REPLY |   
ちょげ  
To hairkids店長さん

快釣記事はもう少しお待ちください。
座高が高いので追加します(笑)

2019/03/27 (Wed) 14:17 | EDIT | REPLY |   
ちょげ  
To miyaさん

御心配お掛けしました。
miyaさんの御指摘通りでした。
猛省しております。

2019/03/27 (Wed) 14:19 | EDIT | REPLY |   
ちょげ  
To シャンクさん

LINEでのやり取りの時は、長湯し過ぎてのぼせていた時でした(笑)

窓を閉め切らずとも密閉空間になりうることがある・・・
コレは皆さん注意して欲しいですね。

2019/03/27 (Wed) 14:23 | EDIT | REPLY |   
mitsu  

自分のワカサギ釣りは終了したけど何となく気になってLINEしました。
やり取りした感じ多分熱があると思い静養を勧めました。
朱鞠内まで遠征して1時間で中止は残念だけど無事で何よりでした!
二日目に期待します。

2019/03/27 (Wed) 15:00 | EDIT | REPLY |   
まこと  
No title

大事に至らなくて何よりでした。
私もワカではないですが、一酸化炭素中毒の症状で動けなくなったことがあり、その時の症状に酷似しています。
ベンチレーションなどの有無に囚われず、常に用心しなくてはなりませんね!

2019/03/27 (Wed) 16:05 | EDIT | REPLY |   
ギーノ  

自分もありましたよ~、、何か心臓がバクバクして??
何か変だな~と!体調が悪いな~と!
「ガスストーブ2台焚いてました」・・・(^▽^;)
ふと!煙草に火を付けようとしても、ライターが点きませんでした??
「酸欠かな?」と!ファスナー開けたとたんにストーブが燃え出して、、
やはり酸欠になってましたね!!
湿り雪は特に気を付けないといけませんね・・・(^▽^;)

2019/03/27 (Wed) 21:14 | EDIT | REPLY |   
ほぉすけ  
No title

酸欠か一酸化炭素かどっちかでしょうけど、やっぱり雨や湿った雪は危険ですね。(^^;)
私もそんな天気の時は入口をがっつり開けてます。
体調変化のサインは重要なので、ワカで不調を感じたらまずそっち方面を疑うに越したことは無いですね。
大事が無くて何よりでした。。

2019/03/27 (Wed) 21:28 | EDIT | REPLY |   
マチャアキ  
No title

25日、会長からちょげさん朱鞠内で風邪ひいて一時間で撤収したと聞いてましたが、まさか一酸化炭素中毒だったとは!
僕もテント入手した年、茨戸に初めて行きコンクリート養生用の煉炭を貰い、テント内で焚いてました。
換気は十分していたつもりだったのですが、なんだか生あくびが出始め、かるいめまいとふらつきが出たのですぐ外に出て釣りを止めた経験があります。
無知って怖いですね。
それ以来煉炭はやめました。
今思えば自殺行為そのものですね。

2019/03/27 (Wed) 21:41 | EDIT | REPLY |   
なかじ  

私もマナスル焚いて換気は十分だと思っても、しょっちゅう鳴ります。
結構喧しいので、スピーカーにコーキングしてますが、まだうるさいです。
警報機は高い物ではないので。お勧めしますよ。

2019/03/27 (Wed) 21:45 | EDIT | REPLY |   
マメたろう  

無事でなによりでした。

砂川のオアシスパークでも何度か事故起きてますよね
今年もなんだか騒いでましたが・・・

わたしも怖いので 使っています ただ中華製のもやたら鳴るオオカミ少年的なのもあり 誤作動も怖いので(笑)
国産品使ってますよ。 

2019/03/28 (Thu) 00:06 | EDIT | REPLY |   
ちょげ  
To mitsuさん

今回は本当にありがとうございました!
あのLINEがなければ、”たった1時間でやめてたまるか!”
と釣り続けていたと思います。
その分、2日目は燃えましたよ(笑)

2019/03/28 (Thu) 11:28 | EDIT | REPLY |   
ちょげ  
To まことさん

自分が一酸化炭素中毒に陥ることはないだろうと
慢心していました。
今回を機に十分に用心します。

2019/03/28 (Thu) 11:31 | EDIT | REPLY |   
ちょげ  
To ギーノさん

酸欠もあるんですね。
テント内で火を使うこと自体、御法度なのですが
ワカサギ釣りではそれが当たり前になっている事には
十分注意しないといけないですね。

2019/03/28 (Thu) 11:34 | EDIT | REPLY |   
ちょげ  
To ほぉすけさん

テントのメッシュ部が目詰まりすることは想定外でした。
この失敗により、雨や湿った雪が危険であることを
知らしめることが出来たかと思います。
以後十分に気を付けようと思います。

2019/03/28 (Thu) 11:40 | EDIT | REPLY |   
ちょげ  
To マチャアキさん

私も初期の頃はテントで練炭ストーブ焚いてました(笑)
場所移動する際、練炭ストーブを点けたまま車に載せて移動したこともありました(爆)

”換気しているつもり”ではダメなんでしょうね。
その辺の対策も今オフに考えてみたいと思います。

2019/03/28 (Thu) 11:45 | EDIT | REPLY |   
ちょげ  
To なかじさん

警報器は絶対に購入します!
スピーカーにコーキング、なるほどですね。

2019/03/28 (Thu) 11:49 | EDIT | REPLY |   
ちょげ  
To マメたろうさん

毎年、どこかで事故は起きてますね。
今回は事故当時者にならずに済んでホッとしています。
基本、単独釣行なので、国産品のしっかりとしたものを購入しようと思います。

2019/03/28 (Thu) 11:51 | EDIT | REPLY |   
ぷーお  
No title

助かって良かったですね。
私もこの記事の体験を教訓といたします。
m(._.)m

2019/03/28 (Thu) 13:04 | EDIT | REPLY |   
ちょげ  
To ぷーおさん

十分に注意を払っていても
こういう事は起こりえるんですよね。
お互い注意しましょう!

2019/03/29 (Fri) 16:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply