ヘッダー画像

プロフィール

ちょげ

Author:ちょげ

FC2カウンター

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

 
    
            

ワカサギの捌き方

2013/04/07
category - 2013 ワカサギ
コメント - 9
                         

ワカサギ釣りシーズンが終わってしまって今更かもしれませんが
ワカサギ(チカ)の簡単な捌き方を紹介します。

義母から教わった捌き方なのですが、正に目からウロコ!
『そんな方法は知ってるよ!』って方はスルーして頂いて結構です。

『あんな小さい魚、捌く必要なんかないっしょ(笑)』 と笑う人もいるかと思いますが
さっぽろ湖のワカサギは魚体が大きいので一夜干しにして食べたくなるんです。
だからエラと内臓が少し気になるので、これらについては捌いています。


1.
口を開いてBASS持ちをします


2.エラの付け根を摘まみます


3.ゆっくりと引っ張ります


4.エラが外れ


5.内臓もスルスルと引っ張られ


6.キレイに処理出来ました。
取れるのはエラと内臓だけで卵はちゃんと残ります。

では、動画でどうぞ

 



一夜干し 美味~~~!!

 

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へにほんブログ村 釣りブログ ワカサギ釣りへ
にほんブログ村

                
スポンサーサイト
                
                                      
            

今季最終戦に行って来た!!

2013/04/04
category - 2013 ワカサギ
コメント - 20
                         



4/4(木)、さっぽろ湖で今季最終戦、
今季最終戦にして今季初の絶壁ポイントです。
今回はなかじさんsinさんと御一緒です。

絶壁を慎重に慎重に下り、
昨季最終戦で爆釣したその同じ場所近辺に穴を数か所開けて魚影を探りますが
・・・イマイチです。
その中で一番良さそうだった水深7メートルの場所に釣り座を構えましたが、 
餌を付けて仕掛けを下ろす頃にはもう魚探には何も映っていませんでした。
スタートは9時頃でしたが・・・

 

 

ツ抜けに1時間要しました・・・。

昼前で20数匹・・・ダメだ、こりゃあ今季ワーストだ。
諦め気分でちょっと早めの昼食を取りながら、この後どうするか考える。
やはり移動すべきだよなぁ・・・。
食後、魚探とドリルを持って氷上を歩き回り良穴を探すが、良い穴が全く見つからない。

どうするべ?と思っていた時にsinさんがお声を掛けてくれました。

『マス釣り用に開けた穴だけど、ワカサギがイイ感じで釣れるのでどうですか?』

有り難くその穴を拝借させて頂き、露天で試し釣りをしてみると
うわっ、釣れる釣れる(笑)

テントを設営して、14時頃に本気モードで再スタート!



15時過ぎ、確変突入!水深は5メートルでタナは3~4.5メートル辺り。



入れ喰いです。当たり前の様にダブル、トリプルで釣れます(笑)

なかじさんもsinさんも16時前に撤収され、氷上には私独りだけ。
残り時間はもう僅か、兎に角悔いが残らぬ様、アタリに集中する。

16時半過ぎに太陽が山肌に隠れてしまい、一気に寒くなった。
あまりの寒さに耐えきれず、17時チョイ前に納竿としました。



釣果は自宅検量で297匹!
怒涛の追い上げで数を伸ばしましたが、あと3匹足りなかった。泣きの3束ということで・・・。
昨季最終戦の様な爆釣は出来ませんでしたが、
最後の最後で入れ喰いを堪能出来ましたので、悔いはありません。満足です。

 

今週末に釣行予定の方もいらっしゃると思いますので、4/4現在の現況を少し書いておきます。
連日の気温上昇により、氷上の色が黒ずんだ箇所が全体的に見受けられます。
氷上を歩くと所々で氷の表面を踏み抜くことがありましたが、落水にまで至ることはないと思います。
しかし、最低気温が氷点下を下回らない時期ですので、古穴は殆ど凍らない状態なので
歩行には注意が必要かと思われます。十分注意して御釣行なさって下さい。



コレで今季のワカサギ釣りは終了とします。
釣行回数は僅か11回でしたが、ブログを通じて沢山の方々と交流出来、釣法や道具、釣り場情報等々、
実りの多い充実したシーズンを過ごすことが出来たと思い、たいへん満足しております。 

4/4   さっぽろ湖   297匹
3/31 さっぽろ湖   186匹
3/17 さっぽろ湖   250匹
3/6   さっぽろ湖   200匹
2/21 かなやま湖   1005匹
2/12 さっぽろ湖   300匹
2/1   さっぽろ湖   300匹
1/31 さっぽろ湖   320匹
1/27 桂沢湖   400匹
1/6   かなやま湖   170匹
1/2   真勲別川   20匹

--------------------------------------
合計                        3448匹

かなやま湖で悲願の10束達成!! 今季はコレに尽きます!!!


来季もまた宜しくお願い致します!

では、恒例の  

end
  

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ ワカサギ釣りへ
にほんブログ村

                                 
                                      
            

今季最終戦!!    ではありません。

2013/04/01
category - 2013 ワカサギ
コメント - 9
                         

3/31(日)、さっぽろ湖へ行って来ました。
今回もぼんちゃん&ひとみちゃんmitsuさんnaoさんsinさんといった連合会の面々との釣行です。

3月の末日、終盤も終盤ですが・・・新規開拓です(笑)



第一展望台の対岸までの長い長い距離を歩きます。

思い思いの場所に穴を開け、魚探で魚群を探しますが・・・どこもイマイチの様。
結構悩みました。水深12メートルに8メートル、そして6メートル。
まあまあ納得の反応を示した6メートルの穴に釣り座を構え、スタートは9時頃になっちゃいました。

 

 

あれっ?

 

あれあれ???

全然釣れないぞ?

魚探に魚影が全く映らない。当然ピクリともアタリが来ない。

スタートから約一時間、未だ0匹・・・・
ちょっとヤバいんじゃないの!?



みんなのテントを覗きに行くと皆30~40匹とそれなりに釣れてる。

コレは移動するべきだろうと思ったが、若干風雪が強くなって来ていた為、思い留まる。
すぐ傍で釣っているsinさんもそれなりに釣っている様だから、
そのうち私のテントの下にも群れが回って来るハズだ、ココは我慢だ。

11時頃、ようやく魚探に反応が出るようになった。
タナは底から1メートルくらい浮いたライン。

ほぉすけさんの釣り方を参考に捨て糸を1メートル程とって狙い撃つ。
良いペースで釣れ出すと徐々に魚群が留まる様になり、
4メートルからベタ底にかけて魚影が濃くなってプチ入れ喰いに突入!


絶景かな、絶景かな・・・

昼過ぎには1束位(最初、余りに釣れなかったので数を数えていなかった)に到達。
その後もまあまあのペースで釣れ、14時半頃で納竿。



釣果は自宅検量で186匹でした(結構釣っててビックリ)。



型も良くて更にビックリ(笑)

mitsuさんは今回で最終戦だとの事、お疲れ様でした。
naoさん、sinさんはもう一戦くらい、ぼんちゃんはあと二戦はしたいそうです(笑)

私も今回のこの釣果では終われませんね。(今回でまだ11戦目です)
昨季の最終戦並みの釣らないと納得できない!

次回は今季は未だ入釣していない絶壁へ平日入釣する予定(天候次第ですが)です。

 

 


にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へにほんブログ村 釣りブログ ワカサギ釣りへ
にほんブログ村

                                 
                                      
            

メールしてみた甲斐がありました

2013/03/22
category - 2013 ワカサギ
コメント - 6
                         
札幌湖のホールの危険性について、先日釣り新聞にメールを送ってみたところ


                          (平成25年3月27日号より)
良い返事が頂けました。


注)札幌市 O・N さんは私ではありません

                                 
                                      
            

某湖へ行って来た!

2013/03/18
category - 2013 ワカサギ
コメント - 22
                         
3/17(日) 某湖へ行って来ました。
シーズン終盤のこの時期になって、
やっと札幌広域公魚連合会の集会に参加することが出来ました(笑)
ぼんちゃん、ひとみさん、mitsuさん、むごちょさん、
なかじさんと息子さん、naoさん、sinさんとお嬢さん、そして私です。

今回の釣り場も第一展望台の緩坂ポイントの橋脚回りです。
橋脚のフーチングとトンネル側崖下カケアガリに挟まれた狭い範囲に
必ずやワカサギが密集しているハズ!・・・なんです。

その狭い範囲内に三つほど穴を開けて魚探を放り込みます。
水深は何れも3メートル以浅。
その中でも一番反応が良かった橋脚際付近に決め、釣り座を構えました。

ゆっくりと、しっかりと準備して、スタートは9時前頃になっちゃいました。

タナははベタ底付近と底から1メートル浮いた辺りでポツポツと釣れます。
開始から約2時間でようやく80匹くらい、低調です。

餌替えで仕掛けを巻き上げたまま竿を放置していたところ・・・アレ?アタリがあるぞ?
竿を上げてみると釣れている、しかもダブル(笑)
ひょっとして表層、氷の真下に居るんじゃねぇの?
と、少しラインを引き出して表層を探って見ると・・・わっ、入れ喰いだ!

ヨシッ!表層を攻めて数を延ばすぞ!



竿をC-styleから手羽ゴルゴロッドに変更、久しぶりの手繰釣りです。

入れ喰いは入れ喰いなんですが、なかなか継続しません。
群れがなかなか留まってくれないんです。
30匹くらいパッパッパっと釣れたと思ったら、しばらくの沈黙。
そしてまたパッパッパっと釣れる、沈黙・・・その繰り返し。

それでもお昼迄に160匹まで釣果を延ばせました。

そ・し・て・・・待望のぼんちゃん特製 爆釣うどんです!



もう、コレが食べたくて食べたくて食べたくて食べたくて・・・(笑)
餅入り、熱々の爆釣うどん、本当に美味かったぁ~♪ 
本当に美味しかったです!御馳走様でした!!

さぁて、爆釣うどんを食べたからには爆釣しなければなりませんね。
午後からも手羽竿で釣果を延ばしに掛かります。

が・・・良かったのは13時頃迄で、その後はサッパリ釣れなくなりました。
表層が全く釣れなくなり、手羽からC-Styleに戻してベタ底から拾って釣ります。

14時、ウンともスンともいわなくなりました。もうダメだな。



14時半、213匹で納竿しました。(自宅検量では250匹ありました)

さぁて、後片付けです。



テントを出て連合会の面々のテントを写真に収めようと数歩後ろに後退りした時、

!!!



一瞬の出来事でした!

胸まで水に浸かりました。
水深は約3メートルです、当然足は届きません。
直径70センチくらいで陥没し、落水しました。
これから出現する、まだ出来かけのホールだったものと思われます。

写真を見て頂ければ分かると思いますが、
陥没した場所の氷と積雪の厚さは10センチ程度ありました。
早朝のシバレた時間帯なら人が十分歩ける厚さがです。
実際、テント設営時には歩いた場所ですから・・・。
日中の気温の上昇とともに氷が緩んだものと思われます。

幸い、今回は防寒着をたくさん着込んでいたお陰で浮力があったこと、
周りに仲間が沢山居て引き上げて頂けたこと(皆さん本当にありがとうございました)もあり、
パニックに陥る様な事はもなく比較的冷静(?)に対処出来ましたが、
コレが単独釣行で、しかも荷物を背負った状態だったらと思うと ゾッとします。



決して大袈裟ではありません!

経験者が言うんだから間違いありません(笑)
こういう釣り場に通い慣れた人間でさえも、全く気付かずにこういうことが起きるのです。

下の写真は昨日午後のモノです。



一目瞭然だと思いますが、ホールが無数にあります。
見えているモノだけでコレだけあるんです。
表面が凍って雪が積もっただけで見えない場所もあれば、
全く姿を現していない、これからホールになるべく控えている
今回の様なホール予備軍も無数にある
と考えて間違いないと思います。

これからは春に向かって気温の高くなる日も続きます。
危険性は更に高まるものと思われますので、釣行の際は十分注意なさって下さい。

今季の緩坂ポイントへの釣行はコレで最後とします。