続・マナスルヒーターを自作するぞ!

勤労感謝の日、愛娘とデート~♪ ではなく、お買い物の運転手を。

某ショッピングモールでマフラーやら何やらをぶらぶらと見てる。

『パパ~、あれ買ってぇ~♪』 等と言われることはまず無く、
『(邪魔だから)どこか別の所にでも行ってれば?』 といつも通りの冷たいお言葉を頂戴する。

こんな時は決まってDIYコーナーのワゴンセールを見て暇潰しをしてる。
DIYのワゴンセールって宝の山ですよね、大好き(笑)

そんな中、あるブツに目に留まった。

コレは・・・・・・・・イケるんじゃないの?

1-708.jpg
色々と買って ¥830也

2-708.jpg
で、目に留まったのがコイツ  流し台ゴミ受け ¥108
ステンレス製でこの形、もうアレを作りなさいと言ってるようなもんでしょ。

消え掛かっていた製作意欲の炎がまた メラメラと!

さあ、一気に作りますよ!

3-708.jpg
コレが流し台ゴミ受け、

4-708.jpg
コレを二つ重ねるとこんな感じ、イイねぇ。

7-708.jpg
で、コイツにバーナーヘッドが通るくらいの穴を開け、

8-708.jpg
ドリルに砥石を付けて形を整える。

9-708.jpg
こんな感じで良いだろう。

10-708.jpg
穴を開けた方(下部)、穴を開けない方(上部)にそれぞれステンのコイルを装着。

11-708.jpg
もう一つ、小さいコイルを追加する。
水回り用品コーナーにあったステン製の給水座金(¥50)に小径のコイルをセット。
この座金を付けることにより、上方向の炎が横にも広がるんでないかと考えた。
武井の301にも、確かこんな様なのが付いたんじゃないかな?

12-708.jpg
ステンのコイルを3本装着し、流し台ゴミ受けを重ねて仮止め。

13-708.jpg
とりあえず試作機出来ました。
大きさは前回の自作ヒーターが約125ミリであったのに対し、今回のは約85mmと一回り小さめ。


では燃焼テストです。

15-708.jpg
径が小さいのでバーナーの炎がほぼ全方向に直接当ります。

16-708.jpg
座金の効果アリです!3本のコイル全てが真っ赤っかになってる。

17-708.jpg
コレは暖かいぞ!

18-708.jpg
でも、コイルは赤く変色したけど、外側はあまり赤くなってない。
コールマンの遠赤ヒーターアタッチメントの様にはならないのだろうか・・・



そこで取り出したるは、

19-708.jpg
ワゴンセールでゴミ受けと一緒に買ってきたΦ0.35mmとΦ0.50mmのニクロム線!
コイツでコイルを作り直します。

20-708.jpg
因みにコイルの巻き方はこんな感じでやってます。
電動ドリルを低速で回してやると上手く巻けますよ。

21-708.jpg
ステンのコイルを全てニクロム線コイルに交換して、

22-708.jpg
試作機Ⅱが完成。

では、燃焼テスト行きま~す!

23-708.jpg
前作よりも細いコイルを仕組んでるので、コイルが変色するのが早いです。


そして・・・・



24-708.jpg
うっひょ~、中も外も真っ赤っかだなや~!

25-708.jpg
コレはかなり熱いです!
輻射熱がハンパないです、タンクが直ぐにアッチッチになります。

暖かさは上出来です。今まで作ってきたヒーターの中ではピカイチです。
ですが輻射熱が強すぎます。
何か熱対策を講じないとタンクがヤバいです。

現段階ではバーナートップに直乗せ状態なので、この上にヤカンやナベは置けないです。
五徳を延長して高くするか、ヒーターを五徳に載せられるように改良しなければならない。
でも、湯を沸かす時だけヒーターをストーブから外せば問題ないかな?
ワカサギシーズン開幕までに何とか仕上げますよ!


午前にワゴンセールで偶然見つけた 流し台ゴミ受けを、

26-708.jpg
午後に一気に仕上げて、試作機とはいえ完璧に近い暖かさのヒーターが出来た。

ワゴンセール様様だ!




にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ ワカサギ釣りへ


スポンサーサイト

Comments 6

鯉ワカ  

これかなりキタんじゃないですかぁ~!!
輻射熱対策は上か横から逃がすか
アタッチメント自体の高さを増すかのような気がするんですが
かの武井が5000kcalの大熱量を
アタッチメントの高さを出して側面を耐熱ガラスで対処していますから
流し台ゴミ受けもう1個分位高くして
下部にはコイルなしでいけそうな気がする机上の空論を妄想中です(爆)

2015/11/24 (Tue) 20:06 | EDIT | REPLY |   

ちょげ  

>鯉ワカさん
ゴミ受けをもう一個追加も良いかも知れませんね。
ワゴンにもう一個あったから押えとくかな(笑)
輻射熱対策としてはタンク自体を箱の様なもので
覆ってしまったらどうだろうかと考えています。
ポンピングに支障のない様なものが作れれば
それでも良いかな・・・。

2015/11/26 (Thu) 09:09 | EDIT | REPLY |   

guinoギーノ  

スゴ~い!!ワゴンセールバンザイ( ^ω^)・・・

2015/11/26 (Thu) 09:18 | EDIT | REPLY |   

miya  

不可能を可能に・・・とはまさにこの事。
ここまでくればタンクの輻射熱対策は如何様にでもなりそうですね。
ただ、こうなると逆にバーナー部がかなりの高温になるので気になりますが(-_-;)

2015/11/27 (Fri) 23:21 | EDIT | REPLY |   

ちょげ  

>guinoギーノさん
ホントにワゴンセール様様です!
出張で地方に行った際も
ホームセンターをハシゴしたりします(笑)

>miyaさん
輻射熱については対策済みです、近日公開致します!
バーナーヘッド、融けないですよね・・・(汗)

2015/11/30 (Mon) 17:38 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/02 (Wed) 06:21 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply