ヘッダー画像

プロフィール

ちょげ

Author:ちょげ

FC2カウンター

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

 
    
            

10月にして今季初キャンプ

2016/10/06
category - キャンプ
コメント - 6
                         
先週土曜が授業参観日、
月曜日が振替休日になるというので、私も月曜に有給を取って
今季初キャンプに行って来ました。

どこのキャンプ場にするか、結構悩みました。
カヌーが出来ることを前提としてるので、かなり限られる。
支笏、洞爺は何度か行ってるので除外、どこか未だ行ってない所で考える。

道央圏の滝里AC、和寒の南丘森林公園キャンプ場、
道北の朱鞠内湖や岩尾内湖とかね。
滝里は日曜晩は営業しておらず、
和寒は貯水池の水を抜いちゃったからカヌーは不可能だとか。
残るは朱鞠内湖や岩尾内湖なんだけど、天気予報を見る限り風が相当強そうなのよね・・・。

で、太平洋側は比較的風が弱そうなので、やはり支笏か洞爺にするしかないのか。

土曜の授業参観が終わってからの出発、洞爺だとちょっと遠いかな?
ならば支笏湖だが・・・モラップは未だ行っていない。
モラップにはオートサイトは無く、フリーサイトのみなので敬遠していたが、
土曜の午後から美笛に行ったって、まともな場所など確保できるはずも無い。
フリーサイトならそこそこの場所が確保出来そうだし、
連泊だから二晩目は恐らくガラガラになるだろうと判断、
モラップキャンプ場に決定!

14時半頃に出発し、現着は16時頃。
陽が暮れるまで1時間足らずしかないので、息子を急かせながらテントを設営し、

1_1-やっとテント張れた
なんとか日の入り前に設営完了。
晩飯はおにぎりとカップ麺で簡単に済ませた。

1_2焚火
さぁ、焚火だ。

1_3焚火でまったり
満天の星空の下でまったりと。





1_4波が
翌朝、ぱしゃぱしゃと打ち寄せる波の音で目を覚ます。

う~ん、ダメかな?
昨夕のぺた~とした凪模様ではなく、ぱしゃぱしゃと、いや、ばしゃばしゃとかな?

1_5どうするかな
ダメだな、こりゃあ。


1_6ううん悩む
でも、この風向きなら、ひょっとしたら・・・
対岸の美笛キャンプ場に電話してみると

『全然、波立ってないですよ!』と。



1_7移動開始
よし、移動するべ!



11時にチェックイン、

2_1湖畔の一等地
日曜のこの時間だから、湖畔の一等地は空いていた。

2_2風不死岳
鏡の様な湖面・・・ではないが、出し風なので波は立ってない。

2_3ひゃっはー
ヒャッハー!

2_4ひょっほー
漕げ漕げ漕げ~♪

2_6うっひょうー
ウッヒョ~!気持ちイイ~♪

2_5かぬーー
陽が暮れるまで、心ゆくまでカヌーを堪能。

晩は定番のBBQ。

2_8エビ採り
そして、エビ採り。

2_7焚火
そして、焚火。

2_9無心にエビ採り
そしてまた、エビ採り(笑)
そんなに採ってどうすんの?



2_13恵庭岳
翌朝、天気予報では一日一杯雨であったが、朝は曇空で何とか持ち堪えている。

起こすまでもなく、息子がテントから這い出してくる。

2_10釣りだ
よし、釣りに行こう。

2_12釣りだ漕げ
前日よりも静かな湖面、


一漕ぎでスゥ~と軽やかに進む。

2_11になる河口
ニナル川インレットで竿を振るうも、全く釣れん。

川を少し遡行してみようと思ったが、
明らかに人間と違う大きな足跡があったので、即退散。

2_14どうするかな
そうこうしているうちに、ポツポツと降り始めてきた。
一旦テントに戻り、朝飯を作る。

雨脚はそれほど強くないが断続的に降っている。
さぁて、どうするべ?

チェックアウトは11時、朝飯食べて、大急ぎで片づければ何とか間に合う。
でも、息子も私も遊び足りない感はある。

もしかしたら雨が上がるかもしれない。
雨さえ上がればカヌーが十分出来るベタ凪の湖面。




日帰り延長を決めた。
ゆっくりと片付けながら、雨が上がればカヌーをやろう。

2_16雨脚
雨脚は強くなる一方だったが、湖面は無風で凪ている。
雨でびしょ濡れになったテントを、無理やり丸め込んで車に放り込んで
12時頃には全ての道具を片付け終え、あとはカヌーを車に載せるだけの状態に。

車のリアゲートを上げ、二人並んで座って雨が上がるのを祈りながらカップ麺を啜る。

2_15雪虫
其処彼処で雪虫が舞っている、もう秋も終わるのか・・・。




しばらくして空が明るくなり、雨脚が弱まった。

よしっ!行けるか!

と思ったのも束の間、強烈な南風が吹き始めた。

ダメだな、こりゃあ・・・。




帰路に就くIMG_0080
諦めて14時頃にチェックアウト、
支笏湖温泉で疲れを癒し、帰路に就きました。








にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ ワカサギ釣りへ




                
スポンサーサイト
                
                                      
            

仲洞爺キャンプ場へ行って来た!

2015/09/04
category - キャンプ
コメント - 4
                         
kaherimasu.jpg
8月最後の週末、息子と二人で仲洞爺キャンプ場へ行って来ました。

少しでも良い場所を確保しようと、朝は早~く出て現着は8時過ぎ。
受付開始は10時からなので、かなり早すぎでしたが場内を散歩して何処がイイべかと思案する。

受付前に場所を決めても良いとの事なので、湖畔の一等地にブルーシートを敷いて確保。

10時に受付を済ませて、さぁ、テントを建てるぞ!
テントを収納袋から取り出してグランドシートの上に広げ、ポールを組む。
















あれ?















ん?





何だ、この黄色いのは?












えっ!










え~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!








ポールが違うじゃん、スクリーンタープのポールじゃん!

今回のキャンプは息子と二人なので、荷物少な目でいこう♪ と考え
スクリーンタープは家に置いてきていました。
使う使わないは別にして、車に積んどけばよかった・・・。


さて、どうする?
まあ、テントはレンタルすればいいかぁ とキャンプ受付へ。

『テントのレンタルはね、ちょっと前まではやってたんだけど、今はやってないのよ。』

マジか・・・
もう車中泊でもイイや!と思ったんだけど、息子がそれを譲らない。
『どうしても、テントがイイ!』と。

じゃあ、どうするべか?
このキャンプ場の隣の水辺の里財田キャンプ場へ行き、
ダメ元でテントをレンタル出来ないか聞いてみたが、当然ダメだった(笑)

息子に、『さっきのキャンプ場から、こっちのキャンプ場に移ればテントをレンタル出来るんだけど、どうよ?』
と聞くも、『さっきのキャンプ場の方がイイ!』 ときかない。仲洞爺の方を気に入っちゃってる御様子。

じゃあ・・・伊達の町まで行って、ホームセンターで安物でも良いからテントを買ってくるか?とも考えたが
たった一泊のキャンプで流石にそれは無いよなぁ・・・。
あーだこーだと考えていると、

『車中泊でもイイよ・・・』 

ウチの息子は優しいなぁ、イイ子だイイ子だ。 ダメな父さんでゴメンよ。

キャンプ場へ戻り、ただの車中泊じゃアレなので
スクリーンタープのポールを使い、ブルーシートで簡易タープを作る。

ceepna.jpg
何となく恰好はついた? いやいや、なんまらチープですぞ!
だって両隣はスノピのタープにテントだもん(笑)
もうね、お父さんは顔真っ赤っかですよ。

スノピなんか知らない息子は、『(ブルーシートの)屋根が出来てカッコイイ!』と喜んでる。

ともあれ、キャンプの準備は出来た! さあ、遊ぶぞ!
fuitoruganaa.jpg
とカヌーで漕ぎ出そうと思ったら・・・風がぴゅーぴゅー吹いとるがな。

カヌーは、ちと厳しいなあ。

『イイよ、泳ぐから!』と息子は海パンに着替え、ライジャケを羽織ってドボン!
oyoijadameyo.jpg
(本来、遊泳禁止ですが、お子さん達は皆、平然と泳いでました)

寒くねぇーのかよ・・・。

ちょっと早いが晩飯の準備を始める。

hichirin.jpg
新兵器導入~♪ 焼きネギ美味ぇ~♪
七輪って炭を熾すのが楽でイイねぇ~♪

DOdesichu.jpg
晩飯はBBQとシチューが食べたい(そんなに喰えるのかよ?)とのリクエスト、七輪でシチューを作る。

4時頃から食べ始めて、6時過ぎにキムンドの温泉に入って、
yoruuuu.jpg
日の暮れた7時、待ちに待った焚火タ~イム

takibbbbi.jpg
イイねぇ、日頃の疲れが癒されるねぇ。

ebirotini.jpg
息子は・・・エビ採りしてる(笑) 

焚火でまったりしていたら、遥か遠くで「ど~ん」と花火が始まった。

longrunhanabi.jpg
う~ん、遥か遠くの温泉街、花火ちっちゃー(笑)

花火が終わった9時、息子と共に早めの就寝。
フルフラットにしたデリカの中で、ZZZZzzzzz・・・・・



nakatouyakohannn[
翌朝5時、無風。
べったべたのべた凪!

息子を起こさずとも、勝手に起きてきた。
ベタ凪の湖面を見て、『行ける?』

『行こう!』

まだ寝静まっているキャンプ場内から静かに漕ぎ出した。
kanuuuuuuuuuuuuu.jpg
ひと漕ぎ、ふた漕ぎで軽やかにスゥ~と滑る様に進む。

全く風がない。

nakajimaaa.jpg
『中島まで行ってみるか?』と息子に聞いてみるが、流石にちょっと怖いと言う。
片道約4キロ、往復で8キロは確かにキツイし、吹いてきたら一巻の終わりだし、
まあ、やめとくのが賢明だな。

jourikusakusenn.jpg
キャンプ場周辺を往ったり来たりし、

mizukirisuro-ing.gif
途中で上陸して水切り遊びをしてみたり。


『一旦戻って、朝ご飯を食べて、タープ(笑)も全部片づけてからまたカヌーで遊ぼう』
と話して、我がキャンプ地へ戻る。

朝ご飯を食べ、タープやら何やらを片づけていたら・・・

fuitekita.jpg
あ~ら、吹いて来ちゃったのね。
ビュービューと強い風が吹き、直ぐに兎が跳ねだした・・・。

しばらく様子を見てたけど、一向に収まる気配がない。

『もう、ムリだね』 息子も分かったようで諦めてくれた。

仕方がないから、帰りは色々寄り道しながら帰ろうと車に乗り込んだが
5分と経たずに夢の中へZZZzzz・・・

何処へも寄らず、まっすぐ帰りました。


今季中にもう一回、どこかに行きたいねぇ。
今度はちゃんとテントでね・・・。





にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ ワカサギ釣りへ

                                 
                                      
            

ニセコサヒナキャンプ場へ行って来た!

2014/10/28
category - キャンプ
コメント - 6
                         
息子の学校が月曜日に振替休日となったので、
サヒナ入口
日曜日から一泊でニセコサヒナキャンプ場で今季初キャンプして来ました!

天気予報では日曜日は晴れ、月曜は雨の予報が出ていた為、
雨に打たれるのは嫌だなぁ・・・と思い、今回はバンガロー泊です

日曜朝8時に出発し、中山峠を通って真狩村を目指す
パン屋さん01
真狩村にある有名なパン屋さん
パン屋さん00
『Boulangerie JIN』で朝食用のパンを調達、
yuusuinosato.jpg
道の駅などをハシゴしながら夕食用の食材を調達し、
湧水
羊蹄の湧き水をポリタンクに汲み、
釣
尻別川で竿を振り(坊主)、キャンプ場に到着したのは13時頃でした
管理棟
受付でチェックインの手続きを済ませ、場内の案内をしていただきました
どんぐり000
我が家(二人)の泊まるバンガローがこちら、『どんぐり』です
どんぐり001
電源等の照明はなく、薪ストーブのみ
どんぐり2F
でも、ロフト付きなので息子は歓喜!
ロフト 窓
7~8人用という事だけど、大人4~5人用といった感じだったなぁ
親子二人でも広過ぎて持て余すってことはなかった
BBQ.jpg
夕食は定番のBBQ!
男二人だからね、野菜なんていらない、肉だ肉!!ホルモン美味ぇ~!

夕食の後は温泉だ、車で数分のホテル甘露の森へ
日曜の晩の温泉、ガラガラの貸切状態でした

しかしまぁ、何だ?ちっとも寒くないなぁ・・・
この日はフェーン現象の影響だかで全道的に気温が異様に高かったみたいだね
晩秋のニセコ、20時で気温15℃は異常だろ?
湯冷めの心配どころか車の窓を全開にして涼みながら帰った(笑)

我が家に戻り、さあ!焚火だ!!
たき火01
焚火で暖まろう~♪ と言いながらも上は半袖Tシャツ一枚(笑)
tatatakkini.jpg
さぁ、飲むぞ!

息子と二人で2時間ほどマッタリ過ごし、そろそろ寝ようかとバンガローに入る
北星二千
何だ、なんか暖ったかいぞ?

薪ストーブはもちろん焚いていない
酔っている所為か?でも息子も全然寒くないと言っている

本来なら薪ストーブでポカポカしながら眠りに就きたいところだが、全く寒くない
寝袋を二重にして使うつもりで4つ持って来たのだが、一枚でも暑いくらいだった

Zzzzz・・・・・

夜明け前、雨音と寒さに起こされた
予報通りに雨が降り、そして気温がグッと下がった
薪スト01
寒いので薪ストーブを焚いてみた
すぐに暖かくはならないが、パチパチと薪が爆ぜる音が何とも言えない
パチパチと爆ぜる音を聞きながらもう一眠りした

7時起床、部屋は心地よい暖かさ
薪ストでパン
薪ストーブに薪をくべ、ストーブの上で前日に買ったパンを温めた
焦げずにカリカリになったパンは最高に美味かった
センターハウスへ
朝食後は場内を散歩
煙突
雨脚は収まっていたが、霧雨程度が時折降ってくる
フリーサイト
天気が良いならこのキャンプ場は絶対にフリーサイトの方が良いなぁ
どんぐり我が家
我が家のバンガローは周りを木々に囲まれ、景観はハッキリ言って宜しくない
コテージ01
フリーサイトやカーサイトは羊蹄山など山々が広く見渡せるので気持ち良さそうだった
サヒナくん
11時にチェックアウトして、釣りでもしながら帰ろうと思ってたのだが
時が経つに連れて雨脚が強くなり、釣りは断念・・・
ならば赤井川経由で釣り堀でも・・・と考えたのだが、
毛無し峠
残念ながら定休日でした・・・。
                                 
                                      
            

焚き火なう

2014/10/26
category - キャンプ
コメント - 0
                         
ニセコサヒナキャンプ場に来ています

焚き火、最高です
                                 
                                      
            

美笛キャンプ場で二泊して来ました!

2013/09/25
category - キャンプ
コメント - 10
                         
この3連休は美笛でキャンプして来ました!

我が家にとって初めての2泊キャンプなのですが
先発部隊が私と息子、2日目から妻と娘が合流する変則キャンプ

ハイシーズンから外れたとはいえ、そこは道内でも屈指の人気キャンプ場
しかも3連休とあって混雑は当然予測出来た
前日夕方にキャンプ場に電話してテントの設営状況を確認すると
湖畔サイトにはまだ若干の空きがあるとの返答

カヌー有きの我が家のキャンプ、湖畔は何としてもゲットしたい!
息子には申し訳ないが
『明日は4時に家を出るぞ!』と伝え、22時頃には床に入った

翌朝午前4時前、美笛に向け出発!
息子は眠たいのか?不機嫌だ(当然だ)

午前5時半、美笛到着

michinori.jpg

どうかゲート前に一番乗り出来ます様に!と祈りながらキャンプ場へ続く道を進んだ

ゲートが見えてきた

fc2_2013-09-21_05-47-03-104.jpg

よっしゃ!ポールポジション ゲットォ~♪
と冬の札幌湖ゲート前と同じ気分を久しぶりに味わった

開門前だが場内に入って設営場所を下見しようと車を降りようとしたところ・・・

初日鹿

アレま、シカさんだ

息子が静かに歩み寄っても逃げる素振りを見せず、黙々と草を食んでいた
あんまり近づくと危ないぞ!と息子に声を掛けてから、場内を下見
3連休前日の金曜日からキャンプされている方々、結構いますね
この分だと湖畔は厳しいかな?と思いながら見渡していると
1箇所だけポカリと空いているじゃないですか、湖畔の良さげな場所が!
湖畔に張るならココしかない!と心に決めて車に戻りました

開門までの1時間半が長いこと長いこと・・・
午前7時開門、入場手続きをして例の場所を無事ゲット!とりあえず一安心

湖は凪ている絶好のカヌー日和!キャンプ日和!

fc2_2013-09-21_12-09-39-623.jpg

息子に手伝って貰いながらテントをタープを設営したら、さぁ!遊ぶぞ!!

1日目 カヌウ

日が暮れるまでカヌーしたり釣りしたりカヌーしたり釣りしたりカヌ・・・・

1日目Dio

晩御飯は二人きりなのでダッチオーブンでトウキビとタマネギ、ジャガイモの蒸し焼き、
それと鳥モモのソテー、おにぎりと簡単に済ませ

初日焚き火美

そして待ってましたの焚き火タイム
生憎の曇り空で星は殆ど見えなかったが、マッタリとユッタリと寛ぐことが出来、満足満足~♪

翌早朝のカヌーフィッシングに備えて早目に就寝

翌日早朝、朝焼けの写真を撮ろうと息子を寝かせたままテントを出る

朝焼けQQ

朝焼けがキレイだなぁ~♪と景色を眺めていると
凪た湖面がバシャバシャとざわつき、至る所で小魚のボイルが!
おおっ!コレは!!と直ぐにタックルを準備し、ボイルのある場所にスプーンをぶん投げると
なんと3投目でヒット!

しかし、脂鰭のないこのシルエット

やはりお前かQQQ

また君かぁ・・・

息子がテントから出てきたので二人でしばらく釣ってみたが

2日目ふぃしんごおおお

後にも先にも釣れた魚はこの一匹でした

カヌーに乗り込み15分ほど漕いで流入河川の河口へ上陸

2日目カノウ

なんとかして釣らせてやろうと息子にルアー釣りの手解きをする
この時はまだ湖面は凪ていたのだが、次第に僅かだがうねりが入りはじめる
なんかヤバい感じだなぁと思い始めたのも束の間、沖合で兎が跳ね始めているのが見えた

コレはマズイ!
風向きは北東っぽい、美笛に向かって真っすぐに吹いてくる風だ!間違いなく時化る!

息子をカヌーに載せて大急ぎで漕ぎ、時化る前にテント前浜に到着し事無きを得ました

fc2_2013-09-22_15-08-18-177.jpg

時化ましたよ、ホントに大時化です(笑)
こうなったらどうにもなりません、風はぴゅーぴゅーです

ななめなみ

テントが吹き飛ぶんじゃないか?と冷や冷やしながら綱の張り具合を確認し、ペグに重石を載せて補強した

11時前、後発部隊を迎えにJR千歳駅へ

部隊と合流後、イオンで晩の食料を補給、更にはホーマックで強風対策用にペグも追加補給
ついでに名水ふれあい公園に寄って美味しいお水も補給してキャンプ場へ戻ります

時化たらどうもならん

キャンプ場へ戻ると相変わらず、いやそれ以上の強風が吹き荒れていました
テントは無事でしたが湖は荒れ狂っております
カヌーを楽しみにしていた子供達はとても残念そう・・・でもコレばっかりはしようが無い

時化たら森探検

カヌーは諦めて場内を流れる小川でエビを採ったり、森探検したり・・・

早めに夕食を取ろうと食材の準備をし炭を熾している時にふと気が付いた
あれ?煙が真直ぐ上に・・・風がピタリと止み、あんなに荒れ狂っていた湖面は静穏を取り戻していた
晩飯支度に夢中で全く気付かなかった

しかし薄暗くなった今からカヌー漕ぎ出すワケにはいかず
『明日たっぷりとカヌーしよう!』と言い聞かせた後
BBQに舌鼓を打ち、焚き火で焼きマシュマロをしたり、満天の星空を見たりしてマッタリと過ごしました

2日目ふぁいやーーーーー

子供達が寝静まった後も独りでワインをちびちびやりながら焚き火でマッタリ楽しんでいたんだが
聞こえて来るのよ、周りのテントからさ 半沢直樹の声が・・・
帰宅してからゆっくりと楽しみたいと思っていたのにさ、聞こえちゃったのよ

oowadaaaa.jpg

『やれーーーー!大和田ぁーーー!!!!!』って(笑)



翌朝、曇り空だが湖面は出し風のべた凪!なかなかのカヌー日和
夜明け前にテントを出て釣り支度をし、息子が起きる前にカヌーを漕ぎ出す

3kkame.jpg

本気モードで釣りをしてみたかった

が、ダメだね
ライズは彼方此方で見れるが、明らかにQ様だった
2時間程粘ったがアタリすらなかった

朝食の準備をすべくテントへ向けて漕ぎだした7時半過ぎ
風向きが南寄りに変わり湖面にうねりが入り始める
あれれ?コレは・・・
程なく風波が立ちはじめた・・・コレはダメかも・・・


朝食を済ませた後、カヌーをせがむ子供達

てんをおlと

風はそれほど強くないのだが、時折突風が吹きつける状況
苔の洞門方向に目をやると白波が立ち始めているのが目に見えた

あぁ、こりゃダメだ

スマホで美笛の天気を調べるも風は次第に強くなるようだ
それでも諦めきれないので日帰り延長手続きをし、
テント等を全てを片付けて車に押し込み、カヌーだけは積まずに風が収まる事を祈ったのだが
やはりダメだった
息子は初日と2日目朝に漕ぐ事が出来たが、娘は乗れず仕舞いに終わってしまった

名残惜しい

名残惜しいが美笛キャンプ場を後にした















高速代(¥1,250)を浮かそうとR337を通って家路へ向かう
早く半沢直樹最終回が見たい!という一心で美原バイパス辺りを快調に飛ばしていたらさ、
紺色のクラウンがさ、赤いのをピカピカ回しながらすっ飛んできたのよ

『とまれーーー!!大和田ぁーーーー!!!!』って
(実際は『スピードを落として左に・・・』でしたが)

28km/h超過の3点、反則金¥18,000!! 僅か¥1,250の高速代をケチっただけで

NOOOOOOOOOooooo.jpg

14倍返しだ!!!

あと2km/h超過してたら80倍返しだったから、まぁ不幸中の幸いだったと思っておこう・・・


お終い