ヘッダー画像

プロフィール

ちょげ

Author:ちょげ

FC2カウンター

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

 
    
            

ロッドホルダーを作ってみた

2008/06/30
category -
コメント - 1
                         

ロッドホルダーを作ってみた。

イレクターパイプを組んだだけだが、まあまあの出来でしょ!

パイプとジョイントは未接着なので取り外し可能。

とりあえずはロッド2本分のみ。

私のスペースギアはハイルーフなので、天井がガラガラ状態。

イレクターで作ってあるので、あとから収納BOX等をつけ足ししようかと考えている。

                
スポンサーサイト
                
                                      
            

夕焼け

2008/06/26
category - 写真
コメント - 0
                         

昨日の続き、夕焼けです

ハッとしてしまうほどの美しさ

生振の夕焼けは最高です。

                                 
                                      
            

前方に虹、後方に夕焼け

2008/06/25
category - 写真
コメント - 0
                         

昨日の帰り道、虹が掛かっているのを発見。
左端は当別辺り、右端は中沼辺りから伸びているように見えた。
生振の築堤に登れば両端が見えると思えたので、
『消えるなよ!』と祈りながら車を飛ばした。

築堤に到着、
おぉっ、両端がちゃんと見えるじゃん!

が、近過ぎて両端がファインダーに収まらない・・・ort
魚眼でないと無理だ、コリャ・・・。残念。

仕方がないので片側ずつ撮る。

繋げてみた。

アスファルトにおっちゃんこして、暫く虹を眺めてた。
雨雲は無いように思えたのだか、僅かにポツリポツリと降っていた。

 

日が傾き始め、背後の空がかなりイイ色になってきた。

おぉっ、夕焼けも綺麗じゃん!

よしっ、今度は夕焼けを撮るか!

 

続く


                                 
                                      
            

【鹿】出没中!

2008/06/23
category - 自然
コメント - 1
                         

自宅近くに先週末から【鹿】が出没中らしい。

拓北・あいの里近辺の道路脇に【鹿出没中 運転注意】の立て看板が並んでいる。

どれ位の規模(頭数)で出没しているのか分からないが、

たぶん、当別や高岡方面から北生振・美登位を経て石狩川を泳いで渡って来たんだろうな。

交通量の多い河口大橋や札幌大橋を経由したとは考え難いしね。

 

鹿の遊泳力って、結構凄いんですよ。知ってます?

何年か前に天塩川の中流域の問寒別合流付近で釣りをしていた時に、
背後の藪からバキバキと音が聞こえて、
『ヤベェ!ク、クマか!?』と、なまらビビった。
藪を凝視、暫くするとのっそりと巨大な角を持った一頭の雄鹿が出てきた。
河原に立つ私を気にも掛けず、のそのそと河原に降りてきた。
鹿は立ち止まることなく、川辺へと歩いて行き、終には泳ぎ始めた。

天塩川中流問寒別付近

水深は1.5~2.0m、それ以上あるであろう流れ。
流れも速く、水面幅は50m強、流量も半端ではない。
常人なら対岸へ泳いで渡るのは到底無理そうな流れ。
しかし鹿はスイスイと泳ぎきってしまった。
鹿って結構泳げるんだなぁ・・なんて感心した。

石狩川下流域は水面幅が300~600mと、とんでもなく水面幅はあるが、
流れ自体は大したことはない、鹿は泳いで来たのだろう。

まぁ、何れにしろ、交通事故等に遭うことなく、
無事に山へ帰ってくれれば良いんだけれどなぁ。

拓北・あいの里辺りには農家も多く、住宅街でも家庭菜園やってる方が多いことから
農作物に被害なんか出しちゃったら、最悪の場合、駆除の対象となり兼ねない。
『美味いもんが幾らでもある』なんて思って、いつまでも居座ろうと変な気を起こさないで
早く山に帰ってくれよ!

                                 
                                      
            

エゾハルゼミの抜け殻

2008/06/19
category - 自然
コメント - 1
                         

6/15(日)、久しぶりに五の沢林道へ。

弁華別側から入り、暫く車を流していたら、急にもよおしてきた。(汚い話でスミマセン)

車を路側帯に止め、すぐ横のカラマツ林に駆け込む。

腰を下ろし、ふぅ~と一息吐き、すぐ目の前のカラマツを見上げると、

セミの抜け殻がズラァ~と並んでいるではないか。

エゾハルゼミ?・・・だよな・・・。

アブラゼミやミンミンゼミの抜け殻より一回りほど小さい抜け殻だ。

そこにある殆どの幹に抜け殻が並んでいる。

とても数え切れるような量ではない。

一本の木に10数個~20数個位はあるように見えた。

どの抜け殻も鮮度?が皆同じくらいに見える、

一斉に孵化したんだろうか?