ヘッダー画像

プロフィール

ちょげ

Author:ちょげ

FC2カウンター

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

 
    
            

小出しにワカサギ自作道具 その3~5

2016/01/03
category - ワカサギ自作工房
コメント - 6
                         
あけましておめでとうございます
本年も宜しくお願い致します

ホントは 小出しに~ ではなくて、
『新兵器 ●●電動リール導入!!』みたいなタイトルで書きたいんですが、
まだまだ届かないんですよねぇ・・・
ブログではクリスマス頃納品だったのが、年内に納品とかわり、
最終的には正月過ぎに納品と変わってました・・・。


明日(1/4)、開幕戦を予定しているので 『小出しに~』は今回でお終いにします。

settate708_1145 (2)
小出しにワカサギ自作道具を3つまとめて行きますよ!



その3 たたき台

ギター足台流用のたたき台、高さ不足が難点。
びよ~んって伸びるトランスフォームロッドレストなんかが買えれば言うことないのですが、
今季はもう無理、懐がスッカラカン。

でも、少しでも高さを稼げないかと考えながら
ダイソー店内を物色していたところ、
これなんか使えるんじゃないの?ってブツが目に留まった。

たたき台708_1148
プラのツールボックス。
大きさ的に足台とほぼ同じ、高さの嵩増しにちょうど良さそうだと即購入。

まずタタキのショックを吸収すべく、フタの上に厚さ10mmの糊付きスポンジゴムを貼り付ける。
ツールボックス高100mm+スポンジゴム10mmで、足台の上にプラス110mmの高さを確保。

このツールボックスをただ乗っけただけでは、ポロリと落ちることが目に見えているので

tatakidaiautemn708_1152.jpg
裏にステンプレートを両面テープで貼り付け、ネオジム磁石で足台にパチッとくっつけます。

100kin708_1149.jpg
ツールボックスなので中に小物が入ります。
電動リールの電池ボックスを入れて、外部電源コードが通る穴を開ける予定。
一応、電動リール専用ケースとして活用する予定(電動本体が無いので収納出来るかは不明)



その4 バッカン用アクリルカバー 

釣ったワカサギを入れる容器は、バケツやプラケース、ワカサギ用スカリなど
人それぞれで色々とあると思いますが、
私は収納性、容量、扱い易さなどでバッカンを利用しています。

GF-3の購入を機に、釣り座が椅子に座って釣るスタイルから、
発泡の敷物に胡坐をかいて釣るスタイルに変わりました。
腰痛持ちの私にとってこの選択は厳しい(有得ない)選択でしたが、
少しでも上手くなりたい、釣果を伸ばしたいという一心での決断です。

な~んて偉そうに書いてますが、全てほぉすけさんのパクリです(笑)
上手い人の技術、道具を真似るのは上達への近道。

発泡の敷物に胡坐をかいて座り、体の真正面にバッカンを据える。
敷物の両脇にたたき台を置き、バッカンの両脇に釣り穴が来るように配置する。
二刀流ならこの配置がベスト、手返し優先のベストな釣り座だといえると思います。

しかし、バッカンに少しだけ難点があります。
フタなどの飾りの無い、シンプルなバッカンを選択しているのですが、
それでも構造上の縫い目や取っ手紐の通し穴等があるため、
そこに仕掛けや針が引っ掛かるんですよね。
細心の注意を払っていても、やはり時々引っ掛けてしまう。
このライントラブルが手返し悪化につながり、結果、釣果を左右してしまう。
ならば、縫い目なんか無いバケツやプラのゴミ箱なんかを使えば良いんじゃないの?となりますが、
バッカンの最大利点、収納性が損なわれてしまっては元も子もありません。

この縫い目さえ隠せれば万事解決!なので、縫い目部分をカバーします。
縫い目さえ隠せればなんでも良いんです。
なんでも良いんですけどね、ほぉすけさんがアクリルで作っていた様なので真似てみました。

製作工程の写真はありません。スミマセン。

アクリル板を曲げるには、専用のアクリル曲げヒーターを使うときれいに曲げられる様だが、
ヒーターやら熱コントローラーなどを揃えたら軽く10kを越えてしまう。
これだけのためにそんなのを買ってらんないので、アクリルの曲げ方についてネットで検索。
お金の掛からない色々な方法が見つかり、
その中でも一番簡単そうな、ホットプレートで曲げる方法を試してみた。
ホットプレートを200℃まで熱し、アクリル板を近づけて、
アクリルが軟くなったら折り曲げるというシンプルな手法。

akriru708_1155.jpg
アクリルが軟らかくなった状態を見計らって、エイヤっと曲げる。
結構グニャグニャになります。
曲げが足りなければ、また熱し、形を整える。

akurubakann708_1154.jpg
完成。
多少歪んでますが、使用には問題なさそう。
バッカンの厚みに合わせて曲げているので、縁にピッタリと嵌り
水を張らなくてもバッカンが自立します。



その5 背負子の改造

昨季導入した背負子、sinさんからアドバイスをしていただいて改造。
イレクターで荷物収納スペースを増量、
さらに背負子自体が自立するため、とても快適に使えていました。
1000IMGP0171.jpg
しかし、釣行前夜の突貫工事で有り合わせの材料で製作していたため、
造りが粗かったことや、背負子の自立に若干の不安があったため、開幕前に改良を施しました。

asiiKIMG5003.jpg
先ずはフレームを新たに組みなおして増強。

KIssMG4999.jpg
さらに脚をつけてみました。
この脚が肝!

KasiIMG5004.jpg
氷上の雪にサクッと突き刺さり、安定感が増す!  筈。
ちょっとやそっとの風では倒れない! 筈。


以上、今季製作した自作道具でした。


正月休みは飲んで喰っての、だらけた寝正月になってしまいましたが、
明日、満を持して ’16 ワカサギシーズンを開幕します!
釣り場はまだ決まってません。
氷の状態、釣況などを考えると、釣り場はかなり限られてしまいます。
札幌近郊は厳しそう。
プチ遠征か遠征か・・・

さぁて、どこに行くべかぁ



にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ ワカサギ釣りへ

スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント

明けましておめでとうございます♪
背負子の斜めに付いているジョイントがものすごく気になりますね~
きっとちょげさんのことですから面白い使い道がありそうですね(^-^)
バッカンカバー・・・僕はバッカンではないのですが ほぉすけさんのを参考(パクリ)に
100均の薄いまな板を熱で曲げて使っています(笑)

あけましておめでとうございまーす
ついに今年度のシーズンINですね~

自分の初釣りは8日、外房にヒラメ行ってきまーす

ちょっと遅かった~~
ちょげさんsinさんの記事を参考に昨日改造しました
ちょげさんより10cm以上背が低い私ならこれで十分だと思い
既存のフレームの棚に成るパイプを外し15cm延長しました
しかし私の身長でも置いた状態で背負うのは無理でした
私も今日の釣行に間に合わせる為の短時間作業だったので時間があれば再度改造します!

明けましておめでとう御座います。今年も宜しくお願い致します。(^-^)
新リール以外は準備万端ですね。(笑)
あのバッカン&アクリルは当時は結構考えた末の答えだったのですが、あれから何年か使って色々考えてみても、携帯性・性能共になかなかこれを上回る品物が思いつきません。安いですしね。。。
因みに私は部屋で焚いてるストーブで炙って曲げました。(笑)

今年もよろしくお願いします(_ _)
新リールなかなかな届かないのですね><
届き次第出発できますね^^金山へでしょうか?(笑

ブログ共々、本年も宜しくお願い致します!

>鯉ワカさん
斜めのジョイントは気にしないで下さい。
縦の支柱を接着していないため、
余り物のパーツでずれない様に支えてるだけです(笑)

>USUさん
いよいよ始まりました!
幸先良いスタートが切れましたよ。
4月に東京へ行く予定なので、
ワカサギ釣り道具の充実している釣具屋さんを紹介して下さい!

>mitsuさん
背負子の改造もなかなか面白いですよね。
ただ、アルミフレームとイレクターパイプの連結部分に
相当な負荷が掛かっていると思うので、
いつかポキッと折れて折れてしまうんじゃないかとヒヤヒヤしてます。
フレームの強度を増すことより、荷物を減らすことが重要ですね。

>ほぉすけさん
新リールが来ないんですよ・・・。
これが来ないのでイマイチ気が乗らず、寝正月を決め込んでました(笑)
去年までは100均のまな板を折り曲げて使っていたのですが、
今日の釣行でアクリルの良さが良く分かりました。
魚を外す際、指で弾いて外れない時に
アクリルの曲面に軽くあてがってやると、スルッと外れる。
これがなかなか効果的でした。

>towaさん
ウズウズウズウズウズして過ごしています。
何時になったら届くのよ~~~~!!!
新リールの初戦は水深のあるところでやってみたいですね。
今時期なら10超の金山かな。