ヘッダー画像

プロフィール

ちょげ

Author:ちょげ

FC2カウンター

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

 
    
            

この週末もハゼ釣り

2017/08/28
category - ハゼ釣り
コメント - 4
                         
この週末もハゼ釣りしてました。

金曜の午後、早くに仕事が終わったので石狩より北方面を探索しようとするも

025otaru (2)
西風が強く、時化てます。
日本海が時化たのは久しぶりじゃないかな?

実はこの時化を待っていました。

石狩湾新港の汀線際に溜まっている流れ藻的な藻類を
この時化が一掃してくれるんでないかと・・・土日は期待を持てるかも。

何もしないで帰るのもアレなので、西風でも大丈夫な巨ハゼポイントへ。

なかなか出ずに諦めかけたその時!

025otaru (1)
出たぁ~!


025otaru (3)
20ジャスト。
30upには程遠いですが、それでもかなり太め。
今後に期待です。

土曜日は久しぶりのハゼクラ。

前日の時化で藻類はなくなっているかな?と期待したのですが
全然無くなってないですね、今までと大して変わらない状況。
クランクを曳けば、その都度、藻類が絡みついて来ますね。

026otaru (1)
やっとこさ釣れたのは、こんなカレイとQのみ。
ハゼクラは今後に期待(できるかな?)です。

でもクランクをエサ釣りに変えれば、

026otaru (3)
まあ、そこそこは釣れます。ですが、やはり数が出ません。
石狩のハゼの回復を切に願います。

027otaru-(4).jpg
日曜日は息子と小樽へ。
先週末のハゼ釣り大会後に立ち寄ったポイントでのんびりと釣り糸を垂れます。

027otaru-(7).jpg
釣れますね、小樽は。
石狩に比べるとかなりサイズは小さい目ですが、
コンスタントに釣れるのでファミリーフィッシングには最適かと思います。

027otaru-(2).jpg
この日はすぐ傍で 『ローカルフードチャレンジ2017』 といった食のイベントをやってましたので
昼食はそこでパキスタンカレーなるものを食べました。

027otaru-(3).jpg
美味し!

027otaru-(8).jpg
そして午後ものんびりと。

6年生の息子、そろそろ仕掛け交換などを自分で出来る様になって欲しいなぁ・・・
(お父さんは全然自分の釣りに集中できないんだよ)

027otaru-(1).jpg
10㎝未満の小さなのはリリースして、それでもコレくらいの釣果。
小樽はホントに釣れますなぁ。


にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ ワカサギ釣りへ




                
スポンサーサイト
                
                                      
            

27/30

2017/08/21
category - ハゼ 餌釣り
コメント - 12
                         
8/20(日) MFG 第2回ハゼ釣り大会に参加してきました。

最初に順位を書いちゃいます。

2017mfg (4)
27位でした。30人中の27位。
2匹しか釣れませんでした。
一応、去年の優勝者なんですけどね、まぁ、こんなもんです。

さて・・・

7月にシャローエリアに群がるハゼを目撃し、延べ竿で狙える距離だよなぁ・・・
と、試しに家に有った万能竿で釣ってみたら釣れること釣れること。

 『延べ竿でハゼが釣れる!!』っていうことに完全に味を占めちゃいまして、
渓流竿を2本購入。

江戸前のミャク釣りが、この北海道でも通用するんだ!と錯覚してしまったんですな。
それからはミャク釣り一辺倒になってしまい、ルアーロッドでサビく釣りを一切やらなくなった。

ミャク釣りでハゼ釣り大会を連覇してやる!なんて甘いこと考えていた。

しかし、8月に入ってハゼがシャローから姿を消した。
あんなにワラワラといたハゼが一切見えなくなった。

すげー焦った。
石狩湾新港のありとあらゆる釣り場を駆け巡ったが、何処も彼処もハゼが見えない。
2時間で40匹釣ったポイントも全く釣れなくなっていた。

もう深場に落ちたのか?
いやいや、北海道は寧ろ今こそ海水温が一番高い時期だ。
じゃあ、なんで居ないのよ?


前日まで色々と作戦を練ったんだが、『延べ竿で釣る』 ことに拘ることにした。
延べ竿でミャク釣りでどこまで出来るか、
ダメならダメでいいや、トコトンやってやる!

大会当日は午前4時に小樽で受付をし、高速を突っ走って石狩に戻り、
最初はそこそこの数が期待できるポイントに入ったが、
その場所では1匹しか釣れなかった。

ポイントの移動を繰り返し、
腰までウェーディングして目でハゼを探して何とかもう一匹追加。

この時点で8時半。
11時までに小樽に戻る時間を考慮しても、残りは1時間半程度。
デカハゼ狙いに切り替えて河口ポイントに入るもデカQに遊ばれるだけだった。
小樽に戻らないでこのまま帰っちゃおうかな?と思ったけど、
最初の一匹のサイズが18センチとまあまあ良かったので、
身長賞の淡い期待を持ちつつ小樽へ戻った。

検量に並ぶ列に、ハゼを二匹だけ持ち込むのは切ないもんですなぁ(笑)

2017mfg (1)
人工エサのレクチャーに続き、表彰式、

2017mfg (2)
ジャンケン大会、トークショー・・・
優勝者はマルキューのバッカンとお米を貰ってたのかな?



さぁて、どうすっかね。
時刻は昼を廻ったばかり、
このまま帰ってもアレだし、イソメはごっそりと残ってるし。

じゃあ、小樽で釣ってみよう。

先ずは延べ竿で。

2017mfg (5)
1匹は釣れた。

2017mfg (8)
でもそれっきりだった。(↑スジハゼ)

2017mfg (7)
(↑は何ハゼ?)

場所を移動し、ルアーロッドでサビいてみた。

2017mfg (6)
直ぐにハゼが釣れた。(結構沖目に居るのね)

2017mfg-(88).jpg
ポンポンと釣れた。(石狩に比べると小さめかな)

ルアーロッドでサビく釣りの楽しさ、
鬼アワセでドラグが軽くジィ~と鳴る、去年散々楽しんだこの釣り味を思い出した。

やべぇ、やっぱりこっちの方が(ミャク釣りより)面白いかも(笑)

2017mfg (3)
正味2時間で20匹釣れた。
仮に、小樽で制限時間一杯の7時間を釣ってたとしたら
70匹くらいイケてたのか?(そんなに甘くはないか、負け惜しみは止そう)

敗因はハッキリした。
なんかスッキリした。

でも、





悔しい!







お盆が過ぎ、あちこちでカラフトマスやアキアジの便りが聞こえ始めてますね。
もう、秋なんだなぁ。

秋と言えば・・・

そう、ハゼ!
デカハゼの季節の到来です!

去年なし得なかった 30up を絶対に手にしてみせるぞ!!

とことんハゼに拘ってやる。




にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ ワカサギ釣りへ


                                 
                                      
            

おい、ハゼ、何処へ行った??

2017/08/17
category - ハゼ 餌釣り
コメント - 5
                         
盆休みもハゼ釣りポイント開拓。

2017811 (1)
8/11(金)の午前は

2017811 (2)
ランガンして

2017811 (3)
やっとこさ11匹、

2017811 (5)
午後は今季初のポイントに行き、

2017811 (4)
リリースを含めて (↑はアシシロハゼ)

2017811 (6)
プラス7匹、計18匹でこの日は終了。
なんか物足りない。


2017812 (1)
翌8/12(土)は午前のみ

2017812 (2)
クロガシラとハゼ3匹で終了。
なんかハゼが全然居ないんだけど・・・。


三日空いて8/16(水)、最終調整として一日一杯釣り通したが、

2017816 (1)
ホントにハゼが全然居ないんだけど・・・。

2017816 (2)
沖には居るのかも知れないが、延竿で届く範囲には殆んどいない感じ。
以前に40匹釣ったポイントでボウズを喰らい、

2017816 (3)
安定して釣れたポイントでも数匹の釣果。

2017816 (4)
この日は一日一杯やって、ツ抜けすら出来ず終了。

石狩のハゼ、何処へ行っちゃったのさ??

ちょっと、いや、かなりマズイぞ。

にほんブログ村 釣りブログ ワカサギ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ ハゼ釣りへ


                                 
                                      
            

赤井川村のダム湖でカヌー

2017/08/10
category - カヌー
コメント - 4
                         
春先にsinさんから教えて頂いていた落合ダム湖畔親水広場へ、
夏休み中の子供たちを連れてカヌーをして来ました。

7時半頃に家を出発して、9時過ぎには現着。

ochiaihiromitsu (8)
直ぐに車からカヌーを降ろして、水面へGO!


ochiaihiromitsu (7)
朝方は少し強めの風でしたが、


ochiaihiromitsu-(15).jpg
次第に弱まり昼頃には無風の鏡面状態に♪(なまら暑かったけど)

一漕ぎでスゥーっと進む・・・気持ちイイ。



ochiaihiromitsu (3)
途中で上陸してロッドを振ってみたり。

ochiaihiromitsu (4)
ココの良いところは、やはりこの枯れた立木だろうね。
(釣りキチ三平がよくこういう所に登って釣ってたなぁ・・・)

ochiaihiromitsu (6)
この立木の間を縫うように漕ぐのが面白いね。


なんとか魚影を拝みたい!と、子供達に操舵を任せてロッドを振ってたら、
対岸のボサ下に着水とほぼ同時にヒット!

うわ、ヤベ、デカいかも!

釣りはオマケ程度に考えていたから、
ペナンペナンのSULロッドに、ショックリーダー無しのPE直結、
更にはフックの錆びたブレットンという、超ナメたタックル、
しかも不安定なカヌーの上に3人も乗ってるし。

sinさんが ”ウグイの釣り堀状態” と言ってたから全く期待はしてなかったんだけど
この引きは絶対にウグイではない。

なるべく慎重にやりとりし、水面近くまで引上げて魚影を確認、
ニジだ! やった!

が・・・

バレた。
40はあった。(なまら悔しい、下手糞め)
子供達に魚を見せることは出来たから、まぁ良しとしよう。

ochiaihiromitsu (5)
その後も心行くまでカヌーを堪能し、

帰り道は、
ochiaihiromitsu-(11).jpg
山中牧場のソフトクリームを食べ、

ochiaihiromitsu-(10).jpg
赤井川牧場ポピの丘で動物を愛で、炭焼きソーセージを食べ、

ochiaihiromitsu-(9).jpg
帰路に就きました。(車酔い)




にほんブログ村 釣りブログ ワカサギ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ ハゼ釣りへ

                                 
                                      
            

水深3mの岸壁の水底から延竿でハゼを抜き上げる

2017/08/07
category - ハゼ 餌釣り
コメント - 2
                         
これまでの延竿での釣りは、すべてシャーローエリアでした。
北海道のハゼ釣り場は内地とは違って
シャローエリアは格段に少ない状況にあるので、ミャク釣りには苦戦を強いられます。

08053m (7)
しかし、水深3m以深にも当然ハゼは居るワケであり、
リール竿を使った”サビく” 釣りが一般的に行われています。

でも・・・だ。

『水深3m位なら、延竿で狙えない水深ではないよなぁ・・・』
これをずっと考えてました。
で、いつまでも考えてるだけではしょうがないので、土曜日に一日掛けて実践してみました。

8/5(土)、この日は南東の強風が吹き荒ぶ生憎の空模様。
5mの長竿を使うにはかなり厳しい状況でした。

風の影響をもろに受けちゃうとハゼのアタリを捉えるのが難しくなるため、
ポイントは限られちゃいます。

風を考慮し、この日はこの埠頭に絞って実釣しました。

事前にこの埠頭の水深は調査済みで、
延竿で届く範囲の水深は2.0~4.0m位、平均水深は2.5m強くらいといったところ。



え~っと、

08053m (8)

普通に釣れるんですけど。

08053m (2)
今までシャローエリアに拘っていたのが馬鹿みたい(笑)

08053m (3)
むしろこっちの方が面白いかも。

水深3mの水底に張り付いてるハゼを引き剥がして、

08053m (9)
一気に抜き上げる感覚が、なまら 快・感・・・なのですよ。

08053m (6)
んでもって、サイズも割と良い。

08053m (1)
この日は午前と午後で17匹。

08053m (4)
風の影響が無く、錘をもっと軽くできれば、もっとアタリを捉えることが出来たハズ。

08053m (5)
ディープエリアでも延竿で狙えることが分かっただけでも大収穫!
今後の数釣りに十二分に生かせるだろう。



にほんブログ村 釣りブログ ワカサギ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ ハゼ釣りへ