ヘッダー画像

プロフィール

ちょげ

Author:ちょげ

FC2カウンター

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

 
    
            

体育の時間

2008/01/31
category - 日記
コメント - 0
                         


【沙流川河川敷の町営?スケートリンク】

今週は沙流川の河川敷で測量をやっております。
国道に掛かる沙流川橋の上流側に、町営?のスケートリンクがあります。
隣接する富川小学校の児童たちが、体育の授業をしておりました。

冬、北海道の主に太平洋側はスケート、日本海側や内陸部ではスキーを体育の授業としているようですが、
本州出身の私にとって、これは羨ましいと思ったものです。

本州の冬の体育は、小学生時は???(覚えてないんです)、中学生時は陸上中距離走(400m走や1500m走)、
高校生時はマラソン(体育の授業時間中、走りっ放しだった気がする)。

冬の体育での楽しい思い出なんて、一つたりともあったもんじゃない。

スキーにスケート、さぞかし楽しい体育の時間であるに違いない。(あぁ、羨ましい)

 

私、北海道に移り住んで、早18年にもなるが、未だにスキーをやったことがない。(スケートは何度かある)
生まれて30数年になるが、スキーを履いたことは一度もない。
(海アメ釣りとワカサギ釣りがウインタースポーツだと、今でも思っている)
スキー道具揃えるのに、いったい幾ら掛かるんだ?
全部揃えたら10数万円は飛んじゃうでしょ?(10数万円もあったら、ステラとモンスターリミテッド買うよ)

貧乏性なので、スキーには手を出せないでいました。

 

しかし、来春、娘が小学生になる。
そして翌冬には、スキー授業が始まるのであろう。

子供にスキーを教えられない父親・・・ってのは、マズイですよね。
『娘が小学校に上がるまでに、スキーが出来るようになるんだ!』 と、娘が生まれた時から言い続けて6年・・・。

『いや、今冬こそは、絶対にスキーを始めるんだ』 と考えていたんだけれど、ぎっくり腰をやってしまったものだから。(言い訳です)

 

翌冬、娘と一緒に、妻の指導を受けてスキーを始めることになるのであろう・・・。

 

 

99.2

                
スポンサーサイト
                
                                      
            

ドラゴンでも飼ってみようか

2008/01/30
category - 日記
コメント - 0
                         

今朝の北海道新聞朝刊、一面です。

ふと、目に留まった、ある文字。

 

【ドラゴン 飼い方 育て方】

 

 

 

 

ドラゴンって、



こんなの?

 

それとも、こんなのか?

 

 

ドラゴン各品種、孵化~えさ~健康管理等の育て方、
調教、品評会必勝法など、飼い方のすべてを楽しいカラー図解で教えます!!
ジョン・トプセル著 神戸万知訳 2520円
原書房

 

 

↑ どこにもね、●●ドラゴンとは書かれていない。
シードラゴンとかコモドドラゴンとかね。
【ドラゴン】としか書かれていない。

 

一体、なんなのよ?

 

 

 

原書房のHPの飛んでみた。

 

あった、あった、 【ドラゴン 飼い方 育て方】

 『ハリー・ポッター』の“ノーバート”や、今話題沸騰の『テメレア戦記』(ヴィレッジ・ブックス刊/「ロード・オブ・ザ・リング」の監督ピーター・ジャクソンによる
映画化が決定)の“テメレア”など、最近のベストセラーファンタジー本の中ではドラゴンが大活躍しています。
この本は、そのファンタジーの世界に棲むドラゴンを
わたしたちの空想の中で飼って育てちゃおうという、ユニークで刺激的な一冊です。

カラーイラスト満載の楽しい解説で、子どもはもちろんファンタジーが大好きな大人も充分に楽しめます!
ドラゴン選びから始めて、どんな風に育てるか??
あなたの育て方次第では、とってもダメダメなコになってしまうかも!?
(原文より)

 

 

 

空想の中で飼って育てちゃうんだってw

このドラゴンなんだw

空想の中なのに、品評会必勝法なんてあるんだなw

どんな品評会なんだ? ドラクエのドラゴンなんかもいるのか?

 

 

 

絶対に買わないけど、なんまら気になる!

 

 

 

98.6

                                 
                                      
            

出勤前に生振でワカサギ釣り 08/01/29

2008/01/29
category - 2008 ワカサギ
コメント - 0
                         

 
【午前5時の生振大橋】

1/28(月)、21時半頃
まだ月9がやっているコノ時間に、子供達を寝かしつけるために布団に入った。
携帯のアラームは22:00,22:15,22:30にセットしてある。
  
  z
   
    z
     
 
毎度のことながら、起きれなかった     ort
起きられればワカサギ用の仕掛け、もしくはワカサギ竿の〝握り〝を新たに作ろうと思っていたのだが・・・。
 
  z
   
    z
     
 
翌1/29(火)、AM3:30にパチリと目が覚めた。
6時間も寝た、十分睡眠は取った。
さぁて、なにしようかなぁ・・・

仕掛けや竿作りでもよかったのだが、
頭の片隅に、週末に使い残したラビットのことが引っ掛かっている。

『今週末までは保たねぇ(死んじゃう)よなぁ・・・』
『勿体ねえなぁ・・・・・・・・・・、ヨシッ!行くか!』 
(ラビット一袋300円程度です)

ってことで、釣行決定w
AM4:00、自宅を出る。
   ↓
AM4:04、生振大橋到着

自宅から釣り場まで、車でわずか4分! 近ぇ~w
テント建てて、準備して、
AM4:30、釣リ開始。


【ジョイフルAKで買ったばかりの発砲板(850円)、腰を下ろした瞬間に割れちゃった ort】

先に言っておきますが、
本日、仕事は休みではありません。
7:30までに帰宅して、子供達の御飯を用意し、保育園へ送り届けてから出勤です。
4:30~7:00までの2時間半の勝負。100匹くらいは釣りたいところ。

生振大橋、前にも書いたが、アプローチが容易なため、週末は家族連れや団体で賑わっている。
半日あれば、100~200匹位は難なく釣れる。
私はあまりココが好きになれない(外道が多くてイヤ)のだが、時間が取れない時に限ってココで釣っている。


【coleman sports star】

coleman sports star とヒーターアタッチメント コレだけ真っ赤に燃やせば、テントの中は熱気ムンムン☆

アタリはあります、ずっと。
ただ、乗らない。なんで乗らないんだろう?

最近、ちょっと気になっていることがありまして・・・
私の手作り仕掛け、コレがダメなんじゃないかなぁ・・・と。
アタリはあるのに、魚が乗らないってことは、針掛かりが悪いとしか言いようがない。
針はがまかつF1を外掛け結びし、道糸(0.6号)に、ほぼ等間隔(10~12㎝間隔)結んで作る5~7本針の仕掛け。
ちゃんと針のアゴが、上を向くように結んでいる(つもり)。
前々回の釣行時だったかな、竿を2本出して、
一方を自作仕掛け(F1の1.5号,7本針)、もう一方を市販仕掛け(敢えての1.5号,7本針)で釣ってみたのだが
な~んか、市販仕掛けの方が釣れてるような気がしたんだよなぁ・・・。
『市販仕掛けより、自作仕掛けの方が勝っているんだ!』 とまでは言わないが、袖針に分があるというのが・・・。
自作の方が、コストの面で優れているのは言うまでもない。
ばらの針なら、一袋に22本くらい入って200円程度。市販仕掛けは5~7本針1セットで250~350円くらい。
針を一本一本結ぶ手間は掛かるが、200円で3セットは作れる。
市販仕掛けは、各メーカーが研究に研究を重ねて開発、販売しているわけだから、
やっぱり釣れるんだろうな(シロウト目に見ても、゛コレはダメだろ゛ってモノもあるが)
これまで通り自作で行くか、市販品に戻すか・・・、検討中です。

AM7:00、携帯のアラームが鳴った。
コレにて終了、大急ぎで後片付けに掛かる。

こういう時ってね、やっちゃうんだ、ナニか。
ヤカンの蓋が転がってね、チャポンと音がした・・・・・・・ort

AM7:15、携帯が鳴る。

妻 『アンタ、なに、今日は出張かい?』

私 『いえ、あの、スミマセン、今すぐ帰ります・・・』

妻 『・・・・・・』

釣果は2時間半で、51匹。
100匹どころのハナシではない。(時間の無駄だったか?)
2時間半で100を超えられないってことは、やっぱり仕掛けなんだろうか・・・。
 
あんまり釣れないもんだから、ラビット余っちゃったよ。(死なないうちに、また行かなきゃ!)

帰り支度を整え、車の方を見ると駐車スペースはもう埋まり始めていた。
続々と氷上へ降りてくる人たちを尻目に、そそくさと氷上を後にする私。

あぁ、仕事・・・面倒臭え・・・

 

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ワカサギ釣りへ

99.2

                                 
                                      
            

娘と真勲別へ行ってきました! 08/01/26

2008/01/28
category - 2008 ワカサギ
コメント - 0
                         

1/26(土)、この日は私、私の娘、親戚のMさんの3人での釣行です。

午前6時半、私とMさん二人で真勲別へ到着。
二人だとテント設営は早いもんだ、10分足らずで設営完了。
ランタンとストーブを燈し、仕掛けを準備し、7時には釣り開始。

アタリはぼちぼち、上がってくるワカサギは皆小さい、5~7㎝くらい。
針はF1の1.5号、ラビットの紅・白を半分に切っていたが、

渋い。

このペースだと200匹はキツイかも・・・。
Mさんも同じペース、すでにビールを呷っている。

午前9時、約2時間経過で私が50~60匹、Mさんが40~50匹程度 ort

激渋だ、こりゃ
100匹すらキツイかも・・・。

9時半、携帯が鳴る。娘からお迎えの催促だった、迎えに行かなくては。

Mさんに留守番をお願いして車へ向かう。
テントの外へ出ると、スゴイね、黄色と緑のツートン、ogawaのテントだらけw
ogawaのテントは高いけど、やっぱり人気あるなぁ。

車まで戻ると、路肩には駐車された車の列、これがまたスゴイ!
20台以上はある。
私の車は釣り場降り口に一番近い所に止めておいたのだが、
娘を迎えて戻るころには、そこも埋まっちゃうのだろうな。

娘を迎えに車を走らせる。
途中、生振大橋付近を通ると、そこも駐車された車が列をなしていた。
駐車された車をスレスレでかわして進む。
ココは一車線しかないから、もっと路肩に寄せて止めてくれないと、ぶつかっちゃうよ、ホントに。
当て逃げされている車なんか、しょっちゅう見るよ。

娘を拾い、真勲別へ戻る。なるべく急ぐ。
案の定、先ほど止めていた場所には、別の車が止まっていた・・・ort
降り口まで6,70メートルの所に駐車し、テントへ戻った。

娘の竿、当然手繰りは無理なので、リール竿をセットしてやった。(カリカリとリールを巻き上げるのが楽しいんだよな)
まず、とにかく娘に釣り方を叩き込む。

『穂先が動いたら、すかさずアワセを入れるんだぞ!』 と、6歳児に対して無茶なことを言う私。

それでも昨シーズン、一度やっているので飲み込みは早く、アッサリと一匹目を釣り上げた。



その後もコンスタントに上げて行く、意外と筋がいい?
がしかし、娘の竿のアタリを見ることと、釣り上げた魚を外すのは私の仕事。
自分の釣りには全く集中できない。(私の竿は置き竿状態)

11時過ぎ、アタリが遠退いてきた。
順調に釣果を伸ばしていた娘は、すっかり飽きてしまい、お菓子をパクパクと食べている。
私は90匹前後、Mさんは70匹前後、娘は十数匹

私は100越えの為、とにかく粘る。(意地でも100は超えたい)

Mさんは他のテントの釣果を見に行っている。
『隣のテントの人、お前のblog見てるって言ってたぞ』と。

娘はポリポリとお菓子を食べ続けている。もう、釣る気ゼロ。

正午のサイレンが鳴ったので、あと10匹追加して終了とした。
釣果は、私106匹、娘14匹、Mさん90匹前後。

この日はホントに渋かった。
多少、良型(10~12㎝)も混じったが、全体的に小さかった。(平均5~8㎝くらいかな?)
入れ喰いはほとんどなかった。

『14匹も釣れた!』

と、娘は大喜びだったので、まぁ、良しとしようか。


 


 

にほんブログ村 釣りブログ ワカサギ釣りへ

00.0

                                 
                                      
            

雪かき

2008/01/24
category - 子供
コメント - 2
                         

子供達が雪掻きのお手伝いをしてくれるようになった。

微力ではあるが、助かる。

 

 

ん、なんだ?嫌なのか?


(雪掻きなんか、やらせんじゃねぇーよ、オレは眠いんだよ!)

 

きみたち、早く大きくなって、力をつけて、お父さんを助けてくれ。

 

お父さんは腰が痛くて堪らんのだよ・・・。

 

 

 

 

ん、何を見ているんだ?

 

 


こうきぃ!』