ヘッダー画像

プロフィール

ちょげ

Author:ちょげ

FC2カウンター

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

 
    
            

春山菜、終了

2010/06/14
category - 2010 山菜
コメント - 0
                         

土曜日、青山方面へ ウド&ワラビ採りに行って来ました。

先週末にはまだ見られた残雪もすっかり融け、木々の緑が一気に増えた気がします。

ウドの背丈は1メートルを超え、幹は大分硬くなってしまってました。
周りの草木の葉が生い茂っていて、目当てのウドを探すのも一苦労といった具合です。
ウドはもう終わりでしょう。

次にワラビ。
ワラビは探せばまだ暫らくは採れるでしょうが、今回で終わりにします。
旬を味わえたので良しとしましょう。

まだ時間があったのでタケノコも探してみました。
あるにはあったのですが、ほとんど虫喰い状態でした。
タケノコは時期を見極めるのが難しいですね。来年こそは!

今年の春山菜はコレで終了とします。 
 

さぁて、来週からは何しようっかな?
 


 

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

                
スポンサーサイト
                
                                      
            

近場でワラビを採って来た!

2010/06/07
category - 2010 山菜
コメント - 1
                         

日曜日は家族で滝野すずらん丘陵公園へお出掛けの予定なので、

近場へワラビを採りに行って来ました。
無理して山菜採りに出掛ける必要はないんだが、
週に一回は自然の中で、身も心もリフレッシュしないとねw

6時半に家を出て、約15分で到着。
そんなに沢山は要らない、とりあえず2、3食分くらいあれば良い。

う~ん、やはり土曜に(人が)入っていたようだな。
いつもならアッという間に必要分が採れるのだが、
人目に着き易い所のモノは全て摘み採られてるね。


 アオジの巣?かな??

ちょっと物足りないな。
仕方がない、もう一箇所寄って行くか。

とある送電線鉄塔の真下にワラビ畑があるのだが、
う~ん、こちらにも先客があったみたいですなぁ・・・。

小1時間で2箇所廻って、二掴み分くらいの収穫、もう十分。

9時前に帰宅し、すぐに下処理して灰汁抜き。
軽く車を洗って、10時には滝野へGo!

いやぁ~昨日はなまら暑かった、茹だるような暑さ。

ダラダラと沢山の汗を搔いたので、
私の中に溜まっていた灰汁も少しは抜けたんでないべかw

 


 

春の山菜採りはもう間もなく終了ですね。次の週末辺りで最後になるかも。

次回は保存用のワラビを採らねば。

そうそう、焼ウドももう一回くらい食べときたいなぁ。

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

                                 
                                      
            

ウドのキンピラ最高!

2010/06/03
category - 2010 山菜
コメント - 0
                         

弁当にウドのキンピラ

ちょっと前に焼ウドについて
>今まで食べたウド料理の中で、完全に一番の味!

な~んて言ってましたが、訂正します。

ウドのキンピラ最高~ッ!! 
私的にはやはりコッチの方が一番!
焼ウドは二番だな。
 

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

                                 
                                      
            

青山でウドを採って来た!

2010/06/01
category - 2010 山菜
コメント - 9
                         

日曜日、青山方面へ。

最初の目的はウド

当別川沿いの一ヵ所目

あるある

二ヵ所目は・・・・あらら、立ち入り禁止になってる
ウドもタランボも、ワラビもたくさん採れるあの場所が・・・

困ったなぁ と言っててもしょうがないので新規開拓!
適当に車を流し、『この辺なら有るかなぁ・・・』って所で車を止めて入林する。

予想通りに・・・

いや予想以上にあった。

それなりに育ったモノから、まだ芽出ししたばかりのモノまで。

こんなサイズのコゴミまである。

ここなら来週、再来週まで楽しめそうだ。
程々に採って終了。

時刻は8時前、帰るにはまだ早い
次はkazさんの情報を元に厚田川上流域へタケノコ探し。

道道28号から11号へ入り
タケノコがありそうな場所があれば車を止めて探してみよう。
なければそのまま厚田へ抜けて、朝市で魚でも買って帰ろうと考えていたのだが、
途中、ゲートの壊れた林道から列なって出て来る2台のジムニーとバンを目撃・・・怪しい
その林道に入ってみた。

入ってみたら居るわ居るわ、沢山居る
駐車帯の至る所に駐車された車、山菜採りに勤しんでいる人々。団体さんも居たような。

話を聞いてみると皆さんのお目当てはウドとフキ。
タケノコはどうなの?と聞いてみるも
『まだ早いんでないの?』とのこと。

さて、どうするかな
引き返すか、このまま林道を突っ切ってみるか?
突っ切ったとしても何処に出るのか分からないし、反対側のゲートが開いているとも限らない。
まぁ、行ってみるか、ダメだったら戻ればいいや。
行き当たりばったり・・・・ハラハラするがコレはコレで楽しい。(いつもこんな感じです)

途中で良質なフキを拾いつつ林道を進む。
ナビで見る限り、望来辺りに出そうな感じ。
ちなみにナビに林道は表示されてません、
川の青い線が表示されてるだけなので、かなり不安。どこに出るのか一切分からない。

走ること約20分、やはり望来ダム傍の林道ゲート付近に向かっているようだった。

ゲートが開いていることを祈りつつ、林道を突き進む。

もうすぐ出口って所で数台の車とすれ違った、これは(ゲートが)開いてるな、よしよし。
程なくしてゲートが見えた、開いてる開いてる、あぁ良かった。(本当に良かった)

 

 

この日の収穫、なかなかのウドが採れました。
青山~厚田辺りは来週、再来週くらいまではイケるんでないでしょうか。
 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

                                 
                                      
            

ウドを採って来た! 

2010/05/24
category - 2010 山菜
コメント - 5
                         

土曜日に礼文島から帰って参りましたが・・・

札幌は暖かいですね。
礼文では防寒ジャンパーを着込んで仕事してたというのに。



日曜日、前の週に採り残したタランボを採るべく
めぼしい場所を徘徊してきたのですが・・・

見事に伸び切っちゃってました。食べ頃を完全に逸しました。
近郊のタランボは終了ですね。

ならばウドが食べ頃だろうと、ウドを採るべく五の沢へ向かいました。

良いのがなかなか無いなぁ・・・と思いながら沢沿いを歩いていたら、
沢の下方からキャッキャと子供の甲高い声が聞こえてきた。
先行者が居たのね、しかも家族連れの。道理で無いワケだ。

約1時間で終了。コレくらいあれば十分だろう。
帰り掛けに無人直売所でアスパラを2束購入して帰路に就きました。

採ってきたウドは、”どさんこワイド”で星澤先生が作っていた 『ウドと竹輪のサラダ』
そして某掲示板にて見掛けた 『焼ウド』にして食べてみた。
前者はサッパリとしていてなかなかの味、

後者は・・・激美味っ!!!!

焼ウド、マジ美味ェ~~~!
作り方は焼きナスと一緒。
皮の付いたままのウドをそのままグリル等で皮が焦げるまで焼く。
焼いたウドの皮を剥き、醤油ないしマヨネーズ等を掛けてアツアツのうちに頬張る。
ちょっとこれは新発見だね!
今まで食べたウド料理の中で、完全に一番の味!

絶対に美味いので是非試してみて下さい!


さて・・・

今回、非常に残念なものを目撃してしまった。
私が良く行く某林道にあるタランボの大木、
幹の直径が10センチ程もある、それはそれは見事なタラの大木。
沢山に枝分かれしたその枝先は、毎年見事な芽を付けるのだが・・・

無残にも根元から切り倒されていた。
これは林業の間伐・伐採目的で切り倒されたのではなく、

明らかにタラの芽を摘むためだけに切り倒されていた。

タラの木は全ての芽を摘み採らず、一芽だけでも残しておけば翌年もまた芽を付ける。
しかし全部の芽を摘み取ると木は枯死してしまう。
最低一つは芽を残しておくのが最低限のマナーと言えるだろう。

高い所に芽を出す性質上、”枝を引っ張って採取している際に誤って折ってしまった” 
ということは稀にあるかもしれない。
そんな時はとても申し訳ない気分になり、良心が痛む思いをするものだ。

私はタランボ採りの際、必ず枝を引き寄せる為の引掛け棒、そして脚立を持参している。
脚立に上り、引掛け棒で慎重に枝を手繰り寄せて芽を摘み採る。
芽を全てを摘み取ることはせず、最低でも一芽は来年の為にと残している。
棒っこ、脚立を使用しても届かないものについては素直に諦めている。


” 切り倒してまで採る ” 様な人は一体どういう考えを持っているんだろうか?
タラの木が直径10センチの幹を有するのに、
一体どれだけの年月が必要なのかと考えたりはしないのだろうか?
一時の満足の為だけに、僅か数個のタラの芽の為だけに、その木を完全に殺す行為。

こういう愚行を平然と出来る人間を、私は一切理解できないし、絶対に許せない。


 
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ