聚富に熊出没中!2 ~追跡調査~ 

7月8日AM5:00、聚富のクマ追跡調査に行ってきた。

とりあえず、7月4日に糞と足跡が発見されたカボチャ畑付近に行ってみる。

歩道上にある糞と、カボチャ畑入り口付近の足跡の写真を撮る。

 
【7月4日に発見された糞と足跡】

アスファルト上の糞はほぼ乾燥していた。 

カボチャ畑と麦畑をカメラに収めていると一台の乗用車が止まり、声を掛けられた。

 Aさん『熊の足跡の写真撮りに来たのかい?』

 Aさん『写真撮りたいなら、クマが踏み倒した麦があるところに連れていってやるかい?』

 私  「!!、是非お願いします!」

 Aさん『今、Kさん(カボチャ畑所有の)と話してくるから、ちょっと待ってれ。』

Aさんは地元で農業を営んでいる方で、周辺の畑を見回ってきたとのこと。

Kさん(カボチャ畑所有者)宅に報告しに来たところで、私にお声を掛けてくれました。

 

Aさんが戻ってきた。

 Aさん『俺の畑行く前に、Kさんの麦畑にある別の糞を見せてくれるっていうから行ってみるべ。』

 私  「!!、 あ、ありがとうございます、よろしくおねがいします!」

4日に発見された糞とは別の場所にクマの糞があり、それを案内して頂けるとのこと! これは超ラッキー!

 Aさん『俺の車さ着いて来い。』


【Kさんの麦畑脇を進む】

現場へ到着、 Kさん『ほれ、これだぁ』


【踏み倒された麦】

トラクターのタイヤ跡ではない。鹿が通った跡でもない。

麦は根本から折れ曲がり、真っ直ぐ、途中で方向を変え、また真っ直ぐ進んでいた。

 Kさん『もうちょっと奥に行ったところにまだ新しい糞があるんだ』

クマが踏み倒した麦の上をKさん、Aさんの後に続いて進む。

クマは一度沢を下り、そして向こう側の麦畑へと進んだようだ。


【左の麦畑から沢(中央)を通り、右の麦畑へ移動したと思われる】

沢から上がってきたクマはその場で糞をした。


【沢(右)から上がって麦畑に入る前にココで糞をした】


【クマの糞、まだ十分に湿っていた】

R231の歩道上にある糞はだいぶ乾いているが、この糞はまだ十分に湿り気があった。

これが新しい糞なのか、7月4日の糞なのかは今のところ不明である。

歩道上の糞はアスファルト上であり、日中は路面温度が上がるのでアッという間に乾いてしまう。

一方、こちらは草の上で、蕗や草、麦の陰になり乾き難い状況なので、4日に排泄されたものかも知れない。

が、もしかすると新しいものかも・・・・。

Kさんの了解を得て、クマの進んだ麦畑の中を追跡する。


【Kさんと踏み倒された麦畑、足下付近に糞がある】


【R231方向を望む、中央奥に沼がある】

クマは麦畑の中を真っ直ぐに、時にジグザグに進み、上の写真中央奥にある沼の側まで続いていたが、

そこで足跡を見失ってしまった。

 

Kさんに深々とお礼をし、Aさんの麦畑へ向かった。

Aさんの畑は、Kさんの麦畑の奥にある大小の2つの沼を挟んだ山側にあるという。

 


【奥の沢(林)から手前に向かって続くクマの踏み跡】


【農道を挟んで麦畑へ進入し、沼付近(緑帯)を通って、Kさんの麦畑へ進んだと思われる】

奥の林(沢)から真っ直ぐに、時に方向を変え麦を踏み倒して進んだ踏み跡(写真上)がハッキリ解る。

農道を挟んで再び麦畑に進入し、Kさんの麦畑へ向かって進んだものと思われる。

 Aさん『あんた、仕事で来てるんかい?』

 私  「いえ、趣味で時効になった事件を・・・w 写真撮りながら石狩の自然観察をしてるんです」

 Aさん『ふ~ん。朝早くからご苦労さん。』

 Aさん『誰に聞いてきたの?役場かい?』

 私  「インターネットでクマが聚富に出たという情報を得まして。」

 Aさん『パソコンのことは良くわかんねえけど、このクマのことをいろんな所で宣伝してくれないかい。』

 私  「わかりました。私のホームページ(ブログと言っても解らないだろうから)で今日のことを記事にして

     多くの人に伝えます!」と約束しました。一応、私の名刺をお渡しすると、

 Aさん『ふ~ん、環境調査の仕事やってるんだ、趣味と仕事が同じでいいなぁ。

     クマの情報入ったら、連絡してやるからな!』

     『環境の仕事やってるんならよ、無煙浜に沢山山積みになってるゴミの山、アレ何とかしてくれねえかw』

Aさんに深々とお礼をし、ここで別れました。

 

調査再開。

クマが踏み倒した麦畑に入ることはAさんに了解済みなので、山側のクマが麦畑に進入した入口を探す。

麦畑に進入した入口はすぐに解ったのだが、入る手前のルートが全く解らない。


【麦畑進入口(中央)】

麦畑奥の沢(林)から上がってきたことは、ほぼ間違いないと思うのだが、草木を踏んだ跡が全く解らなかった。


【左が畑奥の沢(林)、右がAさんの所有地】


【畑奥の沢】

この沢の所で、クマの通った痕跡を完全に見失ってしまった。

が、今回クマが通ったルートが大体掴めた。

私の考えをまとめると、今回見た麦畑の踏み跡は、7月4日にカボチャ畑で足跡が発見されたクマのものであり、

この日確認した糞も恐らく、4日に排泄されたものだろうと考える。

草上に排泄し、フキや麦の陰にあったため湿ったままの状態で残っていたものと考えられる。

Aさんの麦畑、Kさんの麦畑を通って歩道で排泄し、R231を越えKさんのカボチャ畑へ進入したものと思われる。


【クマ移動経路概要図 実線が踏み跡確認、点線が予想進路、★は糞・足跡確認箇所】

上の図がクマの移動経路と思われる。周辺を隈無く散策したが別ルートは確認出来なかった。

今朝(9日)も現場を見てきましたが、新しい踏み跡は確認出来なかった。

このクマ、今はどこに居るんだろうか?

 

今回、幸運にも畑を荒らされた張本人であるAさんとKさんのお会い出来、現場を案内して頂けるなど、

お二方にはなんとお礼をしたらよいのか、本当に感謝の気持ちで一杯です。

今後もこのクマの追跡をしていこうと思ってます。何か情報が入ればアップします!

 

 にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
左斜め上
クリックお願いします

スポンサーサイト
  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments 0

Leave a reply